人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

乳と尻。

今日風呂に入る前になんとなく裸で鏡の前に立ってみたんですよ。そしてしなびたボディに愕然とした。昔は全体的にムチムチしてたのに、今やしなしな太っている。
というのは2人目の産後から薄々理解してたんですが、やはり久々に見た衝撃はでかかった。

特に乳、そして尻。乳&尻。哀しみの。Men&Woman。(マイラバいらん)

乳と尻が全く性的に機能してない。ただそこにあるのみ。ただそこにある乳と尻。just a 乳と尻。

申し訳程度に行っていた筋トレを、もっとちゃんとやってなんか豆乳?とか飲んで、歯磨きしながら足をあげるくらいしか打開策が見当たらないんですけど、本当は枯渇しきった女性ホルモンと何らメス的緊張感のない生活を打破することが大切で、田中圭に抱いてもらうのが一番なんだろうな…うん無理知ってる…

追記
でも一晩経つと節子それ加齢や、加齢ってそんなに悪いことか?と心の中の村上信五が語る分けで、加齢っていう自然現象をストレスなく受け入れることが一番なのでは?という気もしてくる。いや田中圭には抱いて欲しいですけど、基本的に。

by koto316 | 2018-11-23 20:52 | ダイエッツ

反省日記

今日はちょっと仕事が忙しく、一時間だけ残業して義実家に迎えに行ったらもっと遊びたかったと不満を言われた。
義理両親に礼を言い、なかなか帰ってくれない子どもたちを宥めすかして帰ってきて夕食の支度をし。 

なんだか情け容赦なく始まる第二ラウンドがいつもよりしんどく、ずっとイライラしていた。
元気いっぱいハイテンションの子どもたちに「うるさい」と言い、本当にアカン大人やな、と自分でも思うのだけどぽろぽろと米をこぼしまくり、パズルをばら撒き、メルちゃんのオムツをつけろと追いかけ回してくる次女に何度も舌打ちもした。最低やな、と思いながら止まらなかった。

完全に八つ当たりだ、怒りながら私は冷静でもあった。わかっていた。仕事が忙しかったなんて子どもたちはしらない。まったくもって関係ない。知ったこっちゃない。わかっていて、小さい人たちに甘えた。

人はストレスがたまると自分より弱いものにあたります、昨日受けたばかりのハラスメント講習の言葉が頭をよぎる。

寝る前に長女にはおかあさん怒ってばっかで良くなかったね、ごめんね、と謝れたけど、寝つきの良い次女には謝れなかった。ごめんよ。ふくふくとした寝顔に懺悔する。

明日はもうちょっとまともな大人でありたいな。

by koto316 | 2018-11-20 22:56 | 育児

情報ダースベイダー

本業の会社員とは別に、キュレーションサイトのライター的なことをちょこちょことやらせてもらってます。

そんな身でこんなこと言うのもなんなんですけど、有意義な情報の羅列、なんかしんどくない?

私しんどいんですよ。なんでなんだろう。一つ一つは生活のためになったり参考になったり、為になるものなのに、ずらっと並んでるともうダメ。目が滑る滑る。羽生くんより滑る。何にも頭に入ってこない。さらには強迫観念。なんか、ホラ有意義だろ?読め、買え。そして今すぐ実行しろ。
とダースベイダー的なものに拳銃突きつけられてる気になる(そこまでか)

情報疲れなんですかね。
だからこそどうでもいい、読んでも読まなくてもどっちでもいいような、くだらないことを書いていきたいし読みたい。
どうでもいいがなって笑いたいし笑ってもらえたらうれしい。

最近そんなことを考えています。

by koto316 | 2018-11-19 23:06 | わたくしごと

人に会うのが苦手すぎる

え、あなた30過ぎの社会人ですよね?って感じですが人に会うのが苦手すぎます。
求む、誰にも会わずにできる仕事。

友達とかはまだ大丈夫なんですが、そんなに親しくない人に会うとすんげー疲れる。
仕事ってほとんどそんなに親しくない人に会うこと、といっても過言じゃないじゃないですか。

表向き何でもないように話しているつもりですが、一人になると体がバキバキなことに気づく。
後から「あんなこと言って良かったのかな」「あれはこういう意味だったんじゃないか」とか考えて布団の端から端まで転がりたくなる。山田くん敷布団持ってきて〜〜〜〜!

内気!あまりに内向的!と思うがそうは見えないらしいです。体育会系ですよね?とかカラッとした感じに見られる。いえただの骨太です。声が低くて口がデカイだけです。ただのコミュ障なんです、ほんとに。ただそれを悟られるとなんか申し訳ない気がして頑張ってしまうだけなの…だからもう誰も私に会わないで。

そういうわけにもいかないから、体をバキバキにしながら明日も人に会いますよ。つらい、寝る。

by koto316 | 2018-11-14 23:14 | わたくしごと

部屋が散らかっている

今現在、部屋が汚いなぁ、と思いながらこれを書いています。

受け入れることの練習。(片付けないことへの言い訳ではない。たぶん)
最近この記事を読んで感銘を受けたので。

人でも現実でも、たぶん何でも嫌だな、と否定した瞬間にそれはどんどん自分を疲弊させ消耗させるものになるのではないかな、と思います。
まぁ嫌な人からはなるべく離れたほうがいいけどな。

よく見たらまぁ、躍動感のある散らかり方ではないか。

静的にして動的。感じるよね、“”を。

思いっきり遊んでるなぁ子どもたち。
一応洗濯物畳むだけはしてくれたんだなぁ旦那。
今日もよく働いたなぁ自分。

散らかった静かな部屋で1日を労う。

by koto316 | 2018-11-13 23:04 | わたくしごと

独り言

高校生くらいの時からだったと思うが、何をしていてもすぐ疲れる。
その頃首にプツプツいぼができて、皮膚科に行ったら老人性いぼと言われた。人一倍加齢が早かったのかもしれない。

それから働いて疲れて、育児と専業主婦やって疲れて、また復職して疲れて。

なんでこんなに疲れやすいのかよ…と遠い目をしても誰も癒してくれない。
私にできるのはダラダラスマホを見ず酒も飲まず黙って早めに寝るくらいである。

めんどくさがり、というのもよくない気がする。
どうも人生を生き抜くためのエネルギーが少ない。
ホリエモンの50000分の1くらいだと思う。(なぜここでホリエモン)
少ないエネルギーでいろんなものに気を遣いながらフル稼働、そら疲れるわ。

仕事も家庭もめんどくさいが、めんどくさいなァ…と思いながらなんとかこなして、たまに酒を飲んでクダを巻いて、歌を歌ってご機嫌な夜があったりして、朝にはまためんどくさいなァ…と思いながら諸々して、そういう繰り返しで死んでいくのかなぁと思ったりする。

早く65歳くらいになりたい!

by koto316 | 2018-11-08 20:55 | わたくしごと

追記的な

しかしこう書いてみて思うのは、私が常々マジ辟易我が子、みたいなことを言ったり表に出したりしているから相手もこういうことを言う羽目になったのかな、私が堂々とこの子たちはこれで良いんですバーン!みたいな態度でいれば喰らわなくて済んだ言葉かもしれない。
自分が相手に言われて嫌な言葉は意外と自分が言わせてるのかもしれない、そういうこともあるのかもしれない、よね。たとえ違うとしても老い先短い相手に腹を立て考えを正せと呪うより自分の肥やしにした方が有意義というものです私は人生で自分に有意義な時間を過ごしたい。
そういうことに思い当たれただけで書いた価値があるというものです。やはり書くという行為は凄いな、思いもよらぬところに連れて行ってくれる。

by koto316 | 2018-11-05 07:24 | 育児

扱いやすい子ども

とある人から、子どもが言うことを聞かないのは親の心の使い方が悪いせい、と言われた。
夫婦が心を一つにして、正しい心を持っていれば、大人しく言うことを聞く子に育つと。

確かにうちの子はあんまり言うことを聞かない。これでもかというほど我が強い。毎日連発される癇癪を回避する手段をあれこれ模索して、気疲れも半端ないし辟易もする。

でも私は自分の言うことを聞く子になって欲しいとは思わない。瞬間的衝動的に思うことはあっても、根幹の部分では思わない。

そのままでいいのだ。

私は全身で「我」を主張し声が枯れん限りに叫ぶ子どもが眩しいのだ。
大人になる過程で自分が失っていった、はたまた最初から持ち合わせていなかった?自分を持ち、貫くということ、それが迷いなくできる子どもの姿を尊敬すらしているのだ。
もちろんそんな感情にリアルタイムで気づくことはほぼないんだけど。
(大概釣られて私も喚いてるか、疲れ果てて白目を剥いている)

相手の主張は自分の子どもがいかに扱いやすかったかに移った。
私はずっと薄ら笑いを浮かべてそれを聞いていた。

だいじょうぶ、私はあの子たちの生き方が好きだ。

by koto316 | 2018-11-05 07:13 | 育児

そして反省

言うてる端からブチキレてしまった。
朝から100回くらい洗濯中のまだ濡れてるワンピースを着たいとゴネられて爆発。
うちの子どもたちは二人揃って服への執着が強く、気に入った服は毎日着続けるし気に入らない服は絶対に着ない。
靴下一つとっても好きなやつしか履かないのでものすごく気を揉むのだが、同じことの繰り返しでブチ切れてしまい見事爆発、そして今空気を読んで二人で遊び始めた子どもたちを見て反省している。

先日友達一家と旅行に行ったのだがナチュラル&無地のオサレなお揃いの服を着ている姉妹を見て目を剥いた。こんなオサレ(秋色無地)なカーディガン、うちの子たちは絶対に着ない。
フリルかリボンか猫かウサギがついてないと。
さらにピンク、しつこいくらいのピンクがないと。

別段気にしてなかったけどどうしてお前たちはそうなのだ〜ちゃんはお母さんに言われた服大人しく着てたでしょ、と詰めてしまった。

子どもたちはキョトンとしていた。
当然だ、あの子たちのこととこの子たちの服への執着が強いことはまるで関係ない。
喚き散らす母親は子どもたちの目にどう映っただろうか、反省や後悔なんてしない、全世界に発信した直後に私はもう後悔している。

子どものそう言う想いの強さを、私は眩しい、羨ましいとすら思うのに。

by koto316 | 2018-11-04 12:20 | わたくしごと

所感

人生、ただでさえしんどいのであるから自分で勝手に責任感じたり後悔したり反省したりしてよりしんどくする必要はないのでは?とふと思ってから気楽になりました。
まぁそうはいってもしてしまうのが人間、といえばその通りでありそう言う風に開き直れる瞬間があったかと思えば翌朝にはまた重く沈んだりするのが人生、という感じでもあるのですが。

できることは精一杯やりますができないことはできないですからね、と誰にともなく頭の中で思っていると育児も仕事も家庭も気楽。緩く行こうぜ、が最近のテーマであります。
緩く生きるその姿に釣られて誰かが気楽になってくれるかもしれないし、まぁ腹たつ人もいるかもしれませんけど。


by koto316 | 2018-11-04 11:36 | わたくしごと

踊らにゃsong!song!精神でやっていきたい30歳♀。田舎暮らしに育児を添えて。@kotosuke316でついったもやってます。


by koto316