<   2016年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

突然の風に吹かれて

今日子どもを寝かしつけてる時に、突然

うおーもっと適当に生きようー

と思いました。
ほんまに突然。FIELD OF VIEWもびっくりやわ。
(懐かしいわ)(スペル合ってる自信ないわ)
で、すぐさま高田純次でググったらヤバイ。
純次ブログ始めて数回で速攻飽きてるし。
こんなことってある?仮にも芸能人が(笑)
またアメーバさんってアクセス数稼いだら結構お金入るらしいじゃないですか。純次めっちゃ稼げそうやのにな。まぁ純次のことは置いとくにしても。

なんかもう、あかん。無駄にシリアスになっていいことなんか何もない。無駄シリやめよ。

正解と不正解とか失敗と成功とか、そんなパッキリパッキリ何でも分かれてるもんでなし。
そういうことばかり考えてるとどんどん視野が狭くなってって、失敗成功いう前に自分むっちゃ不幸そうやけど大丈夫?!って言われたりするんです(笑)
あと我慢とか頑張りとかも美徳とされとるけども、人間が小さい私は絶対に自分が頑張った分他者にも同じだけの頑張りを求めてしまうし。
他人にも自分にも厳しい嫌なやつになるくらいなら、ゆるゆるでダルダルのしょうもない人間でいる方がマシやな、と思いました。尻でも掻きながら、のんびり行きましょう。先は長い。

あとやっぱり健全な肉体に健全な精神は宿るよね〜。やーどーらーせー(IKKOさんの声で)ということで、最近子どもが寝たら体を鍛えてます。
言うてもかるーく腕立てしたり、腹筋したり、スクワットしたりするくらいなんですけど。
この間加圧トレーニングの体験に行ったらあまりの体の動かなさに衝撃を受けましてね…

ちょっとみんな…やってみるといいよ…腕立て…マジできなくなってるから…笑っちゃうから……
今50メートル走とかしたら23秒くらいかかりそうって思ったわ。場所柄津波の心配が常にあるんで、子ども抱えて逃げるためにもこのままじゃあかんとです、と思いましてね。

トレーニングしてるときあまりのしんどさにしんどい死ぬ以外のことを何も考えられなくて、なんか楽しいな?!って思ったんで家でもやってます。一人でやってるとそこまでしんどくなるまでできないんですけどね。まぁなんとなく、身体動かしてる自分が好きだ!

まぁどうせまたすぐウジウジ考えてしまうんでしょうけど、考えて考えて落ちきったらこんな感じで急にふわっと純次化したりするのが私の常なんで、(あと悩み切ったら最後に脳内に村上信吾が出てきて「知らんがな!」って言って幕を下ろしたりします)アケナイヨルハナイヨー(何故かカタコト)ってことでヘラヘラ生きていきたいと思います。尻でも掻きながら。心に純次と信五を抱いて。

<にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村



[PR]
by koto316 | 2016-10-28 22:46 | Comments(10)
10月に入ってから、39度近い熱を二回出したりして体調がグズグズで、また来年度どうする問題もウダウダ悩んでいて、ベッドの中でいろんなことを考えました。
考えて、考えて、なんか過去の思い出したくないこととか懐かしいこととか色々混じり合ってぐちゃぐちゃになった記憶とかがでてきて、
生きてるだけで素晴らしい、みたいな謎のポジティブが出てきたかと思えば次の瞬間には
なぜ僕はここにいるんだろう(ラルク)みたいな救いようのない気持ちになったりして、心身ともにしんどかったです。

それで分かったことがある。
私の子育てがなんでこんなにしんどいのか。
独りよがりな上に面白くもない暗い話を綴ります。

私は子育てしてて何かにずっとビビってるというか恐れている感じがしていて、それは小さなことでいうと子どもがいつ面倒なことを言い出すかとか自分が切れてしまうかとか赤子が泣き出すかとかそういうことなんですけど、もっと通奏低音のように流れている恐れがあるということに熱にうなされて気づきました。

それは子育ての失敗です。
私は子育ての失敗を恐れている。
プラス親子関係の構築の失敗。

分かりやすく言うと、私が実母のような母になること、娘が私のような人間になること。
つまりは母と私親子の関係、実母の子育てを失敗例として常に意識していたんだなと。

実母が来ると必要以上に娘に怒ってしまうことがあるんですが、これは無言で、「あんたが子育て失敗して私がこうなったから、私の子育ても失敗するぞ」と無意識に脅すような気持ちがあったんじゃ?と思ったりするんです。

暗いですね。
何せ病人が考えることなんで、許してつかされ。

うちの実母は、ここでも何回か書いてるんですが私が子どもだった頃はとにかく不機嫌で、常に疲れていて、例えば家の電気がつけっぱなしになってた、というような小さなことでキィーッとなる人で、兄は早々に見切りをつけて外の世界を楽しんでたんですが、私はそんな母を怒らすまい、疲れさすまいと必死で付き合ってきました。

母とは高校生までほぼ毎日風呂も一緒だった。
これは誘われて断りにくい、というのと、電気代とかが節約になるのでは、という思いがあったから。
髪を切りに行きたい、というのが言いづらかった。
服が欲しい、も言えなかった。
たまに母が買ってくれる服は私からするととても着れたもんじゃないセンスで、買い物帰りはいつも重い気持ちになった。

私はいつの間にか生理的に母を汚い、と思うようになってしまって、風呂で髪を洗ったりしてるところを見るのが苦痛だった。

それは大学に入学して親元を離れることである程度解消されるんですが、何を思ったか私はまた母の元に戻って、一瞬一緒に仕事もして、母の元で娘を二人産みました。

今子どもといて、子どもが悪気なく犯した失敗とか多分年齢特有のワガママなんかにキィーっとなった時、自分の中にあの頃の母を見つけて本当に嫌な気持ちになります。

私には本当マジか?ってくらい仕事に従事して帰ってこない旦那がいますが、旦那は実母と正反対の人間性を持った人。
滅多なことで怒らず、ネガティブなことも言わず、感情の起伏が穏やかで、合理性を好み、嘘をつかない。
反面サービス精神がないから場を盛り上げたり、おべっかを言ったり、人の気持ちを汲もうとすることがない。

何にも考えずに付き合って、特に何にも考えずに結婚した相手ですが、私は無意識に「反実母なるもの」を探していたのかもしれないとすら思います。
そういう意味では彼は本当に理想的な、笑ってしまうほどの「反実母なるもの」だった。同じところがひとつもない。共通点は人類で、日本人であることくらい。

上の娘を産んで3年弱、私はずっと反実母なる旦那の助けを求めていたのかもしれないと思います。

助けて。
私は実母みたいになる、なりたくない。
私が育てた子どもは私みたいになる、したくない。
私は娘と、母と私のような親子になりたくない。
助けて。

でも旦那はそんなこと知らないから、自分が育児に参加できないその穴を実母に埋めて貰えば安心、と思っているんだと思います。
まぁそれは無理はない。私も自分がそんなことを恐れていたなんて思いつかなかったもの。

平たく言ってしまうと、私は自己肯定感が低いのかなと思います。
子どもの頃親を怒らせないように、とずーっとビビってたから、今も人を怒らせるのが怖い。
仕事もプライベートも、怒らせるのを恐れて全然踏み込めない。まぁただの臆病な性格の人、という可能性も否めないが(笑)

アドラーとか有名な性格カウンセラーの人の本とか、いろんな本を読めましたが、まず私がすべきことは多分、自分を認めることな気がします。
もっと言うと私が実母みたいになっても、子どもが私みたいになっても大丈夫、と思うこと。

だって血が繋がってますからね。そら似ますわ。分かってるけどこれを認めようとすると死にそうになる(笑)めっちゃ嫌なの(笑)

お腹の子が娘だとわかった瞬間、漠然と湧いた不安の正体はきっとこんな根の深い、ドロドロした思いだったんだろうな、3年経ってようやく気付きました。

今日もなかなか寝ない子どもにイライラして、そのイライラを隠そうともしないでいたら、娘がお母さん大好き、と何回も言いました。
そんなに気を遣って、まるで母と暮らしてた頃の私みたいだと少し泣きそうになったけど、
それが娘が不憫だという涙なのか、恐れからくるものなのか、自分への不甲斐なさなのか、よくわからなかった。とりあえず今日が終わりました。皆さん今日もお疲れ様です。

[PR]
by koto316 | 2016-10-25 20:53 | Comments(19)
どうも、今日高校時代からの気の置けない友達に

「なんでそんなに不幸そうなん?」
と真顔で聞かれた私です。

オブラートゥウウウウウウウウウ
って叫んだよ?

いや私が悪いんですよ、三連休に旦那が一日も休みをとってくれず、はらわた煮えくりかえる通り越して蒸発してカスカスになっている旨、今なら憎しみで2、3メートル低空飛行なら飛べそうな旨、最近心中旦那につぶやいた言葉が「私がストレスから癌にでもなったら呪い殺してやるからな」である旨、滔々と語ったから!!
友達ワルクナイ!でももうちょっと歯に衣を着せて!羽織るやつ!薄手のカーディガンとかでいいから!!!!ユニクロで買ってきて!!!!


でもねぇ、友達に言われるまでもなく最近思うんです。
私ちょっとおかしいな?って。
だって「呪い殺す」ですよ。
普通そんな発想ないよ。この2016年、平成も終わるかもしらんって時に。
こんなワーズ出てこないよ。
ちょっと自分でも引くわ。

でもねぇ、(2回目)私ももう32で、この事実に愕然とするんですけど。特に何をするでもなく三十路、それもまあまあ三十路を着こなす感じの年になってしまったことに。まぁそれはいいとして、32.ほっといたらすぐ35も40も来るんやろなって安易に想像できるこの年齢に差し掛かってなお、10年来の友達が引くくらい怒りを抱えていることに。毎日毎日イライライライラしていることに。

そろそろね、もっと楽しく、人生楽しく生きて行こうぜって感じにしていかないと、
ほんまあっという間に棺桶やし、何ならこのイライラデイズめっちゃ体に悪そう。

私まあまあ屈強な小太りで、見た目殺してもしなんやろって感じなんですけど、
母方の直系家族は結構みんな早死にしてまして。
祖母の両親なんて40代でいってるし、祖母もたぶん心配性とストレスが高じて癌で67で死んだし、何なら私この祖母に性格そっくりでね。
父方のほうは付き合いないんで全然わからんのですけど、もうちょいストレスをなくしていかんと意外とうっかり早死にしてしまうんでは?って思ってきてね。

いやこの際死ぬとかはおいといて、そんなもんは寿命やろ、気にしてもしゃーないとして、
なんかもう毎日楽しくないの飽きた。
(小学生かよ)

もっと楽しいんがいい。せっかく生まれたのに。子どもも生んだのに。楽しいんがいいぞ~~~~~!!!!!!

たぶんなんでも面白がっていかんといつまで経ってもこのままなんで、まあ早い話が自分の感じ方を変えなはれ、という自己啓発的な話にどうしてもなってしまうんですけど、もうちょい面白おかしく生きるってもっと強く、強く心に決めて毎日を送りたい。

だって普通「なんでそんな不幸そうなん?」とか聞かれる?(笑)
ちょっとこのネタ当分引きずるわ。(笑い話的にも)

24時間子ども二人とベッタリのなか、どうやったらもっと面白おかしく生きられるのか、
今後このブログでも模索していきたいと思っている所存です。

<にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2016-10-10 00:16 | わたくしごと | Comments(14)

踊らにゃsong!song!精神でやっていきたい30歳♀。田舎暮らしに育児を添えて。@kotosuke316でついったもやってます。


by koto316