<   2016年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

誰に。私に。

もう本当アホらしいってわかってるんですけど、このどっちにも当てはまらないから専業主婦向いてない、みたいなぬぐいきれない劣等感がある。
パンはまだしも裁縫なんてマジぼたんつけるのが精いっぱいじゃないかな。
家庭科の授業でミシン習うじゃないですか。あれ糸かけ?もできなくて同じ班の男子にやってもらってたもんな。
あのなんだっけ、ロビン?ボビン?ボビンか。あれなんてもう20年くらい触ってないですよ。まだあるんかね?ボビン。

f0353868_21203884.jpg

これはロビン。

「愛してたあいつのこと 心から好きだった」のはペピン

まあそんなんで、たいして向いていない専業主婦を今日も「こんなんでいいんかのう…」と思いながら粛々とやっておるわけですが、ぼちぼち本当に来年度以降の動きを考えないといけないなぁと思っています。

パティーン1、現状継続
これが一番しねる。変化がなくて楽といえば楽だけど、3歳1歳と24時間一緒かァ…と思うと正直おなかがいっぱいでもう食べれないよおー(デブの声で再生してください)感もあり

パティーン2、上だけ預ける
①一時保育に預ける(max:週3) 現実的
②3年保育の幼稚園に預ける これも現実的
③私立の保育園に預ける 諭吉さん不足によりほぼなし

パティーン3、上も下も預ける
=私は働き、認可保育園に預ける
=旦那の協力はほぼなし
=物理的にしにそう

可能性としてあげられるのはこんなもんかと思うのですが、うーーーーん、2の①かなぁ…。
今後の諭吉さんとのお付き合いのことを考えたら、3がいいかなぁとも思うのですが、勇気が出ねぇ。

みたいなことをウジウジウジウジうじきつよしの如(うじきさんすみません言葉の綾です)く考えている毎日です。

っていうかさーーーー、(いきなり親しげ)

一日中子どもといるのに全然大した遊びなんかさせてあげられてなくて
テレビで動画ばっかり見せて自分は妖怪スマホいじりみたいになってるときも多々あるし
習い事させる余力もなくて食事歯磨きおむつ替え風呂で一日回すのに精いっぱいでさー、

最近子どもがよく「おかーしゃん大好き」とことあるごとに言うのだが、
かわいい反面ぶっちゃけどう考えてもそれ機嫌取りじゃね?ってときもあるし、
そもそも子どもの世界に他者は95パーセントお母さんしかいないわけであるから、(当社比率)
そのお母さん嫌いになったら生きていけないしさぁー、
「大好き」で当たり前、というか、「大好き」にならざるを得ない部分があって。

この、大げさな話「生きるも死ぬもお母さんの機嫌次第」みたいな状態から少しでも世界を広げてあげたくて、ていうかぼちぼちその思いが重いよって時もあり(韻踏んじゃったし親としてどうかと思うしいろんな意味で恥ずかしいから小声)
保育園なり幼稚園なりでほかの「大好き」を見つけてきてほしいなぁと思うのだが、

みんなどう思うーーーーー??(知らん)

まぁ相変わらず子どもは

「○○ちゃんまだ小さいから。もう少し大きくなったらほいくえん行くね」と及び腰なのだが。

いや君は保育園に初めて行く年齢としてはもう結構大きいほうだと思うょ…。

そんな最中、今日児童館でうちの近所にある幼稚園(2年保育。パティーン1など何もしなければここに行く予定)の園庭がうちの県随一のでかさ、ということを小耳に挟んでしまい、また揺れている。

なんかわからんけど園庭広いってめっちゃよさげやん…?
園庭広いという情報から連想するNO-BI-NO-BIという響きに惹かれすぎるやん…?

でもそこは親の出番も結構多い園らしく、そうなるとたぶん私は才能がない専業主婦を今後もgo onしていくことになるため、パンも焼かないし裁縫もできないしアイロンもかけず断捨離もできない、作り置きも食料買いだめもできず、子どもの早期教育にもさほど興味が持てず、観葉植物も育てない私が死んだ目で現状を続けていくことが、果たして子どもや私の人生においてどのような影響を及ぼすのかと思うと今夜も眠れないよね、ウソ寝るけど。

っていうお話。

※念のため言い訳
専業主婦についてあれやこれやと書いていますが、すべて私個人の勝手な思い込みによるものであり、
これに当てはまらない人がどうとか当てはまる人がどうとか(いや全部当てはまる人はマジ凄いマジと思いますが)そういう話ではございません。
また専業主婦を貶めるような意図もさらさらありません。
ただの劣等感の羅列です!!うん、いつも通り!!

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2016-09-28 21:58 | Comments(16)
2歳の誕生日に初めて本格的なギャーーーーッをやられてから半年、ここ数日、キャツがなりを潜めているのです。
そう、IYA-IYA-KI。常々思ってるんですけど名前ポップすぎだよね。そんな爽やかなもんじゃないですよ。
もっと「地獄、そしてまた地獄期」とか「獣の闇鍋脂汗を添えて」期とか色々あるだろう(ないだろう)

手を挙げたこと数回、怒鳴り散らし十数回、閉じ込め一回、離婚して親権放棄して何もかも捨て誰も知らない港町でひっそりくらしたい願望一回、家出(目的地広島)願望一回※カウントは全て体感です
ほんとにほんとに辛くて子ども全然可愛くなくて、夜寝かしつけの時に胸元触られるのも何故か生理的に嫌で嫌で思いっきり舌打ちしながら手を払ったこともあったし、そもそも親子の相性が悪いのかも知らないと考えて個性心理学の資料を取り寄せたり(いわゆる動物占いですね。私は母性豊かなコアラ、全然母性豊かじゃねぇし。でも内容はむっちゃ当たってました)思いっきり方向性を見失ってた半年を経て、最近ようやく、ようやく子ども可愛いの気持ちを取り返してきました。

っていうか子どもの聞き分けがむっちゃよくなった。ギャーーーーッもあるけど時間が短い。大体10分以内には自分で切り替えて「怒ってごめんね」とか言ってくる。
これが成長なのか、散々怒ってしまったせいで萎縮させて強制終了させてしまったのかわからず、(今でも「怒るよ?」と言うと「怒っちゃ嫌ぁーギャーーーーッ!」ってむっちゃ泣くし)後者だとほんますまんって感じでなんですが、とりあえず地獄の底にタッチして生還した感じです。

入れ替わるように今度は下の7ヶ月児がズリバイ、つかまり立ち、後追いのフルコンボで基本泣き喚いており、「辛さの家庭内質量保存の法則や〜〜」と彦摩呂イズムを醸しつつも、これほんとがっつり被ってたら…と思うと心のキャンタマが縮み上がる思いです。
九死に一生とはまさにこのこと。本当によかった。

イヤイヤ期っていつ終わるか分からんのでほんと最中にいるときは闇でしかないのですが、
とりあえず底の底まで落ちきったらあとは上がるしかないもんな…と逆ミスチルのようなことを思いながら(「高ければ高い壁のほうが登った時気持ちいいもんな」)、あーーーー上がってこれてヨカッター!とイヤイヤの神に拝み倒したい気持ちです。

といいつつ、まだ終了したとは限らないんですけどね…終わったら尻がもう1つ割れるとか何か合図くれんと分からんがな。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村


[PR]
by koto316 | 2016-09-27 13:12 | 育児 | Comments(2)
ポエムのようなタイトルを残してしばらくドロンしてしまいました。
何をしていたか。睡眠。主に寝ていました。(ドーン)
何でってアレですよ。下の子のYONAKI。生後7ヶ月にしてキャツが始まりました。
ベビーベッドやめて添い寝添い乳スタイルをとるようになったこともあると思うんですが、もう起きる起きる。お前はおきあがりこぼしかってくらい。
2歳児の寝言もデカく、それによってまたおきあがりこぼしが発生。
必然的に睡眠不足となり、ほとんど寝かしつけ寝落ちをしたことがない寝つき悪い選手権四国代表の私がちょくちょく寝落ち、昼間も昼寝して凌ぐ日々でした。

そんな感じで主に寝ていた二週間だったんですが、そろそろ書きたいことが出てきたのでノコノコ出てきた。そろそろノコノコ書き書きするね。

今日実母が来てて、まあこの実母が私苦手と言いつつすんげー似てるな、と思うところもあって、
実母を見ていて自分を省みることも多いわけで。
そんな実母の振り見て我が振り直せシリーズです。(いつの間にできたそんなシリーズ)

それが標題。ドドン!パー!!(フロム富士急。今までお疲れドドンパ。大好きだったよ!一回しか乗ったことないけど)

今日実母は仕事の後18時頃から2時間ほど滞在したんですけど、多分疲れてたんでしょうね。
始め「○○ちゃーん、ばぁば来たよー!だいすきだよー!」(抱っこしてクルクル回る)
みたいなテンションだったのが、2時間後には「ああうん」「大丈夫だよ」(低音)みたいな激甘砂糖対応から塩対応へと変化しておりまして。
Fujiyamaもびっくりな急降下を見せる実母の孫への態度を見て、一瞬イラッとしたんですけど、思ったんですよねぇ。

ああこれ、私もやるわ…、と。

我々一族はよく言えば感情豊か、悪く言えば感情に振り回されがちなところがありまして、その点旦那なんかは常に一定。
喜んでんだが怒ってんだか喜怒哀楽がてんで分かりにくいところが常々分かり合えないなぁと思うんですが、子どもにとっては理不尽に不機嫌になられる恐れがない分、楽に接することができるんじゃないかなぁと思ったりして。

不機嫌オーラを振りまくというか、単純に疲れるとそれがモロに出るんですよね。私も実母も。挙句気遣いなところもあって対人関係やら仕事で無理しがちなのですぐ疲れる。
子どもの頃はそれが怖くて、いつも実母の機嫌ばっか伺って妙に繊細な人間に育ってしまったのですが、
最近娘も「かあしゃん今日は元気?」とか聞いてくるようになってまして。
こりゃいかんなぁとずっと思ってたんですが、今日確信した。

ああやっぱ負の感情って子どもの前で出したらあかんな、と。

勿論我々も人間ですから、育児って本当疲れるし、子どもって理不尽だし、相手すんのマジ疲れるし、めっちゃ疲れるし、常に養命酒口に含んどきたいレベルで疲れるわけで(どんだけ)、
それを一切出さないとか無理ゲーすぎて何スかあんた鬼スかって感じなんですが。

少なくとも子どもを威圧して言うこと聞かせる目的で(例えほとんど無意識にせよ)負のオーラを出すのは人としてどうかと思うので、できる限り気をつけよう、と思った次第です。

娘が夜ばぁばとドライブしたい言い出して、実母は連れてってくれたんですが疲れてたし本当は面倒くさかったんでしょうね。
結構強めに「靴はもう履かないよね?抱っこで車まで行くよ!?」みたいに言ってるのが聞こえてきまして。
これ全然私もやるんですが、これって子どもがこれ以上面倒くさいこと言い出したらどうしよう、って恐れから強く言っちゃうんですよね。

例えばうちの旦那はその恐れがなくて、面倒くさいこと言われてもダメなもんはダメだしその時その時で対応するから事前に恐れを抱くことがない。(想像力がないともいう)
だから鷹揚に構えてられるんだろうなぁ、子供といても必要以上に消耗しないんだろうなぁと思うんです。

まぁ何が言いたいかというと

1、恐れは必要以上に自分を消耗させるのでなるべく無駄な想像力を働かせないで、その時その時で適宜、臨機応変に対応できる親になりたい。

2、なるべくテンションは一定に、上がるのはいいけど下がるところは子どもをビビらせない程度に。

3、疲れた疲れた言わない、出さない。

4、実母は多分私の鏡。イラっとしても自分を省みる材料にするべし。

こう書いてると本当育児ってすごい修行だし上手いこといくと終わった頃には水の上くらい歩けそう。フォッフォッフォ。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村



[PR]
by koto316 | 2016-09-22 20:23 | 育児 | Comments(14)
小学生の作文のようなタイトルでこんばんは。私です。

今日は友達と子連れで公園に行きました。
広い公園で、特に遊具とかはないんですけど娘は嬉しそうに走り回っています。
抱っこひもでさんざん娘を追いかけまわしたあと、休憩のためにベンチに座って赤子を抱きつつぼんやりと雲の流れを目で追っていたら、少しだけ幸せを感じました。

公園には少し大きい、年長さんくらいの子どもを連れたママさんたち。
ふと、仕事を始めたらこういう生活はできないんだろうなぁとほんの少し名残惜しさを感じました。
いや仕事決まってないんですけどね。取らぬ狸の皮算用も甚だしい。道理で、そこはでっかい狸の置物が配された狸公園でした。だからか(たぶんちがう)

幸せって何だろう、とぼんやり考えてみたら、
私にとっては「余裕」やら「ゆとり」のある生活かなあと思います。
それは時間もそうだし、気持ちもそうだし、お金もそうですね。
両立は難しいんだけれども、どれもそこそこ、適度に余裕があるほうがいいなぁ。
めちゃくちゃ普通で凡庸な願いだけども。

私は何か一つのことを追求できるような高尚な人間ではないので、いくつかのことをバランスをとりながら、なんとなくええ感じにやっていきたいのう、と思います。

今現在本当育児しかしてなくて、やっぱり煮詰まってるところもあるし、
でも仕事を始めていくつかの余裕やゆとりは奪われる部分もあるだろうし、
まことに人生は取捨選択ですね。選択と集中、それが重要だ。どっちも苦手だ。おまけに計画性もない、どうしよう。

何はともあれ、何もないだだっ広い公園を走り回って楽しめる幼女のように、
どんな場所でも環境でもそれなりに楽しみを見出せる人になりたいです。
たぶん自分にぴったりな場所を探し回るよりそっちのほうが素早く幸せになれそう。あーーー幸せになりたい(内田有紀)

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2016-09-08 21:36 | わたくしごと | Comments(0)
先日は育児ブログにあるまじき殺伐とした内容をすみませんです。

この週末で少し娘可愛いの気持ちが盛り返してきました。その理由はこちら。ドドン。

1、人手
珍しく土曜の夜から旦那がいました。やはり大人が二人いると違います。手が4本、目が4玉ある。(玉て)
いるからこそイラつくこともありますが、やはり人手はいる。理想は子ども一人に大人三人です。(本気と書いてマジ)

2、愚痴った
旦那に洗いざらい吐き散らかしました。
標的は旦那7に長女3。
虐待寸前やで、くらいの鬼気迫る言い方をしたのですが、伝わった気はしない。
でも吐き出すことはそれなりに意味があるようです(対旦那というよりは自分の中の問題として)

あとやはりこのブログに書き殴ってるのも大きい。
基本自分のために書いているブログで、チキンな割に割と正直に吐き散らかしてるんですがそれがいいみたいです。これからもどんどんネガティブなことを書いていきたい(嫌な意気込み)

3、娘の頑張り
聞き分けが急に良くなりました。
多分最近無茶苦茶怒ってたから、お母さんが怒るとマジ怖い、という恐怖感がそなえられたようです。
ちょっとトーンを下げると「怒ったらあかん」と泣くか、「はい」とか「わかった」とか言って注意された行為をやめます。意味不明なギャン泣きも減りました。

これについては手放しで喜べない、どころかイヤイヤ期の対応としては限りなくアウトに近い方法を取ってしまったのではないか?という懸念もあり、罪悪感もありますがもうやってしまったものはしょうがない、これからは恐怖感を植え付けるような怒り方は控えて、カラッと怒る訓練をしないといけないなと思います。怒らない子育て、というのは私にはハードルが高すぎてハードルどころか高跳びみたいに感じられるので…。

4、諦めた
子育てが楽しくない、人生がつらい、毎日が息苦しい…など頭の中に渦巻いてたマイナスの思いを、一旦受け入れてみました。
よく考えると別に子どもがいる前から人生物凄く楽しかったかと言われるとそうでもなかったし…(哀)
何をやっても心のどこかに晴れない憂鬱みたいなものはあったと思います。ここでも書いてきましたけど。
まぁこんなもんかな、とかまぁいっか、とかそういう前向きな諦めを装備すると、逆になんでもないようなことが結構幸せに思えたりしました。
夕方娘といった散歩が割に楽しかったとか、娘のほっぺたがめっちゃ柔らかいとか。

4、スキンシップを多めにする
ギャンが始まったら酷くなる前、何ならギャンが始まる前に過剰に抱きついたりハムハムしています。
私自身が元々スキンシップは好きな方なのと、やはり娘も嬉しそうでして。
2歳児の肌ってほんと吸い付くような肌で、物理的に気持ちいいんで癒されます。
頭の中のネジを緩めて、ゆっくり流れる時間に抗わないようにヘラヘラ過ごして、疲れてきたら子どもを抱きしめて、なるべく美味いもんを食べる。ダ

そんな感じでこの絶不調の波を乗り切っていきたいです。
もちろん保育園とか幼稚園とかのリサーチも行いつつ!預けるで〜最悪でも来年度からは絶対どっかに入れるんや〜〜。

追伸
ねぎらいや具体的解決策など、コメントありがとうございます!また追ってお返事させていただきます。もっと呆れられるか怒られるかと思ったら皆さん優しくて幸せな気持ちになりました〜。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村

[PR]
by koto316 | 2016-09-05 21:25 | 育児 | Comments(10)

子どもが可愛くない問題

子ども(上の子2歳、女児)が可愛く感じられません。どうしたらいいでしょうか。32歳主婦

人生相談風を装いながらこんばんは、kotoです。

いやぁ、どうしましょう。
最近上の子が可愛くない、と感じることが俄然増えてきました。
原因はひとえに余裕のなさ、疲れだと思われ、余裕ができるように工夫しましょう。疲れをとりましょう。で終わる話なのですがまぁ書かせてくれ。

下の子がズリバイで動き回るようになり、自然下に取られる時間が増え、嫉妬した上がワガママを撒き散らし、私がキレ、疲弊するというパティーンが出来上がっております。
さらに今週は上の発熱に始まりその風邪菌が私と下にうつり、下は咳き込んで嘔吐などもあったため薬の服用なんかもあっていつにもなくてんてこまいな32歳主婦。

熱が出た、とはいえ地球の皆の元気玉を一身に浴びたような2歳児は超元気。
かまってくれかまってくれかまってくれのエンドレスリピートでかあさんは終わらない悲しみ、エンドレスサロウ。
一方32歳は体力の低下も相まって体が鉛のように重い、怠い、しんじゃう。
ずーっと熱っぽくて、何故か体温計ったら平熱より低かったりして意味がわからないんですけど汗もめっちゃかくし相変わらずの火照り感でもう更年期きたのかしら、って感じで。

とにかく育児界で最も大切だと言われる「余裕」「ゆとり」これを一切欠いた状態で回した一週間でした。

泣き止まない赤子に切れそうになった瞬間もあり、これはまずいなーと結構な危機感を覚えています。

そろそろ子どもと離れる時間が必要ではなからうか…?

というわけで数年ぶりに履歴書を買いました。
いやアテがあるわけではないし、相変わらず前向きに働きたい訳ではないけれど、子どもと離れる手段が現状これしかないんだ、とじっと手を見る。

ちょっと書いてみたけど書き方てんで忘れてるし職歴の多さにゲンナリするし、仕事なんかしたら余計に余裕をなくしてイライラするのでは?って懸念もあるし下の子はまだまだ可愛い盛りだから一緒にいたいよほほって思ったり、合間に子どもが泣いたりして一向に進まないけど、とりあえず一枚書ききって、書ききってからまた考えてみようかな…。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村



[PR]
by koto316 | 2016-09-02 20:26 | 育児 | Comments(6)

踊らにゃsong!song!精神でやっていきたい30歳♀。田舎暮らしに育児を添えて。@kotosuke316でついったもやってます。


by koto316