<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

kotoです。
日増しに娘の保育園への抵抗が増していくとです。
kotoです。
今日はチャイルドシートからエビ反りで降りて狭い車中を這いつくばって逃げようとする12㎏を抱えて手首がおかしなことになりました。
kotoです。
登園後も私にしがみつき、先生に無理矢理引き剥がされた後は扉に食らいついてでも私についてこようとした娘を見て、流石に心が痛んだとです…。

一時保育2か月目、ここのところ夜泣きは少しマシになりましたが、あまりお昼寝できないせいか登園後の愚図りも凄く、「今日は頑張ったんだから思いっきり優しくしてあげよう♡」みたいな決意も瞬殺で吹き飛んでいく感じで、
結果やっぱり怒鳴ったりして嗚呼一時保育…すごく助かるんだけど一時保育…時間が解決してくれるんだろうけど一時保育…私あなたをうまく使いこなせないかもしれない…という弱気に陥っています。

今の所一時保育のメリットは

・私のリフレッシュ

一点につき、

・夜泣きが始まった
・児童館などで「お友達ダメ」が始まった
・お母さんフィーバーが増した
・登園の日は朝から母子ともにストレスが凄い

等のデメリットと比べて、やや劣勢な感じです。

今日も凄い泣き叫ぶんで、

どうする?こんだけ泣いてるんなら休ませるか?でも休ませるたっていつまで?今日だけ?ていうか週2の一時保育でコレじゃあ当分の間集団生活なんて無理では?そろそろ習い事とか色々やらせたいと思ってるんだけど。っていうか一日中こいつといるのしんどい…しんどすぎる…ああどうしよう…休ませるか?保育園に慣れるためには皆が皆時間が解決って言うけどその時間を稼ぐためにも今頑張って登園させるべきでは?しかしものごっつ泣いてんな…腕痛い…ああ登園の時間が迫る…

みたいなことをグルグル考えて、最終的に怒鳴りつけて動きを止めさせて無理矢理チャイルドシートに乗せる、という最悪の解決方法を選んでしまった次第です。

多分なんですけどうちの子性格的にちょっと感受性が豊かというか癇が強いというか。
そしてまだ妹ができて三か月で、一人天下が終わったことを受け止めるのに精いっぱいなのかなって。
だったら当面の間は家でみてあげるべきだろうか。しかし当面の間っていつまで。
ある意味娘にとっては最悪のタイミングで始まった一時保育、私にとっては最高のタイミングでそのズレがいかんともしがたい感じです。

なんかね、子どもがギャーーーってなったときに説得する言葉がないんですよ。
身も蓋もないことを言えば「お母さんのリフレッシュの為に頑張ってくれ」なんですが、そんなこと言ってもしょうがない気もするので

「保育園楽しいよ」とか
「お友達と遊んでおいで」とか
「先生待ってるよ」って言ってみるんですけどどれも別に娘が求めてるものじゃないのでまぁ説得力がないんですよね。
自分でも言ってて「こんなん言って納得するかいな」と思いながらね、一応言うんですけど、まぁ聞かんわな。
ずーーーーーっとギャーーーーーーーです。
心なしか保育士の先生の目も死んでる気がする。いやいや仕事だし慣れてはる、気のせい気のせい、って思うんですけどね。何かずっと一人の先生はうちの子にかかりきりになってるっぽいしな…。

一時保育をやめてしまえばある意味気が楽になりますが、うーーーーんどうしようかねぇって感じです。

先生からは今は保育園=お母さんと離れる場所ってなっちゃってるんでちょっと時間がかかるかもしれませんね、って言われてまして、やっぱり時間が解決なんですかね…。

今できるのはとりあえず家に居る時に思いっきり甘えさせてあげることくらいかもしれませんが、甘えさせれば甘えさせるほど「お母さん最高!」ってなって保育園行くってなるとギャーーーーー―になってる気もして。
さらに私の方で「お前あんだけ甘えさせてあげたのにこれか」みたいな気持ちになってしまうところもあって、折り合いが難しいねって思います。

しかしそんな時に一人で寝て甘い匂いを漂わせて笑ってる下の子(三か月)、ものごっつ癒し。
今も一人で寝てるんですけど、赤子って一人でこんな寝る?ってくらい最近寝ます。眠い時抱いたら降ろせよ!みたいな感じで怒られますからね。ベビーベッドで指をしゃぶりながら一人寝がうちの次女Styleです。
あまりの手のかからなさに最近は心の中で敬意を込めて「師匠」って呼んでます。
師匠が手かかるようになったら私しぬかもしらん。

というわけで、ちょっと煮詰まったんで師匠の唾液の匂い嗅いできます(変態かよ)

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2016-05-24 10:35 | 育児 | Comments(10)
最近しみじみ思うんですよ。私育児向いてないなぁって。
今まで育児向いている=子ども好き、とか子どもと色んな遊びが出来る、子どもと過ごす時間を楽しむことができる

みたいなイメージを持ってて、まぁそう意味でも向いてないなぁと思ってたんですけど。
最近、結局育児に向いているかどうか、というのはその人の人間性が良いか悪いか、もっと平たくいえば性格が良いか悪いかってとこにあるんじゃないかなあと思いまして。そういう意味でも改めて向いてないな、と思った次第です。

ちょっと長い上に個人的な話になるけどいいですかね…
超絶暇な時に鼻穿りながら読んでくださいね。

私という人間のパーソナリティの話を少しさせてもらえば、
今まで自分のことを愛想が良いしそれなりに人の話も聞けるし空気も読める方、相手の心情を考える想像力もあり、正直まあまあいいひと、だと思って生きてました(笑)

でもふとした時に人に対する攻撃性みたいなものが物凄くとがって出るな、というのに最近気づきまして。
特に身近な存在、旦那だったり実母だったりに、たまに物凄く冷たく見放した、「あ、もうこいつのことはいいわ。人間的におわっとるわ」みたいな目をするときがあるみたいなんですね、どうも。

で、それをもしかして、というか多分、100分の1くらいに薄めたやつを、まだ2歳の娘にも向けてるんじゃないか?
っていう気がするんです。

最近娘が、私が怒りのオーラを身にまとったとき先行して謝るんですよ。
2歳2か月の子どもが、空気読んで、怒りの最大破が来る前に、その波動を察知して「ごめんなさい」って言うんです。
それまで物凄いジャイアン的振る舞いをしていた子どもが急にピタッと我儘を辞めて、震える声で謝るんです。

これ初めてやられたとき正直めちゃくちゃ凹みました。
昨日の晩も、寝かしつけのときに下の子が先に寝たのに大声で騒ぐんで、何回か怒ってたんですよ。でも「シー」とか言えば言うほど反発して騒ぎ出して。

最後に「お願いだから静かにしてよ」って多分小声ながらも結構な迫力で言ったんだと思うんですが
始め何かもにょもにょ言ってるな~と思ったらそれは「ごめん」で、「え?」って聞き返したらはっきり「ごめんなさい」って言われました。それ以降寝るまでずーっと黙ってて、頭の中では「またやってしまった」の大合唱でした。

私多分シンプルに性格悪いんだなあって思うんです。
怒りのスイッチが入ると「どないかしてこいつを叩きのめさなならん」みたいな闘争心がぶわぁって湧いてくる。それを子どもにも向けてるんだと思う。これは物凄くまずいんじゃないか、子どもと遊ぶのが苦手とか、そういうのよりずっとずっと根の深い問題なんじゃないかと思ったんですね。
育児に向いているかどうかってのは多分シンプルに、他者に優しくできるかってことなのでは?と思ったのです。

それで今日、以前にも読んだ『14歳の子を持つ親たちへ』をもう一回読んだんですが、どんぴしゃの記述がありましたので引用。

名越 自分の親のことをあれこれ言うのって嫌なんですけど、うちの父親と母親はしょっちゅう喧嘩してたんですよ(中略)母親が泣き叫び、父親が怒鳴ってた。ところが僕自身は、両親から「面倒くさい奴やなあ」っていうふうな、冷ややかな拒絶を受けたことは一度もありません。叱られるときに、「お前のこと嫌いだ」っていうメッセージを受け取ったことがないんですよ。一度もないんです。それは本当に不思議な体験で。だからうちの両親はあれだけ僕の前で大騒ぎして、暴力沙汰もあったのに、僕にとってはやっぱり親だったなって感じ取れるところがあるんです。


私はこの「面倒くさい奴やなあ」は頻繁に出してる(っていうか口にも出してる)し、ひょっとしたら「お前のこと嫌いだ」という態度も出ているかもしれない、と猛省した次第です。

内田 すごく優しい人が、何とか優しく接しよう、接しようとして、どこかで優しく接しきれなくなって、一瞬破綻するところが「叱る」という経験になるじゃないですか。だから叱るっているのは、親にしてみたら敗北なわけです。子どもにきちんとメッセージを伝えようとして、それができなくて、ついに破綻してしまうという瞬間に叱るわけだから。

名越 そうです。地平の崩壊ですからね。

内田 子どもにわかるのは、その地平が崩れる瞬間だけなんですよね。だからそのためにも愛してるふりっていうと語弊がありますけど、親はクールなふりをしつづけなきゃいけない。


うちではこの「地平の崩壊」が頻発しすぎて、子どもを委縮させてしまっています。
そのうち子どもの成長と共に崩壊が通常になってしまい、叱ることの効果もなくなっていくのだと思われる。
これは大変にまずい。さらにもういっちょ。

名越 この頃ほんとに思うのは、母性って最初からあるもんじゃなくて、やっぱりトレーニングして身につけていくしかないってことです。(中略)

内田 内側に母性があると思うのは間違いで、外から持ってきて演じるものなんですよ。「子どもをどうしても可愛いと感じられない」って言う女の人がいるけど、当たり前じゃないですか。やればわかるじゃない。女の子をあまり好きじゃなくても、「愛してるよ」って言いつづけると、向こうもその気になるし、こっちもその気になる。だって、先方が機嫌がよくなって、優しくしてくれるわけだから、関係は良好になるわかですよね。感情ってのはいつでも行為の前にあるわけじゃない。行為が感情を形成してゆくってことはあるんですよ。


ふりでいい、演技でいい。ふりや演技というトレーニングを通して、母性は後からついてくるんだ、っていうところにものすごく安心感を抱きながら、がんばろう、と思いました。

2歳になる前くらいまで、娘は本当に可愛くて、可愛いものでしかなくて。
そんなときに下の子が生まれて、赤ちゃん返りがあって、イヤイヤ期がはじまって、ただ可愛いだけだった娘がどんどん厄介なもの、面倒を運んでくるもの、にかわっていきました。

今までのように盲目的に愛せない自分の中の変化も怖くて寂しくて、そんなこっちの気持ちはお構いなしに(当たり前だけど)娘はギャンギャン要求を次々投げてくるし、疲弊して、娘が謝ったり、本当に悲しそうに泣くたびに私は何かとんでもないミステイクを犯しているのではないか?と不安になって、でも取り返せないまままた朝が来て、怒鳴って、反省して、みたいな繰り返しで。

冒頭に育児向いてないって書きましたけど、だからもうやめるね!って話ではなくて(やめられないし)
向いてないからトレーニングするわ、演技力磨くわっていうある意味前向きな決意表明です(笑)
ふりでいいから優しい人間になろう、という。

自分の中の「底意地の悪さ」(他者への攻撃性)と「自分に対する甘さ」(すぐリミット解除して怒鳴る)という2大ウィークポイントが見つかって、
育児という修行を通してちょっとでもマシな人間になれるのでは?と期待しています(笑)
まずは娘に優しくなって、その優しさをサリーちゃんのように振りまいていきたい。そしてモテたい(モテかよ)

そういえば10年来の友達に、「あんたは~ちゃんを産んで本当にまっとうになったね」「他者に優しくなった」と言われたことがありまして。

言われたときは「私どんだけ酷かってんw」と思いましたが、こういうことなのかもしれないな。
まだまだ全然クズですが。多分以前はもっともっとクズだったんだと思う(笑)

何か言いたいことをちゃんと伝えられている気が全くしないのですが、戒めのためにこの日記は時々読み返そうと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2016-05-20 18:09 | 育児 | Comments(10)

娘のいない夜

ここ最近ずーーーーっと「ばあばん家行きたい」と言っていた上の娘さん、念願かなって本日ばあばのお家にお泊りですイェエエエエエーーーーー。(カズダンス)

夕方、仕事終わりの母に上の娘を託したのち、下の子も風呂後にあっさり寝落ち、今、私自由です。

とりあえず来月の結婚式まで間食はしない、という自分ルールをあっさり撤回し、アイス食ってテレビ見つつ今です。

この状況最高だと思いますよね?いや最高なんですよ、最高なんですけどね…。

いなきゃいないで…

めっちゃ寂しいやないか…。

散らかしっぱなしのおもちゃとか、服とか、そこかしこに娘の痕跡がありましてね…

思わず失恋ソングを歌う古内東子のようにセンチメンタルに浸ってしまうわけです…いや明日帰ってくるんですけども…。

あーーもっと優しくしてやったらよかったなあ。
抱き締めただけであんなに嬉しそうに、満足そうに笑う子を。
なんで大人に対するみたいに怒っちゃうかなあ。
まだ生まれて二年しか経ってない、手も足も頭も、あんなに小さい子どもを相手に。
もっと優しく、大らかに向き合ってあげられなかったかなぁ。

いや明日帰ってくるんですけど。

今間違いなくあの子の世界は私でいっぱいで、その愛は時にキャパの小さい私には重くて、しんどくてしんどくて、でもそういう時間って後から振り返ったら笑ってしまうくらい短い、一瞬の瞬きのようなもので、
…って何となく分かってるけどやっぱり今がしんどくて、しんどくて重くて、でもいなくなったら寂しくて。(いや明日ry)

しょーもない恋愛みたいだなぁといつも思います。
いないときに優しい気持ちになったりするのも殴った後優しくなるDV男みたいだ。(殴ってないですけどね)
怒りすぎた後「お母さんのこと好き?」って聞いて「好き」って答えられたらホッとしてるところもスーパーダサいし狡いと思う。

自分の嫌なところが丸見えになるところもしょーもない恋愛みたい…うぅ…菅田くんって子可愛いな…(ダウンタウンなう見てる)

まあそんな感じで、とっちらかった気持ち(孤独40、解放感40、菅田くんって子可愛い20)のまま、しばしの自由時間です。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2016-05-13 20:28 | 育児 | Comments(2)

一時保育の弊害

一時保育ですが、今週初めて泣かずに&最後まで完走ができ、感動していたらその日から娘の夜泣きが始まりました。(南無)

一日目のやつは夜泣きというか「ギャーーーっ」って感じで、何かに怯えるみたいにベッドから降りようとしたり、夜驚症?みたいな感じ。
全然言葉も通じない雰囲気だったのでラガーマンの如く娘の腰にしがみ付いて止めました。いやぁ育児凄い。深夜にラガーマンになるなんて。

二日目からはちょっとだけマシになって寝っころがったままギャン泣き。
それも昼間の意味のある感じのやつじゃなくて、ギャーーーーーって一本調子な感じの、抱きしめようが声掛けようがある程度のところまでは絶対治まらんな、という感じのやつです。

それが昨日の晩で三日続いており、一人で勝手に寝る術を習得して深くお眠りになられていた(敬意と感謝を込めて尊敬語)下の子も起きてしまい、下を抱こうとすると上が猛烈に泣き始める、という軽い地獄を展開し、
私は眠りながらもいつ起こるとも知れない地獄に怯えながら夜を明かしており…。(当然旦那不在)

しょ、正直しんどいっす。
一時保育、依然メリットよりデメリットが上回ってるっす。
イヤイヤが落ち着いてきたかと思ったら…。

昼間も猛烈なお母さんフィーバーが続いており、可愛いも可哀想も吹き飛ばすSay!!

「う、鬱陶しい…」

昨晩は何回目かのギャーーーを思わず口をふさぐことで避けようとしてしまいました。
ハッとして手を離すも後の祭り。
さらにギャン度は増して、流石に旦那にSOSを出しました。
事が終わった後に帰ってきたので無駄帰りになってしまったのがすまんって感じなんですが。

いやーーーーー次から次へと色々ありますなぁ。

保育士さん曰く、保育園が嫌というよりはお母さんと離れるのが寂しい、という感じだそうで、
ボール投げをしてても、ままごとをしてても、絵を描いててもご飯食べてもお昼寝しても「お母さんとしたい」
と言うそう。
向かいのホーム路地裏の窓こんなとこにいるはずもないのに、の世界。

な、何故そこまでこの自堕落でヒステリックで小太りな母さんが好きなのか…(最後関係ない)

ぶっちゃけ迎えに行って、足を縺れさせながら泣きながら走ってくる娘を見る瞬間は愛情爆発!という感じなのですが、その他の場面、夜泣きだったら昼間のべったりだったりはなかなか愛せず、というか心底鬱陶しく、どうかひとりにしていただきたい、しばらく暇をいただきたい、という具合です。

自分の都合で一時保育に預け、そのフォローもそこそこに鬱陶しがってるわけですからひどい母親ですよ。分かっている、分かっているけどしんどいの…。

上の子べったりの中、絶賛ほっとかれ育児をされている下の子は指をちゅうちゅう、頭をぐりぐりしながら勝手に眠り、上のギャン泣きで起こされ、正直その不憫さと健気さにこっちの方に愛情爆発!というか赤子の可愛さはずるいですね涎すら臭くないし全然飲める。飲めてしまう。飲まんけど。

イヤイヤがちょっと落ち着いてきて、こっちも産後のホルモンバランスやらがマシになってきて、二人育児にも慣れてきて、というところでこの事態、本当育児って修行だなっ!って痰吐きながら叫びたいです。

そして本日上の娘発熱、久々の好天の中どこにも出掛けられず詰んだーーーー!!!!!

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村

[PR]
by koto316 | 2016-05-12 11:29 | 育児 | Comments(2)
にっくきGWも終わりましたね(私怨)
みなさんいかがお過ごしでしょうか。
私はというとそもそもGWという野郎の存在を忘れており、ノリノリで児童館に向かったところ門が固く閉じられていて、あれ?祝日かな?(まだ気づかない)と思ってスマホのカレンダーを見たところで気づいた、という体たらくでした。
GWやんけー!!!叫びましたね。0歳児と2歳児のまえで。
2歳児は真似して叫んでました。やんけー!(悪影響すぎる)

さて、そんなGWナニソレオイシーノ状態の我が家でしたが、1日だけ旦那のやってる会社の人たちとBBQ大会なるものを楽しむことができました。

旦那、30代の仲間たちと会社をやってるのですが、まぁ役員全員揃いも揃ってお仕事ロボットでして。
日頃の罪滅ぼしもこめて妻子を交えてのBBQ大会となったようです。
乾杯の際に代表の人が「いつもご迷惑をおかけしております。しかし我々は自分の人生を充実させることに命を燃やしており、こういう生き方しかできないんだよね許してごめんね(笑)」的なことを言っていて、(だいぶ意訳)正直聞いた瞬間は

開き直りやがった!!!!!!

と思ったんですが(笑)、
あとから考えたらしみじみ勇気が湧いてきた次第。

そうだよねー、仕事とか育児とか、納税とか?最低限やるべきことをやった上でならば人は好きに生きていいんですよね。
子どもにとっても、あんたを育てるためにお父さんお母さんはこんなに我慢した、と言われるよりは好きに生きたわ〜って言われた方が絶対良いし。
私も好きに生きようと思いました(笑)
時間的制約がありすぎて難しい部分もあるけど、なんていうかマインドの問題として。

今は時間も自由もほとんどないけども、自分の時間が全くゼロ、というわけでもないし、
そのうち出来てくるであろう自分の時間に何をしたいか、今から探したり種まきすることは大事ねー、と思ったりして。
別に高尚なことじゃなくていい、今度カラオケ行けたときのためにセトリを組むとかでもいい(笑)飲みたいビールの銘柄をリストアップするとかでもいい。
死ぬときに「あー好きに生きた。楽しかった!ほなさいなら!」
って言えるように、楽しいことを探すことを諦めないようにしようと思いました。

もっと言えば、今やってる育児も自分がやりたいからやってるんだ、選んだんだって意識を持ちたいっすね。好きに生きた、の中に今やってることも含ませたいというか。いつか、ではなく今もう出来てるよ!って思いたい。
働かず、べったり家庭育児をしてるのも、2歳差で二人目を産んだのも、今地元にいるのも全部自分の選択の筈なので。(消極的選択も含め)

まぁ疲れたとか愚痴は盛大に言いますけどね!!
いきなりそんな根っから前向き人間にはなれん。
松岡修造じゃあるまいし。

そんな感じで、憎いながらも割と有意義なGWでした。

旦那多忙奥さんズの一人と連絡先も交換したしね!!私YDK!やればできる子!
多分生まれて初めてくらい自分から連絡先を聞いたんですがめっちゃキョドったわ。KYD!キョドちゃん!!(なにそれ)

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村

[PR]
by koto316 | 2016-05-09 09:38 | わたくしごと | Comments(0)

踊らにゃsong!song!精神でやっていきたい30歳♀。田舎暮らしに育児を添えて。@kotosuke316でついったもやってます。


by koto316