<   2015年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

来年の目標

2015年がギャー!!で終わるのも何なので…。

義実家にて娘の寝かしつけが完了しました。
あとはジャニーズカウントダウンコンサートまで起きていられるかが今年最後の課題です!

年末に体調を崩したこともあり、来年の目標は

心身ともに健やかな人になる

にしました。本当に健康の大切さが身にしみたので…。
あと心と体、奴らはやはり繋がっているな!と実感したので、第二子誕生でますます眠れない日々が続くと思いますが、何とか自分なりに心と体のケア方法を工夫していきたい。

具体的にはよく笑い、よく動き、よく寝て、一晩たったら嫌なことは忘れているようなカラッとした人に、
少しでもなれたらいいね…なれたらいいね…なれたらいいね…(晴れたらいいねのメロディで)

あとちょっと矛盾するのかもしれませんが、裏目標として

他人に期待しない

というのも掲げたいと思います。
まぁ他人というか主に対旦那なんですけど。
一から百まで分かり合おうとしない。
負の感情を受け止めてもらおうとしない。
色んな意味でちゃんと自分の足で立つ。

子育てはちょっとどやさというくらいしんどいけれども、それでもやっぱり自分の子どもが大好きなので、子どものためにも自分のためにももっと強くなりたいと思います。

もう旦那はいいや(笑)私が期待すればするほど事態が悪化していってる感じなのでね。
好きに生きたらいいし、別に私が言わなくても彼は死ぬまで好きに生きると思います(笑)

さて、体的にはもうこのまま寝てしまいたいですけど、えいやと布団を抜け出して、隣の部屋で紅白でも見ながら自分をねぎらいましょうかね。

皆さん一年間本当にお疲れ様でした。
来年もまぁ変わらず全然しんどいと思いますけど(笑)いっしょにがんばりましょう!

皆さんの2016年が愉快なものになりますように。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村





[PR]
by koto316 | 2015-12-31 20:52 | わたくしごと | Comments(0)

ギャー!!!!

年末のアレコレと年始の抱負なんぞを書いた記事を今うっっかり!!
消してしまいました…。

嗚呼…

早速コメントくださっていたすだちさん、本当にすみません…!また改めてお返事させてください…。
もうこれどうにもならんのかな。
大した日記じゃないけど凹むぜー。

と、とりあえず皆さん良いお年を…。

[PR]
by koto316 | 2015-12-30 20:38 | わたくしごと | Comments(3)
いや~なかなかのもんですね、イヤイヤ期。
うちの場合何故か「イヤ」はあんまり言わなくて「ダメ」なんですね。だからダメダメ期だねって言い方変えてもしんどさは変らんっちゅうね!

元々誰に似たのかよくしゃべるお子さんでしたが、最近の頻出ワードは「ダメ」「硬い」「痛い」「怖い」の四本でお届け。
ネ、ネガティブーーーー!!可愛くないいいーーーー。

お気に召さない食べものなどを、「硬い」と言いながら吐き出されたりします。
たまに本当に硬い時もあるのでその時は「すまんかった」と詫びます。
しかし硬くない時もあるのでその時は「硬くないやろがい」と大人げなく応戦します。

あと大して痛くない時も「痛い」って言います。
「あんま痛い痛い言ってたらほんまに痛い時に信用してもらわれへんで。オオカミ少女になるで」って言ってますけどまぁ通じんわな。

「怖い」はルンバとか自動でブーンって動くもの。
あとまさかのサンタ。
児童館で行われたクリスマス会に現れたリアルサンタ@中の人館長さんが怖かったらしい。
サンタさん来るかもよー?とか言ったらまさかの悉く怖がられるという罠。
ぷ、プレゼントくれる優しい爺さんだよ…怖くないよ…と力なくフォローするしかできない無力な母…。

あと主張がどんどん強くなっていきますね。
しまじろう、ワンワン、アンパンマンなどのぬいぐるみを持って来て、「こんにちはやって」とよく言われます。
私はぬいぐるみ片手に「こんにちは~。今日は寒いね!昨日はよく眠れた?」などのフリートークを強いられます。
いつでもどこでも、こういう風に応じないと烈火のごとく怒りだすわけですね。

まあこうして書いてみて、割に普通と言うかそんなひどくない感じはするのですが、
一日のほとんどを二人きり×1年9か月、そろそろ私も正直しんどい育児お花畑脳閉店ガラガラ状態になりつつあるのかなぁと。

本当は二人目出産を控えて残された母子二人の時間、もっと慈しみながら、一瞬一瞬を大切に…
みたいなテンションで暮らしたいのですが、何かね~余裕ないよね~。

子どもの相手を面倒臭いなぁと感じることも多く、つい家事とかに逃げがちなのですが、
そんな時にひとりで「トントントントンひげじいさん」とか歌って手遊びしてる娘を見てしまったら何か無性に健気に見えて「すまんかった!!!!!」って抱きしめたくなります。
ひとり手遊び卑怯な。めっちゃ可愛いし何か切ないしありゃ負けるわ。

というわけで、
めんどくせ~可愛げね~って思ったり、
何この子世界一可愛い!!ユーアーマイオンリーワン!!って思ったり。

心の中は上がったり下がったりのジェットコースターで大変忙しく、子どもが寝たら心底ほっとします。
皆さんおんなじですかね。

まあ相変わらず傍にいないとすぐ泣かれるんでこの時間もつかの間の自由ですけどね…。

子どもに対してイライラするときは、「こんなイライラして私二人も産んで大丈夫なのか?」とか一抹の不安が脳裏によぎったりしますが、あんまり深く考えないようにしています。今更どうにもならんしね。やるっきゃ梨本。
そしてもうすぐ年末年始ですしね。どうやら今年は旦那が去年より休めるみたいなんで、期待しています。
「トラブルがなければ」そんな枕詞聴きたくない!!聴こえないんだから!!!(猛ダッシュ)

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村

[PR]
by koto316 | 2015-12-26 21:22 | 育児 | Comments(0)

妊娠後期しんどすぎ問題

いや~こんなんでしたかね、妊娠後期。
何か一人目のときはつわり期がきつかった!!っていう記憶があったのですが、今は俄然妊娠後期!このしんどさを切々と訴えたい。

何か常時気持ち悪いしたまに腰は引くくらい痛いし体痒いし頻尿だし、
一歳児は容赦なく抱っこ~♪言うてくるし、一人目のときの重いものは持つな、みたいな風潮どこ行った!?!
一歳児むっちゃ重いんですけど!!米俵かってくらいの重量ですけど!!って感じです。まぁ仕方ないんですけどね。
思わず言ってしまいますよ。愚かなあの言葉。セイッ!!

早く産みたい。

むしろ出て来てからが地獄ってよーーーーくよくよく分かってるんですけどもね。
それでも思わずにはいられないこのマイナートラブルの総合商社具合。

もう全国の妊婦にホットミルクココアでも配りたい(今自分が飲みたいだけ)
皆お疲れ!!あとちょっと頑張って行こうぜ!!!

というかね、別に妊婦に限らず子育てって本当体力勝負ですね。
愛情とか知識とか環境とか諸々大事なものはありますが、一番は体力ではないかと思う今日この頃。
だって体しんどかったら何もできまへん。元気があれば何でもできる、しゃくれながら言う。

わたくし元々ガタイは良い割に体力がないんですよね~。
常々言及してるけど多分食べ過ぎなんだと思う。内臓フル稼働。あと眠り下手で睡眠の質が悪いのと、何でもかんでも気にしすぎ&考え過ぎてストレス過多なのと。

後ろ二つは禅とか座禅が何とかしてくれるのではないかと思っている。今も寝る前にやってますよ。座禅。
あとちょくちょく本も読んでいる。今読んでるのはこれ
食べ過ぎはもう単純にそんな食うなよって話であるが、これが一番難しいんですよ。多分ストレス由来ですしねぇ。

一応妊婦なんで極端なダイエットは出来ないまでも、今から食べるということに対する考え方を変えていきたいなぁと思い、こんな本を読みました。

スリム美人の生活習慣をマネしたら―1年間で30キロ痩せました― わたなべぽん

書いてある事、というかマネしたという習慣自体は割と普通のことなんだけど、その普通のことをやり続けるモチベーション維持をいかにするか、というところに着眼された本。
自分を美人と思い込むってのは愉快ですね。
しかし今スリム美人~とか思ってみても腹囲余裕で90超えてたりするんでいまいちなりきれません(笑)
しかし今のうちにこの精神を学んで産後に生かしたいと思う。
痩せたいというか、わては元気になりたいんや…いやそらついでに痩せられたら願ったり叶ったりやけど…。

妊婦しんどい話からダイエットの話に着地してしまいました。
何はともあれ心と体の健康維持は何より大事やで!ということで。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-12-23 21:25 | Comments(4)
土曜日は娘を実家に託し、大阪のお友達のところに遊びに行ってました。
大学時代の友達で、3歳の子持ちAと新婚Bのお友達。
頭の回転が早くて一緒に居て楽しい、しかし何でも言い合う、みたいなべったりな仲でもなく基本的にジャニーズの話ばっかりしている気楽なお友達で、私の中では一番会いたい二人かもしれません。

このたびAは第2子を授かったとのことで、めでたいやなめでたいやなという明るい気持ちになりつつ、思ったのは「幸せそうでいいな~」でした。

いやあんたも妊娠してますやん。

というツッコミが脳内に響きますが何ていうんですかね、その子の、旦那さんが毎日定時に帰ってくることだとか、仲間の中では一番早く出産したので4歳差でゆとりを持って産めることとか、良いマンション住んでることとか(笑)、5か月妊婦なのに大して太ってないこととか(元々スリム)、第1子に引き続きつわりがなかったらしいことまで、全部が羨ましい(笑)

一方Bは現在妊娠活動中(略せよ)とのことですが、大阪のど真ん中、超便の良いオサレなマンションに住んでることとか、未だに旦那さんと仲が良さそうなこととか、コンサートを求めて自由に飛び回ってることとか、やはりすべてが羨ましい(笑)

私は二人とものことが好きなので、この羨ましいは妬みというよりは、単純に「いいな~」程度のものなのでだいぶ気持ちが楽なのですが、これが相手がちょっといけすかない奴とかになると途端THE人間小さい四国代表の私は妬み始めるので、油断ならないのです。

でも、でもですね。

友達と別れて、さて娘の所へ帰るべっかと高速バスに揺られながら、突然思ったんです。

それでも私は私の人生しか生きられないもんなぁ、と。

当たり前すぎてびっくりするけど、でも確かにしっかりと、そんなにいやな気持ちでもなく、諦めとかでもなく、健やかにそう思った。
どんなに羨ましくても私はAにもBにもなれないんだ。

だったらそれなりに楽しむしかないよねぇ。
旦那がお仕事ロボットでも、毎日漠然とした不安と不満と退屈に押しつぶされそうでも、体しんどくても、実母にモヤっとしても、何でも。
自分で自分を盛り上げながら、ちょっとでも愉快なようにやっていくしかありませんよね。
って当たり前のことに気付けたんで良かったです。お友達よありがとう。

これで第2子誕生までの遠出は年末の義実家への里帰りを残すのみとなりました。
特にAとはしばらく会えないだろうし、寂しいけど、歳とって旦那が死んだら皆で有り金はたいて淡路島に家建てて暮らそうぜって話してるんで、その日を楽しみに頑張ります。

余談ですが、自宅に帰って今まで溜めに溜めた写真の現像に行ったら思ってたよりいっぱい家族の写真があって、何だちゃんと色々行って幸せ家族してるじゃん、とちょっと嬉しくなりました。写真て面倒くさいけどやっぱいいですね。面倒くさいけどね…。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-12-20 22:37 | わたくしごと | Comments(2)

ダメダメな日々

ダメ、ダメ、ダメ、ダメ人間ダメ!

筋肉少女帯の踊るダメ人間にのせてこんばんわ。kotoです。
いや~ダメですわ。この間おしまいの日状態である我が家の惨状を書きましたが、あれ以来ほとんど旦那と話してません。
いや別に無視してるわけじゃないんですよ。朝の一時間くらい、話しかけられれば応えるし、子どもの話とかはするんですけど、
自ら積極的にコミュニケーションをとる気になれない。

そんな中この間紹介した
怒らないで生きるには アルボムッレ・スマナサーラ (著), しりあがり 寿 (著)

を読みまして、本当に怒るのって有害なんだなぁとしみじみ思いまして、
イライラするのに疲れたというか、もう怒りたくないあまりに必要以上の接触を避けてしまっている。THE・氷河期です(笑)

でも全然修行が足りなくて、やっぱりイライラは募る、でも家にほとんどいない人間にそれをぶつける術がない、ていうかぶつけたくない、ぶつけるのすら面倒だ、子どもに当たるなんてもってのほか、ということで、ストレスのぶつけ先としてまあ何というか…

めっちゃ食べてます

クリスマス・年末年始というDEBUまっしぐらイベント2大巨塔を前にして
10㎏増えたぜイエーーーー!!!(第一回妊婦健診より)

この間間食としてチョコパイとシュークリームとあんころ餅と大判焼き食べてた日があって流石に引いた。全私が引いた。

そして虚ろな目で筋少を歌うのです。ダメ、ダメ、ダメ、ダメ人間ダメ!

旦那もただならぬ空気を感じているのかいないのか、少ない滞在時間を割いて自分の分の食器を洗っててくれたり(それまでは基本放置だった)、風呂掃除してくれたり、知らない間に靴を編んでくれる小人さんのように地味に貢献してくれているのですが、
そのありがたさを感謝する余裕が今の私にはない。皆無。いいから早く帰ってこいよという。

いや分かるんですよ。一応私も旦那の性格やら能力を買ってる訳で、だから結婚した訳で。
旦那が必要だというからには本当に必要だから働いているんだろう。今は旦那も私も頑張り時なんだろう。
もうちょっと色々軌道に乗って、人に任せられるようになれば…きっと…多分…普通の…家族に…な…ろう…よ…(福山)

そう思う、信じたい一方で、

いいよな~お前は、外に出て仕事してたら家庭でのアレコレを忘れられるもんな~私なんて一歳児相手に一日モヤモヤしてこのモヤモヤを誰にも話せずええぃブログに書いたるぅ、全世界に発信してやるぅ

とか思っている自分もいて。

朝の貴重な家族時間、娘の前で喧嘩とかはしないようにしているけれども、どうしたってご機嫌オーラは出ない訳で、
そういえば私の実母もいつも不機嫌オーラを出してたな、こんなんじゃ実母と一緒じゃないか、最悪だなぁなんて思ってしまってまた落ち込む訳ですわ。

そんな感じでダウナーな日々を送っています。
しかしながら今日娘を寝かしつけながら、この子だけは絶対に(親にできる範囲のところは)幸せにしたいでござる!!と
強く思ったので、まあなんというか、旦那とは仲良くせなあかんのだろうなあ…親が不仲で家庭の空気が悪いのが子どもにとって一番不幸だと思うので。

うまくまとまりませんが、明日は娘をえいやと実家に託して私は飛ぶ予定なので、思いっきり気分転換してきます。
ナンダカンダで実母の世話になっとる部分はでかい。
誰にも頼れないで一人で昇華してる人もいっぱいいるんだよな…せめて感謝できるところは感謝しよう。
それすら忘れたら本当にダメ人間っていうかただのクズだからァーーーー!!!

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-12-18 22:34 | わたくしごと | Comments(0)
春さんは、今日も帰ってこない

どうも新井素子です。嘘、kotoです。
上記はおしまいの日という小説の一節です。
10代の頃読んで衝撃を受けた作品。
読んだことないぜって方に簡単に説明説明すると旦那が仕事ばっかして今日も帰ってこないっていう話です(ほんとに簡単な説明だな)。

今我が家、完全におしまいの日状態。
今っていうかここ2年くらい。
で、最近丑三つ時だった帰宅時間が5時とか6時にずれ込むこともあり、私発狂寸前です(笑)

もうねー、寝てたら分かんないと思うじゃないですか?
でも私眠り浅くてね、かつ妊婦特有の体の痒みと親の仇のような頻尿で夜めっちゃ起きるんですよ。
だから大体旦那が帰ってくる時間も把握してるし、鍵の開く音も聞いてる。
前に二人目産まれたら早く帰ってこいよ話し合いがあって全面勝訴した旨ここでも書いたと思うんですが、一応生まれる前も、週一くらいで娘の起きてる時間に帰ってこいよってのと、なるべく12時とか、常識的な時間に帰ってくるってのを約束したんですがね…。

確かに一回20時に帰ってきた。
22時も一回。
あとは大概3時以降。娘が寝る前にっていうか朝起きてから帰ってきたこともあった。

春さんは今日も帰ってこない…。(旦那春さんちゃう)

こないだ娘が夜中に発熱したこともありイライラがピークに達して、無理矢理帰らせて呪いの言葉を吐き出した。

産前産後に助けるどころかほとんど家にいなかったこと、わて一生忘れんさかいにな、と地を這うような言葉で吐いた。

いやこんな似非関西弁使ってないけど。文面にしたら重すぎてちょっとお茶を濁してみたんだけど全然濁せてないね!むしろ澄み切った憎悪!

何でうちの旦那はこんなにお仕事マシーンなんだろう。何でサラリーマンから事業主にさせちゃったんだろう。旦那が毎日20時とかに帰ってきて、土日祝休みの仕事だったらどんなに気が楽だったかな。いやいたらいたで腹立つこともあるだろうし始めからそれが普通だったら何のアドバンテージにもならんのかな。

みたいなことをウダウダ考えてたら全てが嫌になって、うおーどっか行きたい、此処ではない何処かへ!白でもない黒でもない俺たちはGLAY!
と思ってじゃらんさんで今日娘と泊まれる近隣の宿を探すも、
結局値段とか娘の食事はどうするよ、とか明日親子教室のイベントが…とか考えるとひよってしまって虚ろな瞳でスマホを放り投げるのでした。

おしまいの日は確か旦那の体を心配しまくっておかしくなっちゃった主人公が、妊娠をきっかけに旦那に手紙を置いて姿を消すのですが、あの主人公は一人で子どもを産んで安らかに暮らせたのかな。

いや私はどこにも行きませんけど(笑)
安心してください、家にいますよ!(最近覚えて今更使いたい情弱)
子どもが起きたら買い出し行って飯作る!今夜はおでん!(いわくつきすぎる)

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村




[PR]
by koto316 | 2015-12-16 15:02 | わたくしごと | Comments(4)
つい先日育児順調♪ とかアホ面でぬかしといてなんですがごめん、撤回。

イヤイヤ期の幕、再び開くの巻です。

発熱とかもありここ数日疲れ果てて、旦那のいる今日は絶対一人になってやる!!と意気込んでたんですが、
冷蔵庫の搬入やら、子どもと一緒に寝ちゃったり、まぁ色々あってさっきやっと一人になれた。
おかしいな今日は図書館に行ってカフェでコーヒー飲みながらゆっくりと本のページをめくるはずが…。

でも図書館は家族で行きました。
子ども部屋的なもので娘を旦那に見といてもらって、マッハで8冊借りた。
最近寒いやら体が重いやらで結構久々の図書館で、「本だ、本がいっぱいある!!!!!」ってめっちゃ瞳孔と鼻の孔が開く感じがしました。
入った瞬間、本、並んでるぅ~って思ったもん。そら並んどるわ。本並んでない図書館とか嫌やわ。

そして子どもの絵本も5冊ほど。
手提げ袋が腹カチカチになる重さになったけど、幸せです。
やっぱり私、本が友達。だって人間の友達が少ないからね!〈哀しいね!〉
育児しながら本を読むと、煮詰まった脳が一時別世界に逃避できるのでたまりません。
まぁ子どもが起きてる間はほとんど読めないですけどね。といいつつ読んでますけどね、秘儀泣く寸前でページ閉じるの術。

多分誰も興味ないけど借りた本リスト

1、3月の招待状 角田光代 
多分これも読んだことある気がする

2、刺繍する少女 小川洋子
小川さん好きなんです

3、夜明けの縁をさ徨う人々 小川洋子
多分これも読んだ以下略

4、もういちど村上春樹にご用心 内田樹
今度村上さんの短編がアマゾンさんから届く予定なのでそれに合わせて

5、怒らないで生きるには アルッボムッレ・スマナサーラ しりあがり寿
ご存知永遠のテーマ。かつしりあがりさんの名前に惹かれて。

6、うまくいく夫婦、ダメになる夫婦の心理学 加藤諦三
死活問題。

7、ふむふむ、教えてお仕事! 三浦しおん
世の中には色んな仕事の人がいるもんだなぁと思って。(小学生か)

8、ごく普通の人でも資格を取ってきちんと稼げる本 横須賀てるひさ
私の焦燥感が手に取るように分かるチョイス。
うまくいく夫婦~以上に旦那には見られたくないぜ!(恥ずかしいからね)

調子に乗っていつもの倍くらい借りてもうた。
チキチキ育児しながら2週間で8冊本が読めるかレースの幕開けです。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-12-13 23:36 | | Comments(4)
最近育児が何となく上手くいっているのは私が無私の精神のかけらを手に入れたからで、
感覚をなるべくぼんやりとさせて我欲を小さくしていけばイライラすることも少ないもんだなぁなんて思っていたのですが、この本を読んでたら急に色んな欲求が出てきて何ていうか失敗した。読むんじゃなかった。面白かったけど。

太陽と毒ぐも 角田光代

旦那の実家の近くにブックオフがあり、帰省の際には歩いて店まで行き一人でゆっくり本を選ぶのが私の楽しみで、これはその戦利品。108円也。
角田さんの本はほとんど読んでいて、多分これも読んだことがありそう、と思いながら買ったけど案の定読んでた。
でも多分初めてこれを読んだ頃とは全く違う思いで読んだと思う。

もうね、羨ましいったらないんですの。
短編集ですが出てくるのは全部どうしようもないカップルで、風呂に入らない彼女を持った男の苦悩とか、
異常に買い物をしまくる彼氏と暮らす女とか、万引き癖が治らない彼女と暮らす男とか、
どっか偏狂的な癖を持った相手とどう折り合いをつけようか、もしくは離れようか、と考えている男女の話。
良い意味でしょーもない話なんですよ。しょーもない人しか出てこなくて、みみっちい閉塞感があって、それが妙にリアルで。もう大好きな類の話なんですけど、思ったのは

くそ~こいつら自由でいいな、だった。

相手と別れるも自由。妥協して呑み込んで関係を続けていくのも自由。
酒飲むのも自由仕事休むのも自由ご飯食べに行くのも食べない選択も自由。

あーー羨ましい、って多分これを初めて読んだときには感じなかった感想を抱きました。

最近午前中は娘とどこか出かけて、帰って昼ごはん作って食べさせて昼寝させて、もしくは午前中の帰りに娘が寝ちゃったらそのまま寝かせて昼ごはん作って、小一時間は一緒に昼寝して起きたら3時とかなんでそのまま2時間くらい家で遊んで夕飯作って風呂洗って…みたいな判を押したような生活を続けており、
そんな中で娘はどんどん成長していって言葉も増えて変化があって可愛いから何とかやっていけるんですが、
今回この本を読んでかつて私にも自由でしょーもない日々があったことを思い出してしまった。
みみっちくて誰に相談する気も起きないような閉塞感を抱えた愚かで楽しい日々を思い出してしまった。

あーーー天満で酒飲んでベロベロになった足でジャンカラ行って酒焼けした喉を痛めつけるが如くglobeとか歌いたいなぁ…。

話はちょっと変わるんですけど以前このブログ記事を読んでまあ一理あるかもなぁとか思ったことがありまして。
何か割と炎上したみたいだけど表現の問題であって、子育てがうまくいってない人は~ではなくその逆(~と思ったら子育てはうまくいくよ的な)にしたらそんな文句言われなかったんじゃないかな?と思ったりしてたんですが、最近何となく順調に感じていたのもこういうことなんだろうなぁと思う。
やっぱ自分の欲求が出てくると子育てはどこまでもしんどいですわ。

うまいことそういうのを捨てられるとなかなかにやりがいのあるものだと思うんですけど。
で、捨てられる日もあれば捨てられない日もありますね。今日なんかは捨てたと思ってたものをうっかり拾っちゃった日。

そういうのをどっちつかずで繰り返しながら、気付けば子どもが大人になってて親としての自分は用無しになるんでしょうね。そういう中途半端でどっちつかずな、劇的ではない感じが私の理想かもしれません。
人生の主役云々でいうと、一応私の人生の主役は私ってことになってるんですけどどうすっかね?結構食われちゃってる感ありますけど…まあその辺ゆるく臨機応変にやっていきたいですねへへへ…みたいな。

何かいつにも増して分かりにくいけど思ったことを書いてみた。

皆さん今日もお疲れ様です。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-12-10 21:31 | | Comments(4)
こんばんは。

今日はとあるイベントがありまして、一日実母と娘と親子三代で出かけておりました。

そこで感じたのは、やはり私は実母が生理的に苦手なのかもしれない…いやストレートに言よう。
私がこの世で一番嫌いな女は実母なのかもしれない…と思った、みたいな世知辛い話を今からします。
楽しくない話題でごーめんなさいよう…。

別に大きく何か揉めたとかではなく、それは車の運転の仕方だったり、(何故このタイミングで車線変更する?とかそういうの)
飲食店でバンバン箸とか備品を使うところだったり、
私の選んだ店はほとんど小さく遠慮がちにdisる(また実母は料理が下手だから勘に触る)
関係ないところで小さく自分の旦那を持ち上げる話を盛り込む(実母は私が成人してから再婚したため実母の旦那は私には他人のおっさんです)

だとか

ものすごくしょうもない些細なことであって、
もっと言えば迎え舌する食べ方が何か嫌、とか
変な服着てるなぁとか
電話の時だけ声変わりすぎだろ とか

もう本当に生理的といえるレベルでも、嫌悪感を覚えてしまうのです。

昔は私にとって実母はいつ爆発するか分からないヒステリック母さんであり、
いつも実母がキレないように気を張っていて、お蔭で今でも機嫌の悪い人とかめっちゃ苦手なんですが、
高校生くらいかな?私がそれなりに弁が立つようになり、親の人間性みたいなものも客観的に見えるようになってからは徐々に立場が逆転し始め、大学進学で県外に出ることで親元を離れ完全に親離れし、
そのタイミングで実母も再婚したのであぁこれでおかんの世話はしなくていいんだってなんかちょっとホッとした部分もあって、離れている間はまあまあ良好な関係を結んでいたのですが。

こっちに帰ってきて、ちょこっと私が家業を手伝って、同じ仕事をしたことによって私の嫌悪感はMAXになってしまい、子どもを産んで仕事を離れてまたそれもマシになりつつあった今日この頃、たまに出る同居の話なんかも疲れてる時は「それもまたアリか…?」なんて揺らいでしまうこともあって。

でも今日確信した。やっぱり私と実母は何か合わない。
つかず離れず、距離感を保つことが何より大事だと。
大切にしたいからこそ、そんなに距離を詰めてはいかんと。

実母に対しては私本当に嫌な女で、時々別にそんな細かく突っ込まんでも…って自分でも思うくらい辛辣なんですよね…何か彼女の一挙手一投足、目に入るものすべてがイラッとするというか。
普段はそんな自分を隠してなるべくマイルドに優しく、嘘くさいなって思うくらいいたわりの言葉をかけたり、
何かしら贈ったりしてるんですが、何かちょっとしたときにすげぇ鬼が出る。私の中には鬼がいる。対実母にだけ鬼がいる。

怖いなぁって思います。
自分が実母に対して冷たいことを思うたびに、私も娘にこんな風に思われる日が来るんかいな、って。
心底怖くなる。
いやいや私は実母よりはまともな人間だし?って思ったりすることもあるけど、こればっかりは相性だもの。
娘が実母寄りのタイプだったら…?とか考えるとどんな怪談よりも怖い。
二人目が娘だと分かって、まぁ二人いればどうにかなるかな…ってちょっと気楽になった部分もあるけれど、
やっぱり私にとって母と娘というのはずっと、何となく油断ならない、こわーーーい間柄です。ほぼ自分が悪いんだけれども。

自分が自然体でやっていることすべてが娘に否定される、(もちろんほとんどは隠してるつもりだけど気付いているかもしれない)実母も可哀想だな。
私を産んだ時はこんな風な関係なんて想像しなかっただろうな。
私もいつか娘の態度からかつての自分を感じ取ることがあるのかな…。

あかん、ブルーになってきた…。

考えてもどうにもならないことは考えるべからず。

今日のところはそんな感じで、おやすみなさい。
すみませんね全く愉快な話じゃなくて。落語でも聴いてから寝て下さい(他力本願)

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-12-09 22:41 | わたくしごと | Comments(4)

踊らにゃsong!song!精神でやっていきたい30歳♀。田舎暮らしに育児を添えて。@kotosuke316でついったもやってます。


by koto316
プロフィールを見る
画像一覧