人気ブログランキング |

<   2015年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

その逆か。卵が先か鶏が先か。

何でしょう、「見える…イヤイヤ期の扉が見える…!」って状態だった娘さんの機嫌がここ数日何だか良いです。

ひとりでずーーーと喋ってて、面白かったこととか何回も何回も繰り返してケラケラ笑ってます。
何この天真爛漫。

今日お昼寝の後、「あー今日の晩ごはん何しようかな~」って独り言言ってたら

「○○ちゃん、(自分の事)ごはん、だーいしゅき!」

と言われました。お、おお…何かめっちゃ喋った。ついでにジャンプした。

なんだよ天使かよ、と思ってとりあえず強く抱きしめておきました。

その割に今日の晩ごはんのメインは納豆ごはんだったけどな。
納豆ごはんが異常に好きで、とりあえず納豆ごはん出しとけば機嫌のいい娘、プライスレス。

里帰らないことを決めて、旦那に言いたい事も言って、珍しく私がウジウジ悩んでいないこのターン。
娘も機嫌が良く、家の雰囲気はとても良いです。っていっても構成人数二人ですけど。ナンダカンダで旦那の深夜帰宅は続く。
でもまぁ、産後しばらく協力してくれるからまいっか、というテンションになってます。
今のところはな。(不穏な文字のでかさ)

私の情緒が安定しているから娘が安定したのか、娘が安定しているから私が安定したのか、
よく分からないですけど束の間のこの平和な時間、堪能したいと思います。

あー娘かわいい。(合言葉)

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
by koto316 | 2015-11-27 21:48 | 育児 | Comments(0)
昨晩、ベストアーティストを横目に旦那と話し合いました。
途中ジャニーズメドレーが始まったりして心ここにあらず状態を隠すのに必死でしたが、何とかまとまりました。
結果、全面勝訴です。(どーん)

産後一ヵ月、上の子を風呂に入れるために遅くとも20時頃までには帰宅してもらうことになりました。
その後は家で仕事、寝かしつけ後も夜泣き等あれば随時協力を賜る。

何か一方的な要求を全部さらさらと飲みこまれた感じで、そこに旦那の意思のようなものをあまり感じなかったのが不満というか不安?え?本当にいいの?みたいな感じではあるんですが、
まあやってくれるというのだからありがたいです。素直に甘えようではないか。

で、話はまとまりつつも実は私の中でまだ迷いがあって、実母、張り切ってるんだろうなぁ…里帰りしないとか言ったら拗ねないかなぁ…とかウダウダ思ってたんですが、実母の方もいやにあっさり、旦那さんがそう言ってくれるならそっちの方が良いね!と返してくれまして。

まぁ常々旦那のお仕事マシーンっぷりと私のイライラを横で見ているので、実母も思うところがあったのかな、と。
懸念していたようなことは何もなく、晴れやかな気持ちで里帰らないことを決定することができました。
何事も案ずるより産むがやすしですね。後は上の子を寂しがらせないように私が頑張るのみ。

そして思ってたより自分が実母のことを気にしてたんだなぁと気付きました。
あっさりそれもいいねと言われてめっちゃ安心しましたもん。
もう十分自立して、親になんて左右されない自分の道を歩いてきたつもりで、
まだ子供の頃の親の顔色を窺うようなところが自分にも残ってるんだなぁと。
実母が機嫌よく了承してくれてめっちゃホッとしたもんな。子どもの事とか気にしてる風でいて、一番気にしてたのは親の反応だったという。そんな自分にびっくりしました。ハァーびっくりしたなぁもう。

旦那については色々話しながら、やはり私は寂しかったのだと合点がいきました。
色々理屈こねて正論風にしてたけど、言いたいことは「もっと私に構え」「もっと私を褒めろ」だった(笑)

それに気づいたら楽になりました。
多分私は寂しさを怒りにすり替えてプリプリしてただけだった。
思ってるほどまだ旦那の事も嫌いじゃなさそうだ。
一時はマジ離婚したろかいというところまで思い詰めてたけど、これなら何とかなるかもしれない。

まぁ多分また懲りずに怒るんでしょうけど、この気付きは貴重でした。
やっぱ育児は孤独ですわ~。
特に私は友達もいないし(地元なのにな!それは完全に自分の人間性の問題)、10年ぶりくらいに帰って来た土地で初めての育児で、唯一の友達みたいな存在の旦那が全く帰ってこないし、そら孤独にもなるわな。

それに気づいてからは、といっても今日一日ですけど、気分が下がりそうになるたびに「まあ私寂しいんだししゃあない」と思ったら逆に気楽になる気がしました。
子どもが可愛くないんじゃない、育児が嫌なんじゃない。ただ寂しいだけ。イッツシンプル。
だからって寂しさがなくなるわけじゃないんですけど、寂しいなら仕方ないよねHAHAHAってちょっとだけ浮上するんですよ不思議と。
孤独を怒りにすり替えない、これが今後の私の育児の大きなテーマになりそうです。

そんな感じで気付けば妊娠も8か月。めきめき腹も出て体重も増えており、そういえば体重増加の記録途中で書かなくなったけど現状+8.7kgで前よりはマシな感じです!前はお前にクリスマスも正月もないと思え的なこと先生に言われたけど今のところ言われてないし。
だから遠慮なくクリスマスも正月もやってきてくれていいよ。でかい冷蔵庫買って待ってるからね!!って何の話だ。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
by koto316 | 2015-11-25 21:43 | わたくしごと | Comments(2)

話し合いリスト

明日旦那が出張から帰ってきます。
最初いつ帰ってくるのかすら曖昧で、その確認も私から、さらには火曜には帰るの?の質問に帰るよ!としか返ってこず、
いやいや飯はいるのかとか何時頃とかもっと必要な情報あるやろがい…

と思わずイラッとしてしまったのですが、いかんいかん。私は寛容になるのだ。

とりあえず諸々情報を下さい、と返信しておきました。

今夜は実家におりますが、やっぱり明日から自宅でマイペースに過ごせると思うと嬉しい。
ほなはよ帰れよという話なのですが。

旦那が帰ってきたら話し合って、まだ分かりませんが里帰りはしない方向でいけるように進めたいなーと思っています。そのためのドゥドゥ、というかお願いリスト。

1、冷蔵庫買ってくれ
食材の買いだめが必要になると思います。
生協の食材セットも利用したい。
我が家の冷蔵庫はまさかの一人暮らし用。
ごまかしごまかし使ってましたがもう潮時じゃろう。
機能性とかそんないらないんでとにかく沢山入る冷蔵庫が欲しいです。

2、産後1ヶ月は上の子を風呂に入れに帰ってきてくれ
下の子が出てくる2月、シャワーはきつかろうと思います。実母がある程度来てくれるとは思うけど、真冬に風呂入ってもらって帰ってもらうってのもな…。
上の子が新生児だった時は一回しか沐浴してない旦那、ここらでいっちょ風呂育児におけるスタメンに躍り出てもらいます。

3、寝かしつけの時には家にいてくれ
風呂に入れたらまた仕事に行く、とか言い出しかねないので。
先陣を切った友達の話とか聞いてると、やっぱ鬼門は寝かしつけのようですね…。
私何となく子どもって子どもの声では起きないのかと思ってたんですが、友達のところは赤ちゃんの泣き声で上の子が起きちゃって大変らしい。
そんな時に一人とか…絶対私も泣く。
よって寝かしつけ以降は別室で仕事しててもいいから家にいてね、とお願いしようと思う。

4、朝ご飯作ってくれ
夜中がカオスだと絶対オレ、朝死んでる。
できればでいいから作って欲しい。
まぁパンだけで済ますとかでも全然ありかと思うのでこれはサブでいいかな。できれば、という範囲で。

多分1は余裕、23あたりが毎日は難関かと思います。でもせめて1ヶ月くらいは頑張って欲しい。頑張ってくれ。いや頑張れよこの野郎。

もう遠慮はしない。
寛容かつ押しの強い女にオレはなる!(ルフィの声で)

by koto316 | 2015-11-23 21:39 | わたくしごと | Comments(8)

反省したこと

私、他者に対して厳しすぎ、求め過ぎでは?

昨晩在宅仕事を終わらせて実家に向かう車中でふと思いました。
なんかもっと寛容というか、愛のあるハートフルな人間になりたいなぁ。
30過ぎて未だジャックナイフですもん。ジュニアさんも丸くなったというのに。私の心の師匠(幼少期のバイブルは『遺書』)、松ちゃんなんて子どもできてからもはや優しいおじいちゃんですよ。
なのに私の頭の中は罵詈雑言でいっぱい。
ロクな死に方できる気がしねぇ。

育児を初めてだいぶ気が長くなったな~と思っていましたが、それは対むすめ限定であった…。
むしろ娘にぶつけられないストレスを周りの大人に向けているような…。

何かの本で読んだんですけど、怒りでカッとなったとき、「私は怒っている」って頭の中で唱えるだけでだいぶ違うんですって。
やってみようかな。
たとえば前を行く車が指示器を出さずに車線変更しやがった、とか、ちっさい怒りも含めたら一日でめっちゃ怒ってるからこの言葉を唱える機会には困らなそうだ。
すぐイラッとするし器が小さいのも嫌だな~。

先日児童館にて、私娘の鼻水対策にティッシュ箱で持ち歩いてるんですけど、多分施設のものと勘違いしたんでしょうね。
知らないお母さんがそのマイティッシュをガンガン使っていて、「それ私のです」が言えなくて、でも「使ってくださいガッハッハ」って気持ちにもなれなくてあーーーー自分小さい!ケツの穴が小さすぎる!!だから便秘なのか!!!(ちがう)

ティッシュ、ガソリンスタンドでタダでもらってるし、むしろ手元に置いてない私が悪いし、どうしても気になるなら言えばいいのにもーーほんと私のうんこ!!!

30過ぎてもこのウジウジ具合ですよ。40にして惑わずとか無理やろ。無理やけど頑張りたい。惑わない四十路を目指して頑張りたい。私も松ちゃんみたいに優しいおじいちゃんになりたい(色々違う)

そんなことを考えています。ひとまず身内に対する感謝から。
娘と遊んでくれてありがとう母よ。一生懸命働いてくれてありがとう旦那よ。私なんかの娘でありがとう娘よ。
海よ~俺の海よ~。(若大将)

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
by koto316 | 2015-11-22 11:24 | わたくしごと | Comments(0)

実家より一時帰宅にて

ご無沙汰しております。
来週までぶっ通しで実家に泊まるつもりだったんですが、昨日から一時帰宅しております。
何かねえ…やっぱ落ち着かないんですよね~ひとんち。家を出て十数年、もはやひとんちですわ。
昼間は仕事で大変なのに出来る範囲でよくしてもらったと思うのですが、何か落ち着かなくて。

自宅に帰って来て、たまってた洗濯ものとかバーっと畳んで洗って干して、園解放連れって昼ごはん作って食べさせて昼寝させて買い物行って夜ごはん…といういつものタスクを一つひとつこなしていくうちに何か生き返った気がした。
結局私は一人で、自分のペースで淡々と物事をこなしていくのが合ってるんだなぁと思ったりしました。
常々育児を孤独だ孤独だと思ってましたけど、実はその孤独は自分が引き寄せているものなのでは?みたいなね…。

っていうか実家やっぱ汚いんですよ、無礼を承知で言う。おかんごめん。見てないと思うけど(見てたら怖い)ごめん。
何か布団とか臭いし(笑)電池とかその辺転がってるし、冷蔵庫のものは結構な確率で賞味期限切れてるし…。

これ二人目出産後の里帰りも最高の余地ありでは?!とか思うんですが、
ただ娘はいつもと違うにぎやかさが凄く楽しそうではあって、やはり子どもに構ってくれる人が一気に3倍(おかん、おかんの夫、私)になるわけですから、その辺のありがたさは染みました。空いてる時間に本も読めたし。

子どものためを考えたら帰った方がいいんだけど、私は割と自宅にいたいかもしれない…。

まぁこんなん悩めるだけありがたいですね。嘘、本当は悩まないでサクッと帰れる人羨ましいとか思ってる。
相変わらず隣の芝は蒼いけど、私の芝だって誰かから見たら蒼いかもしれないのであるから、
それを胆に銘じて謙虚に生きるのみである。以上。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
by koto316 | 2015-11-21 12:38 | わたくしごと | Comments(2)

やっぱり働こうかしら

娘を寝かしつけ、在宅でちょこちょこやっている仕事をしていたら、娘が一人で寝室から出てフラフラと私を探しにきました。
暗がりに泣きもせずたたずむ一歳児。
正直めっちゃ怖かった。悲鳴出そうになったわ。
でも愛おしいぜ。起きたらお母さんがいなくて、ひとりでベッドを降りて探しに来てくれたのね…(涙)
添い寝したら安心したようにすぐ寝ました。
あーーーー娘ダイスキーーーーーー!!!


と無駄にでかい字で娘への愛を叫んでみましたが、きのう書いたMONMONは一日経っても消えず。
今の所やっぱり働いた方が良いんだろうなぁという結論に達しています。

自ら激務の渦へと飛び込んでいく旦那。
自営だしある程度は自分で調整できると思うんですけどね…。
正直ここ数年ずっと、すだちさんのコメントを借りれば「年末の芸能人か?」みたいな働き方をしている旦那をみていると不満もあるけど不安が大きくて。
こいつそのうち過労死するのでは?と思って幾度となく、手を替え品を替え働き方の調整を訴えてきたんですけど全然変わる気配がないし。
不安はイライラになり、イライラは時に諦念、時に絶望となって私のテンションを下げ続けてきたように思います。
知ってる?もう私一週間くらい無言の訴えとして結婚指輪つけてないんだぜ!!(知らない)
昨日はそっとこのをリビングにおいてみたし。
まぁ旦那全く気付いてないけどHAHAーーー!!!(笑えない)

ほんとあるときには離婚も別居もちらつかせたし、育児ノイローゼの可能性も訴えたんですけどね。
響かないことコンクリートの如し。

もうこうなったらこの「旦那が過労死したらどうしよう?」を
「旦那が過労死しても別に大丈夫!」に変えるしかないよね。それには私も働いて稼ぐしかあるめぇてやんでぃ。(何故急に江戸っ子)

旦那に何かあっても、ある日私がぷっつんきて別れてしまっても、
最悪ひとりで2人の子どもを養える仕事…敷居が高いぜーーーー。

今まで広告とか出版編集関係の仕事をやってたんですが、如何せんやる気なしおだったため大したスキルもないし…田舎じゃこの手の業種限られるだろうしなぁ…。
公務員…ゲッ倍率25倍?!ムリーーーーー!!!とか一日詮無いことを考えてました。

今できることといったら、まぁ何らかの資格をとったり勉強するか、再就職に向けた人脈づくりくらいのもんですが、暇な脳を駆使して、一生懸命考えたいと思います。

でも本当、娘の寝顔を見ながら思うのは「うおおおお子どもが一番だいじーーーーー!!!」

ってことだな。

働いてようが家にいようが、母さんニコニコで父さんと仲が良いのが子どもにとっては一番なんだろうな。
そのニコニコのために母さん働きたいと思っておるのだがどう思うね?

安心したように眠る一歳児とグリングリンえげつないくらい臓器を抉りながら動く腹の中の子に問いかけてみますが、
答えは闇の中でありんす。南無。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
by koto316 | 2015-11-14 22:51 | わたくしごと | Comments(6)
13日の金曜日ですね。今月も半分ですよ。そして週一のお休み日曜日まで一日を残して私のエナジーももう尽きそう。
今週は毎日午前3時頃帰宅し5時頃布団に入ってきて、9時頃起きて15分ほど子どもと交流したのち仕事に行く旦那ですが、来週からは一週間海外出張です。

私と娘は実母からの強い勧めにより、里帰りの予行演習がてら一週間実家に帰る予定です。

なんだかな~なんなんだかな~。

今日はずっとMONMONとしていて、頭の中でずっと「仕事しかしない男は滅びてしまえ」と呪いの言葉を吐き棄てておりました。怖いわ。
頑張って期待を捨てて悟ろうと日々努力してるのにふとした瞬間にドロッドロした怒りに呑まれそうになる。
そのたびに自分の人間の小ささが露呈されて嫌になります。

実家も帰りたくないな~だったら帰らなきゃいいんだけど、疲れて娘に当たるのも嫌だな~。
じいじとばあばといれば私と二人きりより子どもは楽しそうだしな~。もんもんももーーーん。

やっぱり私も仕事をするべきかな。
家にいるとロクなことを考えん。
しかし娘とある程度までjは一緒にいたいし、っていうかもうすぐ出産だよ向こう一年は就活できんだろうよ。
こんな田舎で子持ちで仕事見つかるかな~都会に帰りたいな~でも空気汚いのと治安が悪いのは嫌だな~。

みたいなことをうだうだ考えています。バ・イ・オ・リ・ズ・ムが下り坂っハイッ!!


頼れる実家があるだけマシ。
旦那がちゃんと働いてくれるだけマシ。
家があって夜露がしのげるだけマシ。
借金がないだけマシ。
車があるだけマシ。
こうやって愚痴る手段と時間があるだけマシ。

沢山の消極的肯定も、特に気分を高めてはくれない。ああこんなときに魔法の飲み物(ルービー)が呑めれば…!!(人生基本それで何とかしてきた女)

とりあえず夕食の後キッチンで飲み干すようにチョコパイを食べました。
めっちゃ美味かった。もう私は甘いものしか信じないぜ!!って思った。


そんな冴えない一日でした。低気圧のせいかしら。明日は晴れるといいですね。デパートにちょっといいチョコでも買いに行こうかな。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
by koto316 | 2015-11-13 20:59 | わたくしごと | Comments(4)
表面上は割と穏やかに過ごしておりますが、最近キレる夢をよく見ます。
相手は大概実母。その次旦那。今日は離婚するーーーー!!!ってキレてる夢を見た。

いや別に何もないんですけどね。
最近娘のばあばフィーバーが凄くて、よく仕事帰りに立ち寄ってもらってるし、
旦那は仕事が立て込んでるのか布団に入ってくるのが朝の5時とかで、ほとんど会話してる時間もないんですけどなんか私も結構諦めの境地というかそこまで気にならなくなってきて。
まー仕事したいならすればーーでもお願いだから死なないでねって感じでほわほわと、過ごせていると思ってるんですけど。

夢の中ではめっちゃキレてる。これいかに。

もしかして今週毎日実母に会ってるせいかもしらん…とか思ったり。

実母は孫全力ラブ、身内ラブで全然悪い人じゃないんですが、
なんていうんですかね、多分私と女同士としての相性があまり良くない。

クラスメイトだったら絶対に友達になってないだろうなーーーというタイプで、どっちかというと皮肉屋で斜めから物を見る、教室に隅っこにいそうな私に対して、彼女はヒロインタイプ。
軌道哀楽が激しくて、どっか喋りとかも芝居がかってて常に自分を演出しているような、 舞台女優のような人なんですね。
分かりやすく言うと宇多田ヒカルと藤圭子みたいな。我々の場合どっちも凡人なんでもっと救いようがないですけど(笑)

それでここ数年で薄々気づいてたんですけど、どうやら私は実母がちょっと苦手なようだ。
ちょっと普通の家庭というには歪だったけど、愛情はたくさんもらった。
それについては感謝もしており、離婚してからずっと社会で働いてきたということに関しては敬意も示せる。
でもなんかこう、根っこの、生理的な部分で合わないんだよなぁ。

私も娘がおるもんで、いつか自分の娘からこう思われるのかなぁとか思うと割に恐怖なんですが、
さらに娘が実母にそっくりだったらどうしようとか思うとホラーでしかないのですが、(現状めっちゃ仲良しやし。いやありがたいんですけどね)
それはそれで受け入れてやっていくしかないんだよなぁと思ったり。

あとこのたび二人目も娘ということがほぼ確定して「まあ二人おったら執着も分散してなんとかなるやろ」というある種の気楽さも生まれたりして、そこまで深刻ではないのですが、うーーーん母と娘というのは難しいよのうとたまに思ったりします。

一人目のときはやらなかった里帰りを二人目ではやる予定であり、(いうても車で15分くらいの距離なんですけどね)
そのプレッシャーみたいなのもあるのかなぁ…。

あんまり考え過ぎると、
唯一頼れるのがこの人だなんて→ああもっと旦那に頼れたら…→そもそも私は旦那と子育てするために子どもを産んだのであってだな→実母と子育てしたいわけじゃないのに→くそー旦那め…

みたいな負のスパイラルが生まれてしまうので、この件についてはごまかしごまかし、不安や不満は一旦老いといて、感謝は忘れずにやっていきたいと思います。

ちなみに親子関係がピークにしんどかったときに読んだ本。

母がしんどい

母と娘はなぜこじれるのか

こういうのを読むとうちはそこまでじゃないなぁ、別に毒親とは思ってないんだけどなぁ…って思うんですけどね。


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
by koto316 | 2015-11-12 22:38 | わたくしごと | Comments(4)
ツイッターの方には書いたのですが、本当肝が冷えたので自戒をこめてここにも。

今朝娘に締め出されました。
児童館に行こうと玄関まで行って、娘に靴を履かせて自分はベビーカーを開こうと外に、その時軽い気持ちで玄関のドアを閉めたのが間違いでした。
ベビーカーを開いて、さてさて今日はすんなり乗ってくれるかね、と娘を迎えに行こうと踵を返したその時。

ガチャッ。

ん?…ガチャ??

数秒後、顔面蒼白になってドアを叩きました。

ちょっと、開けて!開けて娘ちゃん!!

うちの鍵は上下に二つ付いていて、どうやらその下の方の鍵を娘が締めてしまったようなのです。

財布、携帯、車の鍵、全て家の中。家には娘のみ。
私の手には空のベビーカーのみ。OH神よ…。

私の気迫にただならぬものを感じたのか、娘がギャン泣きし始めてさらに焦る。
旦那は20分ほど前に仕事に行っていたので、今なら引き返してもらえるかも。
とにかく電話…電話や…頭を抱えながらアパートを見渡し、同い年の子どもがいて何回か話したことのあるご近所ママさんの家の呼び鈴を押す。が、ママさん出ず。
ハァーどぼちようーーーーーーー。ドアの向こうからは勢いを増す一歳児のギャン泣き。31歳児(児ではない)も正直泣きたい。が、泣いている場合ではない。

ふと音のする方を見ると隣の敷地で朝から工事に励むおじさま方。誰か…誰か助けてください…。

山田孝之もびっくりのセカチュー風を吹かせながら(古いわ)フラフラとおじさま方の元に駆け寄った私。

「どっどなたか携帯を貸してくださいませんかっ子どもがカギを閉めてしまって…!!」

切羽詰まる女の叫びにひとりのおじさまが携帯を差し出してくださって、(パニックの頭でぼんやりとピンクのガラケーや…って思った。ピンクのガラケーが何や)必死で旦那の番号を思い出す。
旦那は10年くらい番号を変えておらず、また覚えやすい数字なので何とか電話をかけることができる。
も出ない。出ない!何故出ない!WHY何故に!!!!

理不尽な怒りで頭がいっぱいになりながら、おじさまに断って携帯を借りたまま家の前まで駆け寄らせていただく。めっちゃ娘泣いてる。そらそうだ。多分数分は一人にしてたし。すまんのうすまんのう…と思いながら実家にかける。出ない。WHY何故に!!!!!(仕事だよ)

結局半泣きになりながらかけた2回目の電話で旦那が出て、「帰ってきて今すぐに!!」というアメリカラブコメディのやたら強気の女みたいな倒置法を用いながら旦那を召喚して事なきを得ました。

鍵が開いて、顔グシャグシャにして駆け寄ってくる娘を見た瞬間、

正直その倍くらいのテンションで私も泣いた。

旦那多分ちょっと引いてた。

一応旦那に繋がった時点で携帯を返すときにおじさまにお礼を述べていたのですが、娘救出後はなんかもうグシャグシャすぎて再度お礼を言いにいくことはできなかった。ので旦那に頼んだ。おじさま本当にありがとうございました。
いつも工事うるせーと思ってすみません。これからは娘の昼寝中にいつもMAXになる工事音を合掌して聞かせてもらいます。本当にありがとう。こんなところで言ってもしょうがないけども。

結局午前は児童館にも行けず呆然自失で過ぎていき、(娘は早々に立ち直ってしまじろうDVD見てた。子どもはすごい)
午後からは友達との約束をまるっと忘れていて業務連絡のLINEで気付き何事もなかったかのように約束の時間に遅れていくという体たらくで、(遅れるすまんの連絡はしたよ)
今日はボロボロでした。まぁこんな日もあるやな。

何か大袈裟ですけど、グズグズ言いつつ(私が)しまじろう見ながら「子どもと一緒にいられるって幸せね」って思ったりしたから結果オーライ…いやオーライちゃうけど…。
今後気を付けます。まずは携帯を携帯することから。そして子どもも携帯することから。(物みたいに言うな)

皆さんもお気を付けあそばせ。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
by koto316 | 2015-11-09 23:36 | 育児 | Comments(8)
いや~今日は元気です。元気ですわ。何があったって昨日しっかり眠ったっていうだけなんですけど。

例によって昼食べ過ぎたので晩御飯抜いて寝たらめっちゃ深く眠れた。
元々死ぬほど寝つきが悪く眠りが浅く、頻尿かつ夢をむっちゃ見るので朝起きたときの身体ダル重選手権みたいなのがあったら割と上位に食い込む自信があるのですが(嫌な自信だな)
珍しく空腹で寝たらむっちゃ寝れるでやんの。
やっぱり私の健康の鍵は小食か。そして不健康の原因は過食か。

多分昨日は旦那が朝方帰って来たんだと思うんですけど珍しく全く気が付かなくて、
朝、最近遅くてごめん、って言われたけどごめん寝てて気づいてないわってめっちゃ爽やかに言えた。
身体大丈夫?とか女神のような言葉(割と普通)も添えられた。朝から優しく接することができて気分がいいですわ。
そういう日は割と子どもとの相性もいいもんで、今日はニコニコ楽しく過ごせましたね。

ラスト一時間以外は。

いや~寝る前一時間プチ地獄だったわ~最近言葉がだいぶ達者になってきた1歳半ですが、何言ってんのか、何で泣いてんのかさっぱり分からんで「頼むちゃんと喋ってくれ」って言ってしまったわ~(おい大人気よ)

ヤバイ弾切れてきた…もはやここまでか…と思いながら決死の覚悟で寝室連れて行ったら意外にすんなり寝てくれました。本日の任務完了。ハァーーーー疲れた~(結局)

でもゴキゲンの鍵は睡眠にあり、睡眠の鍵は食事にあり、と気付いたのでもうこれから本当ガチで粗食生活しちゃうもんね!!シチューも片付いたし。
こういうの買っちゃうもんね。体重増加も防げて健診も怖くないってもんですよ。

あと今日は比較的調子が良かったせいか、人生割とこれでいいんじゃね?って思えた日でもありました。
昔から何者かひとかどの人物になりたくて、自己顕示欲も強くて、(じゃないとこんなブログやってない)でもそれに見合った努力はできなくて、プライドばっか高くて学校とか会社とか集団は苦手だし、人にはすぐ疲れるし、逃げ込むように結婚して子ども産んじゃってほんと冴えない人生よの…とか思ってたんですけど、

そしてこんなのが母親だったら絶対大人になった子どもたちに「あんなふうにはなりたくない」とか「私もこの人の血が流れてるのか…」とか不安にさせたりするんだろうな…とか思ってたんですけど(どんだけマイナス思考だ)

どうやらこのまま何者にもなれそうにないけど、
何もないなりに、何かそれなりに楽しくやれていたら、
ああ別に大したことない人生でも、ひとかどの人物になんかなれなくても、
楽しく生きられるもんだなって子どもに教えてやれたりするんじゃないかな?

自分に出来なかったことを子どもに、とかせめて子どもには手に職を、とか得意分野を!とかではなくて、
大丈夫、何もなくても楽しいよ、って心から言ってあげる方が、(もしかしたら鼻で笑われることもあるかもしれないけど)大事なのではないか、と。

まぁ現状に甘んじるための体の良い言いわけにも聞こえますけど(笑)

思ったりしました。

どう転んでも今私に一番大切なのは子育てだしひいては自己研磨だし家庭の平和維持であるし、
目先のことを気楽にコツコツ頑張ろうかね、と。

あー体の調子がいいと心まで元気ですわ。鬱陶しいくらい。鬱陶しいでしょう(笑)

体重うんぬんよりまた精神的に落ちるのが怖いので、今日も晩御飯を控えめにしました。
食事抜きってNINPUにどうなの?というところが気にならないでもないので、なるべく間食を控えて夕食は抑えめにするくらいの調子でいきたい。そして最終的に10㎏増くらいでフィニッシュできれば…!!(結局体重)

そんな今日の良き日でした。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
by koto316 | 2015-11-06 21:24 | わたくしごと | Comments(0)

踊らにゃsong!song!精神でやっていきたい30歳♀。田舎暮らしに育児を添えて。@kotosuke316でついったもやってます。


by koto316