<   2015年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

今日も13時間労働が終わりました。(娘就寝)

さて、もともと浮き沈みの激しい性格が出産育児を経てその度合いが増し、日々上がったり下がったりのジェットコースターロマンスを続けています。

今日は割と陽気に過ごせたと思います。
二日くらい前はドツボハマっていて、仕事ジャンキーの旦那と別居まで考えました(激しすぎ)

で、今日何となく思ったのはまぁよいではないか、ということです。

充実してない日があってもまぁよいではないか。
娘にDVDばっか見せて楽をしてもまぁよいではないか。
ご飯作りに失敗してもまぁよいではないか。
家事育児で一生が終わってもまぁよいではないか。

奥田民生さんの『マシマロ』の「雨降りでも気にしない」のノリで歌いたい。

色々クドクド悩むことが多いですけど、たまーーーにこんな感じで急に開ける日があるんですよね。
まぁまたすぐ閉じるんですけど。
まぁよいではないか、を心の中で唱える度、脳内では頭の悪そうな殿様が扇子を仰いで笑います。
まぁええやないの、にするとはんなりした京美人(45歳)がゆったり微笑んでくれます。

大概のことはまぁ別にいいんですよね。
命にかかわることとか、絶望的に取り返しのつかないことはアウトですけど。
世の中に、というか私の生活にそんな重大なことって早々ない。だから気楽にやるのです。

子どもといるととにかく脳内のチューニングを緩く、時計をゆっくりと動かした方が良いということが最近分かりました。
せっかちで変なところで完璧主義で(しかし私の完璧のクオリティは低い)早く早くと自分を追い詰めてきましたけど、
頭の悪そうな殿様とはんなり京美人を脳内に飼いながら、のんびりいきたいと思います。

まぁどうせ生きてあと50年だ。(極端)

余談ですが最近禅の本を読み漁ってます。
やはり人は追い詰められると最後に宗教に向かうようだ(笑)
第二子を産み落とす前に座禅会とか行ってみたいな~。

あとあとどうでも良い情報ですが第二子も多分娘になりそうです。
健診前は(多分無理だけど)理想のメンズをこの手で育てたい!とか思ってましたが、
いざ分かってしまうと現金なもんで、姉妹…可愛い…そして経済的…(お古関係)とかニヤニヤしてしまいます。
目指せゴキゲン女系家族!


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-10-29 20:38 | 育児 | Comments(10)
二人目出産を2月に控え、上の子を一時保育に預けるか否か?で迷っております。
預けるなら12月くらいから預けたい。
一応産後一ヵ月は実家に滞在する可能性が高いのですが、
(実家は雑多で清潔感に欠ける、母の旦那(娘にとってはじいじであるが、私にとっては知人のおじさんみたいな人がいるため気が抜けない)等のネックがあるので微妙なところなのだが、娘にとってはそっちの方がよさそう)
実母は仕事をしているため、やはり週2でも3でもプロに預けた方が色々といいのではないか?と思っているのです。

じゃあ預けたらいいじゃんという話なのですが、

・そもそも空きはあるのか問題
・真冬だしめっちゃ病気もらってくるんだろうな問題
・娘が母の妊娠を察して最近情緒不安定なため心配問題
・娘と離れたいけど離れたくない嫌よ嫌よも好きのうち問題

というデモデモダッテにより、ずーーーーっと迷っているのです。

候補は園解放にもたびたびお邪魔している自宅近くの認可保育園で、夏頃聞いてみたときは意外に空いているっぽいことを言っていたんですがその後どうなんですかね、っていうか空き云々は聞けば一発なのですが。

やっぱりそれ以下の問題が私にとっては大きくて、特に最近、成長のせいか下の子が産まれるせいか分かんないですけど、
今まで「お母さん?ああ、あの世話係ね。その辺にいるんじゃない?私、遊ぶのに忙しいから」

みたいな感じで一人でどこにでも行くわ実家に一晩預けても平気だわ、どえらい自立した一歳児だった娘が、

「お母さんがいないと何もしたくアリマセンカラーーーーー!!!」

みたいなえらい暑苦しいキャラに変ってきており、今までなかった人見知りもなかなかのもので、
夜泣きなんかも増え、ときどき「かーしゃんかーしゃん」と私が横に居ても私を探す始末でして、
何かこれ、すごい愛されてるっぽいけど、預けると色々まずいっぽいな…?!?

という予感に駆られて心配しておるのです。

親からしたら、「娘にきょうだいを!」「2歳差とか一緒に遊べて割に理想じゃね?」「上も下もみーんなアイラブユーだぜ!」って思ってて、きょうだいができるのなんて良いことでしかないじゃん、という感じなんですが、
子どもからしたら案外いい迷惑というか、思ってる以上にセンシティブな問題だったりするのかもしれないなぁ、と思う今日この頃です。
まぁかといってじゃ、なかったことに…と今更突き出た腹をひっこめるわけにもいかんので、娘には頑張ってもらいたい、私も頑張るし、…多分。

てなわけで、ウダウダと悩んでるうちに秋も少々深まり始め、私、焦っております。

旦那はこればっかりはやってみないと分からないからとりあえず預けてまずそうならやめてみれば?といい、
それはまぁ本当その通りなんで全く異論反論ないんですが、

下手こいてこれから始まるイヤイヤ期がもっとひどくなったらどうしよう とか
齢2歳手前にして娘がグレたらどうしよう とか
かといって預けなくてキリキリマイになった私が発狂したらどうしよう とか

もーお前いいからその辺走ってこいよ、という悶々具合なのです。
我ながらどうしようもねぇな。
何かこう、己に全権委ねられてる感じが怖い!怖いの!誰か決めてくれ!!(四国一上司にしたくないタイプ)

あとなんかねぇ、やっぱ生まれてこの方ずーーーっと一緒にいるから離れるイメージが湧かない。
ものすごく離れたい一刻も早く一人になりたい、と思うことも多々ある一方で、
夕方、まだ白い月を掴もうと一生懸命手を伸ばしてたり、道端の落ち葉を一生懸命追い駆けていたりする娘を見ると、ああ…この瞬間、プライスレス…とかも思ったりして、そういう時間が減るのはもしかしてちょっと惜しかったりするのかな、なんて。
まぁそんなセンチメンタル5秒後のギャン泣きで跡形もなく吹き飛んだりするんですけど。

週2、3でも離れがたいとは早くも娘に依存し始めてるのでは?と考えるとガクブル止まらないわけですが、
そういう感覚があるなら、ひょっとしてひょっとして頑張れるのでは?と思ったり。

でも後で壮絶後悔しそうで怖いよねーー。(どないやねん)
見えるもん。深夜にこの記事読みながら過去の自分にイライラしてるボロボロの未来の私。
ハーイ、未来の私。二人目育児はどう?
あ、スマホの画面殴らないで!壊れる!壊れるから!その節はマジでごめん!!!

…とりあえず今度空き状況だけでも聞いてみよう、そこから始めよう。

以上、いつも以上にチラシの裏にでも書いとけよ、という雑文を読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-10-26 21:50 | 育児 | Comments(8)

大体おんなじ毎日

そいでまあまあそれなりOK~だけど何となく空み上げちゃうんでしょ??

最近の脳内BGMです。大概OKちゃうわ、と脳内ツッコミが入ります。

今日は相変わらず泣きながら寝室を出て行こうとする娘をレスラーの如く押さえつけ寝かしつけた後、
Mステを見てコミックレンタルで借りた『東京タラレバ娘』を読みました。

いずれもべ、別世界…!って感じではありましたが、自分の属する世界とは異なる空気に大いに癒されました。
あ、でも東京タラレバ娘は結婚を焦るアラサー女子のリアルを描いた話なんですが、バリバリ働いてお金もあり、好きなことができる時間もある女子の焦りが何となく、全く正反対の環境にいる私の中にもある焦りと似ているような気がして共感できました。

結局、結婚してようがしてなからろうが、子どもがいようがいまいが、仕事があろうがなかろうが、
一定の人はどこかに飢餓感と焦燥感みたいなもんは抱えながら生きていくんだろうなぁ、と思ったと言うか。

まぁそんな感じで楽しい一人時間を過ごした締めに録画していたすくすく子育て、テーマはママの生き方を見たんですが、急にリアルの世界に引き戻されて、めっちゃ真顔で見てしまいました。

特に専業主婦の人の、

気付けば夕飯のことを考えている
毎日同じことの繰り返しで寂しい
関わる人が少なくて焦る

みたいなやつ、全部首がとれるくらい頷けるやないかい…!!
このブログで手を変え品を変え、再三こぼしてきたやつないかい…!!

あーやっぱ皆似たような思いを抱えてるんだな。だからどうなるってわけではないけども、
許されるなら窓を開けて思いっきりDAYONE---!!!って叫びたかった。

それに対する専門家の先生の返答が、
子育てが一段落した時に自分がやりたいことを考えて、今ちょっとずつでもそれに向かっていければ、みたいなアドバイスで、ほうほう、と思いながら考えたんですが

何か育児ばっかして元々ない脳が縮んだのか、

全く未来のことが浮かばねぇ…

気を抜けば明日児童館が始まる時間がいつもより30分遅いからどうやって時間をつぶそう、とか
午後昼寝から醒めたらどこへ連れていって時間をつぶそうとか
今日の晩御飯の残りをどのタイミングで使おうとか

そういう目先のことを考えてしまうんだぜ…。

上の子が小学校に入るまであと多分5年くらい、その頃自分がどこに住んでいて、どんなことを考えていて、何を楽しみに生きているのか。

全く思い浮かばんのだが、私生きてるのかしら…。

そんなことを考えました。

まぁ幼稚園(または保育園)に預ける頃には余裕も生まれてるかな。生まれてるといいな。生まれてますように。(希望の三段活用)

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-10-23 23:04 | 育児 | Comments(4)
ひろ!うが!こん!ぱい!!セクシーゾーーーーーーン!!kotoでぇいす!!

旦那が三日間の出張に出まして、まぁ不在なのはいつものことなんでそれは別にいいんですが、
娘が昨日から夜になると謎のゴン泣きをかますのでHP擦り減っています!
謎の、というか昨日に関しては理由ははっきりしてるんですけどね!
DVDが見たい→それじゃない→やっぱそれ見る→DVD止まる(娘により傷だらけのディスクと化しているので)→ギャーーーーーーーン

みたいな。

あまりに泣くのでつい「DVDが止まるのはお前のせいやろがい」的なことを言って怒鳴ってしまい、余計に泣かせてしまうという…。
児相を恐れて慌てて窓を閉める母。底辺なり。

その後も多分眠い由来の不機嫌MAXライドオンタイム状態が続き、しかし何故か寝室に連れて行くとゴン泣きのまま全力でベッドから降りてリビングに戻ろうとするので2時間くらい泣き喚く一歳児を追い駆けて寝室とリビングを往復するという事態に…。

またそんな最中出張先の旦那から業務連絡(旦那は自営で私はほんのちょびっとその仕事を齧っています)のLINEが入り、しかもその内容が「~まだ出来てない?」的なものだったから私の怒りもライドオンタイム。

いや八つ当たりですけどね。間が悪すぎるっちゅうねん。

この窮状を伝えるべく旦那に電話するも出ないので、留守電に娘のゴン泣きを吹き込んで「今こんな状況です。現場からは以上です」と告げ切る妻。
一応後からちゃんとした業務連絡の返信もしましたけどもね。

ここでね~。大丈夫?何があったの?みたいな返事が欲しかったんですけどね~。
了解、みたいな答えしか返ってこなかったから私、ふてくされております。

一応今日フォローの電話あったけど遅いんじゃい。今日一歳半検診の日だったのに多分完全に忘れてやがるしぶつぶつ仏…。

おっとまた旦那の愚痴になってしまいました。まじめんご。

書きたかったのはそうじゃなくて、珍しく真面目な育児の話としましてですね、もしかして私いままでテレビとかDVD見せすぎたかな~と。
娘のあまりの執着に引いてしまいましてね。
でもそうさせてるのは多分私なんだろうし…ということで娘に対しては殊勝な私、心を鬼にして今日から夜、風呂後ないし飯前〈このタスクは日によって前後するので臨機応変に〉はテレビつけない習慣を始めました。

でもね~一歳児と二人きり、人の気配のない生活っていうのは孤独を増長させますねぇ…。
一応初日の今日は「テレビはねんねしたよ~」「しまじろうはねんねしたよ~」「ワンワンはねんねしたよ~」botとして乗り切りましたけど。あーもういっそテレビ捨てたいな~。捨てたら旦那怒るかな(怒るだろ)
テレビを封じられた娘は当然また泣いたけどフルテンションで歌あそび、絵本朗読などをやり、何とか乗り切りました。
そんなこんなで本日疲労困憊モードなわけです。

あ、書きながら思ったけどラジオとか音楽とかつけとけばいいのか。少なくともしんとした寂しさはないかもしれませんね。

今日はご飯もほとんどぺっされましてね…。
うち基本何でも食べるんで、私あんまりぺっ耐性ができてないんですよね…。
あれすんごいクるね…。波平のように「ばっかもーん!!」って怒鳴りたくなるね…。
世の中の小食の子のお母さんは本当に大変だよね…お疲れ様です…。

最近本当心底、長屋みたいなとこで色んな母子と共同生活したいと思います。
まあ別に父親いてもいいんだけど(鼻ほじ)。私育児始めてからほんと男嫌いになったな…。
じいさんとかばあさん要因も欲しいね!
色んな人と作ったおかずとか分け合いつつ、ワイワイご飯食べたい。
今私はどんなごちそうよりも、優しいおばさんが握った海苔と塩のおにぎりが食べたいです。


何の話かよく分からんくなってきましたが、育児に携わる皆さん、本当に今日もお疲れ様でした。私も疲れました。おにぎり食べたい。というお話でした。(サザエさん風三本立て)

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-10-22 21:13 | 育児 | Comments(8)
どうも。一泊二日の温泉旅行から大幅に質量を増加して帰ってまいりましたkotoです。
撮った写真を見て愕然としました。腹は良い。腹が出てるのは良いよ。何でこんなに足が太いんだ。顔がパンパンなんだ。二の腕が立派なんだ。

ソレハワタシガデブダカラァーーーーーー!!!(アナタガトゥキダカラのテンションでお読みください)

もう「ぽっちゃり」なんて言葉でお茶を濁せなくなってきた。
認めます。
I am DEBU(アイワズゲイのノリでお読みください)How are you?(あいさつせんでいい)
デブは今日もブログを書きますよ。た、体重増加の記録もまたつけはじめるね…。その前にもうちょっとだけ痩せてくるからちょっとだけ待ってて…。(ごぼう茶を大量に飲み干しながら)

ええと。
あまりの自分のDEBUさにDEBUだけで終わりそうな今日のブログですがそれじゃあんまりなんで旅行の感想なんかも書いてみるDEBU。(もはや語尾がデブ)

旅行は楽しかった。行ってよかったです。(小学生の作文か)

いや~子はかすがいといいますが、マジでした。
うちの子超かすがってた。むしろ子どもがいなかったら成立していなかった旅であろう。

1歳児にとって旅行なんて記憶にも残らないし親のエゴだよね~と思ってましたが、普段と違う場所、環境、メンバー(父親)、というところが琴線に触れたのか、終始キャッキャと楽しそうで。
そんなはしゃぐ子どもを見ていると我々夫婦も自然ニコニコしてしまい、会話も自然に運び、なんかもうありがとう1歳児、という感じでした。

ただ行きに須磨水族館に寄ったんですが、そこでは寝起きだったせいか、薄暗い館内が怖かったのか終始仏頂面で地蔵のように固まっておりまして、ぶっちゃけ1歳児に金使うだけ無駄だな!という結論に辿りつきました。水族館なんて高尚な場所は小学生くらいになってからでいいかなと。
(幼児は無料なんですが大人は一人1300円とかしたんで)

子どもは家の駐車場とかで全然楽しそうだもんな。これからは基本無料の公園に連れて行こうと思いました。

なんかもう子どもが可愛すぎるんで、この可愛さのためなら多少努力してでも仲良くしようではないか、と思いました。
ぶっちゃけ子ども産むまでは努力しなくても仲良くできたし、だからこそ結婚したんですが、これから先はそうはいかない、こっからはまた別のダンジョンということでしょう。人生は修行というRPGである――koto

旅が終わって身体的な疲れからトドのように転がる私を見かねて晩御飯の買い出しに出かけた旦那と娘のいないリビングでぼんやり思ったんですが、
人にやさしくしてもらおうと思ったらまずは自分がやさしくしないとあかんな、それもなるべく見返りは求めないで。これが死ぬほどむずかしいんだけど。

あと私はずっと孤独だったんだなぁと思いました。っていうか今もだけど。
娘を大人2人で見れて、お出かけができる。
こんな当たり前みたいな家族の光景が我が家的には結構なミラクルで、(何せ旦那が2連休をとったのは多分正月以来)あーいつもこんなんだったらもっと元気に子どもみれんのにな~とか思ったらあー今まで私寂しかったんだな~としみじみ思ったり。
いや分かんないですけどね、旦那がいたらいたで感じる孤独も多そうだし。

まぁそれでともかく感じている孤独を、お前ちょっと悟りやがれよ!って旦那に変化球にして投げつけてたんだと思いました。
でもまあそんなのうちのお仕事ロボに通じるわけがないんですよね~。
寂しい時は寂しいと言わんといかんですね。トドが言ってもちっとも可愛くないけども。かわいこぶってる場合でも照れてる場合でもなし。
こんなモロモロメンタルで二人育児してたら育児うつ待ったなしですよ。

もっとトド図々しく素直にならんといかんな、自分のためそして子どものために、と思った次第です。旦那のためじゃないところがポイントだトド。
まぁ今でも別の角度で全然図々しいんだけどね。不機嫌オーラ出しまくったり。
図々しというかふてぶてしいというか。もっとストレートな図々しさを目指すトド。

旅の感想というか旅で思ったことをつれづれなるままに、という感じになってしまいました。

こんな話の後に何ですけど、帰りに淡路島にある平野パンっていうパン屋さんに寄ったらめっちゃ美味しかったんで、お立ち寄りの際には是非。
デニュッシュ系が最高でした。バター!ふんだんに!!使ってます!!!って感じで。
イートインが混んでたんで店の前のベンチに座って食べてたんですが、おかわり買いに走ったからね!だから太ったんだけどね!!やむなし!!

ちなみにタコもおいしくて旅館の人も親切だった。また行きたいです。(小学生か)

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-10-20 21:56 | わたくしごと | Comments(4)
一旦はキャンセルした家族旅行~明石でタコを喰らいたいの会~ですが、昨日旦那が折れてきたので結局行くことになりました。

まあ全然納得してないけど。
「やっぱり旅行行きません?」じゃなくてまずはおこげとおでんに謝罪やろがい、と思いましたけど。(おでんとおこげにかよ)
ぶっちゃけめちゃくちゃ食べたかったタコと湯煙の誘惑に勝てませんでした。

朝からドタバタ準備していて、その周りを一歳児がうろちょろするもんだからそれとなく「二人で散歩行って来たら?」と言ったらいつまでも行かないのでああこの遠回しな言い方があかんのだな、と思い
掃除と準備がしたいので出て行ってください、と丁重にお願いしてブログを書いています(おい掃除わよ)。
本当は「これは提案じゃなくて指示なんだけどとっとと出て頂けませんか」と言いたかったんですが角が立つ!と思ってやめました。(そらもう立ちまくるわ)

何かここ数日あかんわ~旦那の事もう全然好きじゃないわ~と思ったりするんですが、
その分朝少しでも長く寝かせといてあげよう、だとか
こんなことお願いしたら面倒がられるかな、とか
こんなに働いてばかりでこの人死んじゃうんじゃないだろうか、旦那に何かあったらどうしよう、とか
そういう遠慮や配慮や不安がなくなってきて気持ち的には楽っちゃあ楽です。良いのか悪いのか知らんけど。

とにかくもかくにもタコですわ。

旅館でおこげが出ないことを祈ります。

では行ってきマッシモ!!

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-10-18 10:05 | わたくしごと | Comments(4)
こんばんは。午前中に解放保育(ほぼ外遊び)行って午後に小一時間公園に行ったらHPが残り2です。kotoです。
夜が深まるにつれ何故かテンションが上がっていく一歳児を尻目に、試合後のジョーのようなポーズでうなだれてました。力石の野郎、やっと寝やがった。(力石じゃねぇ)
でも今日はどうしても書きたいことがあるから何とかこれだけ書いて寝る。

表題の言葉。
最近私がググった一番情けないワーズであり、過去に人相学の先生に顔を一見して言われた言葉でもある。
「あなた、食べることばかり考えてるね」
すんげー恥ずかしかった。当たってるし。

一日のほとんどを育児に費やすようになってからというもの、多分私の顔はもっと食べ物の事ばかり考えている顔になっている。もはや顔自体が食べ物かも。アンパンマン的な。

それはもうあまり認めたくはないのだが、食べること以上に楽しいことがないんだろうと思う。
楽しいというか、刺激になることが。
もはや空腹を感じいようといなかろうと、私の脳は常に「次何を食べてアドレナリンを出すか」的なことしか考えてないように思われる。
何だか病的だな、そう思って上記ワーズで検索したら、過食症じゃね?みたいな答えが多くてビビった。

この食べ物を常に食べている感じは、スマホを弄る感じに似ているなぁと思った。
脳は常に刺激を求めている。でも育児は退屈だ。退屈じゃないように捉えればいいのだろうけど、それがまだ不完全な私は退屈を恐れて常に何かを口に入れ、情報を貪る。

それで満腹になって一時的にでも幸せになればいいのだが、案外そうでもない。
張ったお腹は苦しいし、多種多様な情報で充ちた頭は何だか疲れている。私は思った。

どぎゃんとせんといかん。
(例え最後の一人になろうとも張り切って使っていきたいワーズ)


そんな折、よく読ませてもらっている名越先生がダイエットについてこんな文章を書かれていたもんだから、ほおおお、となって、ちょっと食習慣を変えてみようという思いに至った。

前にも一日一食生活を実践したことがあるんだけど、何かこん時の私ちょう元気でちょっと鬱陶しいくらいだし、やっぱり人はある程度空腹の方が元気なのかもしれん。

とはいえ曲がりなりにもNINPUであるため、あまり激しく食事制限をするのは何か怖いよね!ってことで、とりあえずちゃんとお腹が空いているかどうか、そこにストレスとか不安とか不安とか余計なものが混じってないか吟味しながら大事に食べて行こう、という至極やんわりとした目標を定めました。がんばるぞう。

あと全く関係ないんですがおこげとおでんの弊害として、我が家では日曜から予定していた一泊二日温泉旅行がなくなりました。私が盛大にへそを曲げたからであります。曲げた本人が何ですが、旅館のご飯とあったかくて広い風呂、惜しまれ過ぎる…。
でもでも今のテンションで旦那と旅行したくなかったんだもの!!よっぽど旦那外して友達でもあてがおうと思ったけど友達が迷惑だわ!と思ってやめました。GIRIGIRIの理性。

それでまぁ今更なんだけど、どうやら私は旦那に承認欲求を満たしてほしいみたいなんだけど、(だって専業状態の今それができるのは旦那しかいないから)今まで旦那が私の承認欲求を満たしたことなんてあったか?と考えまして。
付き合ってた時から、「俺の事好きなんて愛い奴」みたいには思ってるだろうけど、尊敬されてる感じとかはないな~って薄々思ってたような…。
子どもが出来る前は無意識に外の世界で満たしてたんだけど、それができなくなったから今こんなおこげ一つでSEKAI NO OWARIみたいな精神状態になってるんだろうな。ということが分かりました。

分かったからってどうなるわけでもないけれども、花金にこんなもん読まされた人の「知らんがな」たるや相当なもんだろうと思うとかなり申し訳ないけども、ちょっとすっきりしたのでメモメモ。
どうも明け透けブログです。(開き直るな)

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-10-16 22:13 | Comments(2)
また料理にまつわる恨みつらみが発生したのでありのまま書き殴らせていただく。

先日のおこげWarから一夜明け、何故私が不愉快に思ったかを切々と(これの後半あたり)で
送ってみた。旦那、反省した模様。ひたすらごめんを繰り返す。

そして昨日の夜はおでんを仕込んだ私。
娘の隙をつきながら一応かつおと昆布でだしをとって、丁寧に作ってみた(当社比)
豚肉を白菜でロールするなど、普段はやらない細やかさも出してみた。
どこかでオイスターソースを隠し味にするとコンビニおでんみたいな味わいが出る、というのを耳にしたので、
買いに行って入れてみた。

結果。

う、うまいじゃないの…(当社比)

娘もまあまあ気に入ったようでしっかり食べておる。 鍋には大量の具材。
旦那の反省の弁を思い出して、いつまでもウダウダ言ってんのもな~と思い、連絡してみた。
おでんがあるよ。おいしくできたから食べていいよ。と。

この時点で私、自分を天使かなんかじゃね?と思う。優しすぎね?聖母じゃね?と。

旦那、「楽しみ~」みたいな軽い文章をよこす。
ちょっとだけ ん?!軽くね?!と思うけど、見過ごすことにする。

明けて本日朝。

おでんについてた味噌汁がほとんど残っている。
旦那、起きてくる。
おでんについて言及なし。繰り返します。

おでんについて言及なし。

私、「味噌汁飲んだ?」尋ねる。

旦那「飲んだよ」と応える。

その割にはやたら残ってる事実は何とかやり過ごして、おでんについての感想を待つ。

おでんについて言及なし。(しつこい)

いや~察してちゃんで申し訳ないんですけどね、普通この場合開口一番おでんについて言及しません?
私ならする。
大して美味くなかったとしても、大げさに褒めとく。そんでもっかい謝る。多分それで丸く収まるもん。
ほんとなら味噌汁も全部飲み干しくけど、まぁ味噌汁はいい。

問題はおでんだ。

その後しばらく待ちましたが相変わらずの様子なので、歩み寄ってしまったわよ。こちらから。
言っちゃったわよ。

「おでんどうだった?」

旦「で、でんわ?」

私」「おでん」

旦「でん?」

「お・で・ん」
(フォントしつこくてごめん)

旦那慌てた様子で、おいしかったと言っておりましたが完全にアフターフェスティバル。後の祭りね。
もうなんかがっくりきちゃいましたよ。このロボに気遣いとか心配りを望んだ私が馬鹿だったって思うけど、昨日の今日ですよ奥さん?!?

今日一日残りのおでんを食らいながらうじうじ考えて思ったのが、他社評価が欲しい人間、さらにその他者が(旦那はじめ同居の家族ですね。うちの場合は今の所旦那のみ)が鈍くてその期待に応えられない場合には専業主婦は向いてないなってこと。

今更だけど。やっぱり私は自己満足じゃ足りなくて他人から褒められたいんだなぁ。
察してちゃんの上に構ってちゃんだ。死ぬほど面倒くさい女。だけどそういう女と結婚したのはお前だろうがよぅ…。
旦那は他者評価はいらないタイプ。自分に自信があるし自分が好きだから。(多分)
あと仕事である程度他者評価も貰ってるだろうしね。
どうやらお彼、仕事がおできになられるタイプでいらっしゃるようですから(嫌味だよ♪)

っていうか察してちゃんで構ってちゃんの私と、察するというコマンドを搭載していないメンタル最強ロボットの旦那、もしや死ぬほど相性悪いのでは?って今更、10年も付き合って、ほんと今更身に染みてます…。
どうするよ子ども二人も作っちゃったよ…。

まーもうぐちぐち言っても仕方ないので、(といいつつむっちゃ言ってるけど)
私は少しでも他者評価を得られるよう、いつかの再就職に向けて頑張りたいと思います。あと育児。こればっかりはロボには任せられん。
もう旦那はいいや。お父さん型お仕事ロボットだと思おう。

今日も今日とて長々愚痴をこぼしてすみませんでした。おでんに罪はありません。(そりゃそうだ)

おでん大好き!!!(なにその締め)

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-10-14 21:31 | わたくしごと | Comments(4)
今日は諸事情により娘が実家にいるので、この隙に日曜にあったことをありのままに記します。

旦那と娘と三人。我々は夕飯を囲んでおりました。
三人で食事できるのは日曜日だけです。メニューは水炊きとひじきの炊き込みご飯。

週に一回の娘の食事介助を行い終え、自分の食事に掛かり始めた旦那が言います。

旦「ご飯いらん?」

私は例によって昼間調子に乗って食べ過ぎた帳尻を合わせるべく、その申し出を丁重に断りました。
しかし旦那はまだなんか私に炊き込みご飯を押し付けたそうな様子。

旦「おこげ苦手なんですよ…」

私「珍しいな、炊き込みご飯のおこげ嫌いって」

10年一緒に居ますが初耳です。おこげなんて炊き込みご飯界のスターやないか。
何となく含むものを感じて、「店のおこげもあかんの?」と聞いてみました。

旦「店のおこげは米が潰れてないからいいけど、家のは米粒が潰れてるのが苦手なんですよ…」

私「すみませんね、私の料理スキルのなさが米粒潰しまして」

私、この時点でイラッときています。

旦「いらん?」

私「いらん!いらんなら捨てる」

実はこの炊き込みご飯前日に炊いたもので、白米炊く?と聞いたんですが炊き込みご飯でいいというので出したのです。いやそんなことより米粒潰れてて悪かったな!じゃあ良い炊飯器買ってくれ、ていうかおこげあかんやつは一生白米食ってろバーーーーーーーカ。

って思ってしまって。

茶碗をむんずと掴んで流しに走る私を尻目に、旦那は水炊きの続きを食べてました(マイペースか)

ごめんなさい米農家の方、ひじき、人参、鶏さんも。一膳分無駄にしてしまいました。ほんとうにごめんなさい。

捨てたら何かもう馬鹿馬鹿しくなって、その後普通に家庭生活を営んだんですが、
1夜明けた今、何か無性に哀しくなってきて。

こちとらよ~毎日苦手な料理をあれだったら栄養とれるかな、野菜が少ないかな、子どもも食べれて、旦那も満足できるおかずってないかな…とか四六時中考えて、気付いたら台所に立って、大して上手でもない料理をよぉ、仕事仕事であんま寝れてないからせめて栄養面くらいは…と思って作ってるのによぉ…

朝起きたらふっつーに全く手を付けずにそのまま置いてあるおかずがあったりすることもままでよぉ、
聞いたら悪びれもなく「食べてきました」きましたじゃねぇよいらないなら言えよ…

みたいなことを考えていたら情けないんですけど泣けてきて、娘の前で一応服で顔かくしておいおい泣いてたら娘が服を引き剥がして、

こ、これは1歳児なのに慰めてくれてさらに泣けるパターンのやつでは…?!
または動揺して泣かれる…?!!

とにわかに緊張が走ったんですが、

娘はへらへら笑ってどっか行きました。

うん…いいんだ…君が楽しいならお母さんはオールオッケーさ…。

いやいいんですよ?苦手なものがあるのは普通だし、どっかで言ってくれないといつまでも出し続けるしね。
でもちょっとくらい食べる努力をしてから言ってほしかった。
捨てなくてもええやん、って言ってほしかった。
怒ってくれてもよかったんや。(何故関西弁)何事もなかったように水炊き続行しやがって…ぐぬぬーー!!!


そりゃ私もお世辞にも料理が上手いとは言えませんけどね。
ムカつくんでご飯作りスト宣言してやりました。今日からご飯はセルフでね♪って。
でも拗ねてばっかもアホみたいなんでもうちょっと立ち直ったらちょっとは料理勉強しようと思います。

世の旦那さん、専業主婦ってね、頑張りを認めてくれる他人が旦那さんしかいないんですよ…。
ボーナスも評価もないんですよ。
それでも毎日飯を作って洗濯物を畳んで干して掃除したりしなかったりするんですよ。(せんのかい)
まあそれがお前の仕事やろがと言われたらそうなんですけど、はっきり言ってクソつまんない仕事の繰り返しができるのは、家族に快適に過ごしてほしいっていうささやかな願いがあるからなんですよ。

だからたまには褒めて、苦手なものは食べる努力をしてからご報告をお願いします…。
あと飯いらない日は3時、いやせめていないいないばぁが始まるまでに連絡を!
開始時間はググれ!!!!

取り乱しました。

全文愚痴で申し訳ないです。
万が一金田一このブログを旦那が見たら100パー嫁が書いてるってバレるでしょうけどそんな暇はないはず(多分)なので
このまま全世界に発信します。えいやっ!!

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-10-12 18:39 | わたくしごと | Comments(4)
本日の体重。着衣寝る前63.3kg(前日比±0)

どうも。明日から三連休である旨、在宅でやっている仕事の相手先からのメールで知った私です。
OH…午前中児童館がやっている土曜、旦那が休みの日曜はいいとして月曜どうするよ…。
旦那休みじゃない 子育て施設もやってない そんな祝日じゃ ポイズン


さて、先ほど娘を華麗に寝かしつけ、ぶどうを食べながらちょっと写経して今です。
ああ今日も頑張った。これだけは仕事してたときよりずっと実感として思えますわ。まぁ働いてるとき頑張らな過ぎただけなんだけども。

何か今日は娘を寝かしつけながらしみじみ、「なかなかに良き人生であった…」と思いました。
もう死ぬみたいですけど。いや生きるけど!娘の育児を手伝うまでは死ねぬ。
大して働きもせず、目標も持たず、ひたすらフラフラして人の期待も多数裏切りつつ、何となく結婚して何となく子どもをもうけましたけど、

そんなこんな全部帳消しだぜ。お前に出会えたからさ。

なんて思いながら眠りにつく寸前の娘のえもいわれぬ表情を眺めていました。(口を付きだして半目ではっきり言ってBUSAIKUなやつ)
やっぱ子どもはいいっすね。育児死ぬほど大変だけど。超絶大変だけど。すんごい孤独だし虚しいし自由なさすぎて全くもって意味不明だけど。やっぱり子どもはいい。別にちっとも好きじゃなかったんですけどね。
自分の子だから、というか(むしろ私は自分のことは本当にクズだと思ってるので自分に近しいところはできればゼロでお願いしたいと思っている)腹の中から常に一緒に居るからやっぱ湧いてくる情が半端ないんだと思います。あと我々基本二人ぼっちなので何となく同士感がある。むすめはどうかしらんけどな!

昨今育児が大変という風潮が蔓延しすぎて、(いやもっと蔓延してもいいと思うくらい大変だと思ってるけど)
若い人ととかが子ども持つの嫌になっちゃうのでは?と思ったりしますけど、
実際独身の友達に結婚したくなくなるわ~って言われたことあるし。(すまん)

個人的には育児はMめな人におすすめですね。
これ以上の修行はないですよ。本当に人間レベル上がるなぁって日々思います。
それでも私なんかは未だクソみたいな存在ですけどNE!

自己練磨したいぜって人には本当おすすめ。悟空になったつもりでね。オラ、ワクワクしてきたぞ!とか言いながら髪振り乱して育児してみるといいと思います。って何の話かよく分からんようになってきた。

表題の歌詞は寝る前にいつも頭に浮かぶ娘へのラブソングです。

昔は当時彼氏だった旦那を思い浮かべてたんですけどね(恥)
今や微塵も浮かばんわHAHA!!でも一緒に娘を作ってくれてありがとうとは心から思っている!サンキュー遺伝子!!

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-10-09 21:17 | 育児 | Comments(4)

踊らにゃsong!song!精神でやっていきたい30歳♀。田舎暮らしに育児を添えて。@kotosuke316でついったもやってます。


by koto316