<   2015年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

検診と体重とジャイアン

本日の体重。着衣寝る前62.4kg(前日比-0.6kg)
検診にて62.7kg(前回比+1.9kg)
おとがめなし。半笑いで「ご飯食べすぎないようにね」みたいなことを言われたのみ。(多分)
多分なのは先生(初老男性)の滑舌がいまひとつで、話の2割は聞き取れないから。前回妊娠時から割と笑ってごまかしてる。
大丈夫か、って感じだけどこのゆるさが私には合っているのである。ご飯もおいしいし。

何となく今日は書かないでおこうかなと思ってたんですが、寝る前に読んだ小説の読後感が悪すぎて気分転換にノコノコやってまいりました。なんちゅうか、小説家って因果な生き物だな~。
ずっとどこかに憧れもありましたが、何か今回の作品を読んでその憧れが霧散したような。良いのか悪いのか分かりませんが。

さて、今日は上記の出来事以外は割にご機嫌に過ごせました。
1歳半の娘はまー我が強くお転婆で、多分一日200回くらい「かーしゃん!!」と呼ばれているのではないか、そして4分の1くらいに私は心中で「わたしゃ召使いか」と思ったりしているのですが、娘のジャイアニズムをとにかく無理やりにでも面白がる、という作戦に出たところ、あまり腹が立たなくなってきました。

1歳半のジャイアニズムとはまあどこのお子さんも似たようなものかもしれませんが、

絵本を読めと言われて読み始めたら別のことをし始める
ああ聞かないんですか、と思って絵本をしまうとキレる
バナナなど好物を食べ終わるとキレる
かといってハナから出さないともっとキレる
キレる
キレる
とにかくキレる
一日の半分はキレる一歳児

といった感じです。
くわえて最近やたら「お母さんがいい」感が強く、今朝なんて洗濯物を干そうと旦那にたくしたら旦那、
「とーしゃん、ポイッ!ポイッ」とあっちいけとばかりに叩かれてました。
笑いました。めっちゃ笑いました。旦那が仕事に行った後も一人で笑ってました。(笑いすぎ)
私もいつか使いたいです。「旦那しゃん、ポイッ!」これ幸いと逃げられるかもしれませんが(笑えない)

これらのジャイアニズムはもしかしたらイヤイヤ期というものの幕開けなのかもしれませんが、いつまでも続くわけでなし、
なるべく面白がる精神を忘れずにのらりくらりとかわしていきたいと思います。

と、この時の彼女はまだ簡単に考えていたのであった…

みたいな不吉なナレーションが聴こえてきそうなのでおやすみグッドナイト。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-09-30 22:43 | 育児 | Comments(0)

親にされて嫌だったこと

本日の体重。寝る前着衣にて63.0kg(前日比-0.3kg)。とりあえず前回の検診から+2㎏のラインは守れそうだ…(前回60.7kg)既に頭の中は明日健診後何食べるかで頭がいっぱいです(ダメじゃん)

育児中って体は忙しいですけど頭の中は暇らしく、毎日色んなことを考えます。
今日娘を寝かしつけながら考えていたのは、自分が親にやられて嫌だったこと、です。
一日の終わりに何てネガティブな…って感じですけど、あれですわ、自分が親にやられて嫌だったことは子どもにはやるな的な。ちなみにうちの母は姉妹の姉で、「お姉ちゃんなんだから」と言われるのが嫌だったから自分の子どもには絶対に言わないと誓って育児したそう。
確かに母が兄に「お兄ちゃんなんだから」と咎めているところは見たことがないです。
自分は妹なんで特に利益はなかったけどな。「女の子なんだから」は何回か言われたし。

さて、私はというと、これはもうぶっちぎりで親が基本不機嫌だったこと、です。
うちは小学校低学年のときに両親が離婚したんですが、離婚する前もした後も、私の記憶にある母はいつも不機嫌だった。
元々感情的な人なんで元気な時は明るいんですが、何でしょうねぇ、記憶の中にある母はいつもイライラしてたような。離婚してからは頼りにしてた実母(私にとっては祖母ですね)が亡くなったり、仕事のストレスとかもあったと思うんで、まぁある程度は仕方ないのかなぁって今なら思えるんすけどね。
嘘、今でも「それにしてもイライラしてたな」って孫をあやす楽しそうな横顔を見ながら三回に一回くらいは思う(笑)

うちの親は私が小学校のうちに再婚とついでにもう一回離婚もしてますし、彼氏が家にしょっちゅう来てたこともありますが(大概胡散臭いおっさん)そんなことよりも何よりも、出所のよく分からない、ゆえに収め方もよく分からない母親の不機嫌。
それが一番嫌だったし、怖かったし、家の空気を暗くしていたなぁ。

それで私が目指すところは、機嫌のいいお母さんに決定しました。ええ、つい20分ほど前に。

これ言葉で言うのは簡単ですけども、もしかしたら一番難しいのかもしれない。
ご機嫌な母ちゃん。何か知らんけど楽しそうで、人生ってひょっとしたら楽しいのでは?なんて思わせてくれる人。

でもそんな人になれたら…なれたらめっちゃ素敵やん?と私の中の紳助が言うので、私の育児、ひいては今後の人生のテーマは「ごきげん」にします。いや「ゴキゲン」の方がいいかな。「御機嫌」は硬いし…(何でもいいわ)
とりあえず来年の書き初めはこれで行くことにします。(ちなみに一昨年は「寛容」)

元々私めちゃくちゃ短気で、車運転してる時とか本当一歳児に聞かせてはならんワーズばっかり吐き棄ててたりするし、腹の中たまに自分でもドン引きするくらいドス黒いし、そんな私がこんなむずかしいテーマに挑めるのか?と疑心暗鬼もはなはだしいのですが、
昨日紹介した本に、「不得手なことの方が楽しい」「修行は楽しい」と書かれていたので、尊敬する内田先生と名越先生の言葉を信じて頑張りたいと思います(単純)

とはいっても常に機嫌がいいなんて絶対無理なので、表向き機嫌がよさそうに見えていたらそれでよしとしよう。よってネネちゃんのママ方式はセーフで。そして常に片手にチョコレートを(好物)。太るけどこれだけは~譲れま、せんっ!!
イライラしたことはここに書かせてください。
王様の耳はロバの耳ーーーーーーーーーー!!!

あーでもこれ夫婦関係にも適用しないとダメですね。常に(表向き)ゴキゲンな妻。できるかしら。
多分地球上で今最も不機嫌な私のオーラを浴びているのが旦那だと思うので、とりいそぎ旦那にニコニコすることから修行を始めたいと思います。

オラ、ワクワクしてきたぞ!!(修行前の悟空の名台詞)

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-09-29 21:25 | わたくしごと | Comments(4)

専業か兼業か問題

本日の体重。寝る前、着衣で63.3kg(前日比-0.7kg)。夜間の頻尿に期待。(もはや頼れるものは尿のみ)

最近うっとうしいくらいの更新頻度ですが、思うところあってちょっとできるだけ毎日書いていこうかなーと思っているので適当にお付き合いいただければ幸いです。

さて、最近働きたい欲が出てきました。
怠け者で社会不適合者四国代表の私がどうしたことでしょう。
単純に1年半にわたる育児生活に飽きがきてる説が濃厚だったんですけど、
こっから第2子を産もうというのに飽きている場合ではないし、よくよく考えてみるとその説もなんだかしっくりこないのです。

この働きたい欲は本物なのか?それとも育児から逃げてるだけか?
悶々と考えたりしてるんですけど、別に働きたいって気持ちはただあるだけで、本物じゃなくてもいいのでは?という気もしてみたり……。こういうことを考えるからすぐ「考え過ぎ」って言われるんだろうなぁとかさらにMONMON…。

そもそも何で働きたいのか?ってところを考えてみると、

1、家計が不安
2、社会とのつながりが欲しい
3、やりがいが欲しい
4、大人と接したい

みたいなことが挙げられるんですけど、どれもリアルじゃないような…。
やっぱり5、育児に飽きた んかなぁ。でも1歳半ってクッソ大変ですけど結構面白いですよね。
一日の終わりにはジョーの如く真っ白に燃え尽きてますけど、その燃え尽き感もそんなにいやじゃなかったりしてるので、単純に飽きたのとも違うような気がする…。

私はシングルマザーの母親から「女も働くべき!」って言われながら育ち、、まぁ今もたまに言われるんですけど、それを当たり前として大学出て就職活動したら意外に会社という組織に全く馴染めなくて、打ちのめされた20代を過ごしたんです。

でも表向き社交的でハキハキしてる、がさつな雰囲気の女なんで、友達とかにも「専業主婦って柄じゃないよね~」って言われて自分でもそう思い込んでるんだけど、別に家事とかこつこつやることは嫌いじゃないんだよなぁ。
でも人様に見せられるような小奇麗な料理を作ったり、あれやこれやを手作りしたりという、ていねいな暮らし、的なことができるような人間でもない。

なんて中途半端!

結局働かねばって気持ちも、専業主婦は向いてないって思い込みも、自分でない誰かに刷り込まれたもののような気もするんですが、何となく働いてないと落ち着かないのも事実。

子どもに対しても自分が仕事が忙しい親にしてもらえなかったようなことをしてやりたいような気もするし、
働く背中を見せたいような気もする。

そもそもこんな社会性のない人間、とっとと再就職先を見つけないと年齢と共にどんどん職がなくなるのでは?!みたいなことを考えて焦って、何となく図書館で借りたこの本を熟読しました。

本当の仕事の作法 内田樹 名越康文 橋口いくよ

結果、やっぱり何か働きたい気がするなぁ~なんて揺く思った。
あとやっぱり人柄が大事なんだな、と。名越先生曰くの「リンゴスターのようなかわいげ」。(これ笑った)
確かに仕事がうまくいかない、会社に馴染めない時の私は大して仕事できないくせに上から目線の嫌な若者だったなぁ、と思いました。やる気ないオーラも出てたと思うし。一緒に働きたくなさすぎ。

あと自分は31にして何がしたいのか何ができるのかが分からない、いまだに「大きくなったら何になろうかな」と思ってる人間なので(もう十分大きいわ。特に顔と体の横幅が大きすぎるわ)、本書にあった

やりたいことがない人間は「何か仕事ないかな」ってセンサー上げて待っていればいい。
そうして外部から聞こえたお前暇なんだろこれやれよ、というコーリングには原則応えること。
オープンマインドが大事、頑なさを捨てろ、

みたいな意見にはふむふむなるほど、と膝を打ちました。

とりあえず目の前のこと(育児)を頑張りつつ、求職センサーを高めておこうかな。
次いつ働けるのか、何で働きたいのか、本当に働きたいのか、いまだによく分からないままですけど。
よく分からないのもこれまた人生ですよね(何でもそれでまとめる)

何か今日はいつにもまして宙ぶらりんなかつお堅い話になっちゃいましたね!ご愛嬌ぅ!
さてしこたま水飲んで寝るぞ!!

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-09-28 21:50 | Comments(4)

ブルーサンデイ

皆、冷静に聞いてくれ。
朝起きたら62.3kgに落ち着いていた体重が、今寝る前に計ったら64㎏になっていた………

原因?原因は一つさ。食べ過ぎだ。
昨日あれほど身体の声を聴いて…みたいなスピリチュアルなことを言っておきながら、今日はめっちゃ食べた。
身体の声、ガン無視してた。身体の方もびっくりしたみたいよ?
え、何聴かないの?今叫んでるよ?お腹いっぱい!!もう食べなくていいよ!!!おーい、聴いてる?聴こえてるぅ~~~~?!?って。

聴こえてたけど無視した。
何故ってイライラするんだ。
たまの日曜日、今日は旦那唯一のお休みデイ。
朝比較的早く起きてきて、頑張ってくれた。
お手製のピザまで作って、子どもの面倒もよく見てくれた。
私は一人で図書館も行けた。
娘もむっちゃ昼寝した。旦那がめっちゃ寝る人なんで釣られたのか、いつもの倍寝た。
生活リズムクッソ狂ったけど。


旦那ねぇ、マイペースなんですわ。
朝私が用事で別室にいたら子どもがすんごい愚図ってて、あんまり愚図るからどうしたのかな?と思ってリビング戻ってみたら愚図りまくる娘を尻目に旦那が淡々と娘の衣替えをしてた。
助かる。私整理整頓苦手なんで、衣装ケースの中はちょっとしたカオスだった。
衣替えしなきゃな~ってぶつぶつ言ってたんで、やってくれたんだろう。
助かる。助かるんだけど…それ今かね?

旦那がピザを焼いてくれると言うので、じゃあ図書館帰りに材料買ってくねって言った。
娘が昼寝したという連絡を正午前に貰い、ゆっくりしてきていいよ、と旦那は言う。
ありがたい。ありがたいけど、ピザいつ作る気なんだろう…。

結局娘と3時過ぎに起きて、そこから作り始めた(具の調理とかは前もって私がやった)ので昼ごはんを食べ終わるころには4時になってた。

よ、夜ご飯何時に食べさせればいいのかよ…。

そういえば今日天気が良ければ動物園に行こうねぇなんて言ってたけど、家族で何もせずに終わってしまったな…

なんて低いテンションでたまの休みを終えるのが嫌だったので、そこから車転がして西松屋とショッピングモールにお買いものツアーして、ファミレスで晩ご飯たべて帰って来ました。食ってばっかりやないかい。
いや大人だけだったらもういいかなって感じなんですけど一応子どもがいるから何か食べさせた方がいいかな~って…で、キッズメニューに野菜がほとんど入ってないから、野菜たっぷりラーメンなるものを頼んで野菜を与えつつ、残りはバッチリ食べてしまった…まいうー。

ちなみに旦那と娘が昼寝している間、空腹に耐えかねてめっちゃ間食した。もう駄目だ。私は精神がデブなんだ…これからはdebu316と名乗らせていただきますYO。

そんなこんなで、頑張ってくれている旦那に何故かイライラしてしまい、そんな自分にイライラして、ますますデブになって反省のためにノコノコと現れてみました。これぞイライラデブデブスパイラル。

何か普段、育児において自分が常々先のことを考えて時間に追われながら先回りして準備しているために、旦那のマイペースさが腹立つんだろうなぁと。私なら衣替えも調理も娘が寝ている間にやると思うんで。
でもそんなキリキリした大人2人に育てられるのもかわいそうだし、たまの休みくらい変則的な一日があってもいいと思うし、冷静に考えたら何もイライラする必要ないじゃん?って頭では思えるんですけどね…。

とりあえず次の検診は水曜日なので、月火と修行僧のように暮らしてみる。
体重減るかな…ご飯抜いても胎児に影響ないかな…。
ここんとこ気付いたら「妊婦 絶食」とかで検索している典型的なダメ妊婦です。

そんなわけで恥を忍んで今日というダメな一日を晒してみました。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-09-27 22:12 | 妊婦生活 | Comments(6)
危機感と共にお届けしたい今日の日記。
こいつはヤヴァイ。体重増加が止まらない~2015秋の陣~とでも銘打ちましょうか。
止まらない終点ない!止まらないぜ、ん、ぜ、ん!!!

と思わず最大フォントで多分ほとんどの人が知らないタキツバの曲に載せてお届けするくらいには焦ってます。

一人目で15㎏増えた私。
体重計には見たことない十の位、顔もパンパンで、出産直後の体重測定でも位の数が変わってなかったときははっきり言って人生終わったと思いました。
グッバイ30年間のぽっちゃりライフ。そしてセイハローデブライフ。と思ったものです。

授乳のお蔭で何とか元の体重に戻って、しゃらくせぇから書きますけど2人目妊娠前のスペックが160㎝ 56㎏。何とか健康体重。本当は51、52㎏で生きたい。いやもっと欲を言えば40㎏台になりたいの‥なんて思ってたらありがたく妊娠しまして、次は絶対15㎏も増やさない。7㎏増を目指そう。
同じ過ちは二度と繰り返さないのが大人。
ノーモアデブライフ、と思ってたんですが…。

今…今…、6ヵ月を目前に控えた今…娘を寝かしつけて体重計に乗ってみた今…

63.5kg。

63.5kgアッタヨ…オカアサン…

おかしい、つい二週間くらい前までGIRIGIRI50㎏台だったのに…妊娠前の体重から換算すると…

だめだ、怖くて引き算できない…。

ちなみに妊婦健診第一回目で57.8kg、二回目で60.7kg。
通ってる産院は比較的体重増加に優しい方だと思うんですけど、
2回目のときに「何したの?」って聞かれた。
「ふ、普通に生きてるつもりなんですけどね…」ってこれ一人目のときにも言ったな…。
先生「普通に生きてたら一ヵ月で3㎏は増えんよね」って言ってた…
アイシンクソウトゥ!!

でも普通に生きてるの、普通に三食食べて、お菓子食べて、たまにカフェでパンケーキとか食べて、小腹が減ったりイライラしたら台所で何かしらつまんで…

それが私のシンプルライフだったんだよ先生…。

一応それからは気にして、かといって甘いもの食べないと心が死ぬから夕飯控えめにしてみたり、米を抜いたりしてたんですけどね…本末転倒って分かってるYO腹の子すまん、マジすまん。

幸か不幸か、妊婦特有の頻尿で朝起きたら大体1㎏くらいは減ってるので、明日の朝はもう少しマシになってると思うんですけど、これは生活意識の抜本的改革が必要そうや…それも早急に…。

ということでこの食生活どぎゃんとせんといかん、と思ったときによく読む本を本棚から引っ張り出してくる…。

20歳若返る!からだにいい実践レシピ 南雲吉則

ご存知南雲先生です。
タイトルうさんくさいけど(コラ)これ読むと意識が高まります。レシピは実践したことないけど(ダメじゃん)ごぼう茶は買いました。
何となく自分内ブームが去ってしばらく飲んでなかったんですけど、結構便秘に効くんでごぼう茶もおすすめ。

っていうかね~やっぱ人間だって動物ですから、空腹を感じてないのに食べるってのは良くないよね!!
飽食の時代が叫ばれて久しいですけど、人類の歴史から見るとまだほんのちょっぴりの期間なんですよこの食べ物に溢れた時代は!
だから人間の体は軽い飢餓状態が健康的になるようにできてるの!食べ過ぎダメ!絶対!!

とモロに本の影響を受けて熱弁してみましたが、この意識がいつまでもつのか…。

いやしかし体重増加に危機感を覚える前から、このところずっと自分は脳先行の人間だな、と思っていて。
何かもっと体の声を聞くというか、身体先行の人間になりたいなって考えてたところだったんですよ。
私が食べているものもほとんどが、身体が欲しているものというよりは映像やらストレスの影響を受けて脳が作り出した食欲によって食べられているものなのではないか?と思って。

体重ひとつでここまでごちゃごちゃ考えているのが既に脳先行型人間だなって気もするんですけど。

とにもかくにも!!!

健康的な妊婦、できれば小奇麗な妊婦を目指して、ちょっと食生活とか色々考えてみたいと思います…。

この話題についてはまたちょくちょく書くかもしれない。

書かなくなったら、あ、諦めたなとお察しください…。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-09-26 22:47 | 妊婦生活 | Comments(0)

読んだ本のはなし

シルバーウィークナニソレオイシーーーノウウウウウ??
って勢い込んで書いてたけどシルバーウィーク中に書き終わらんかった。
なので

シルバーウィークナニソレオイシカッタノウウウウウウ??

というわけで(どういうわけだ)読んだ本の話をします。

離婚してもいいですか?野原広子

ネットでちらっと読んで、先が気になって思わず購入。コミックエッセイ(フィクション)です。
不穏なタイトルですね。届いたはいいけど旦那に見つかったら無駄な動揺を与えそうなので、本棚の奥にしまっています。私優しいな(自画自賛)

読後思ったこと。
私は離婚はしないでおこう。明るく居心地の良い家庭づくりを頑張ろう。
不穏なタイトルとは一転、清い心で本を閉じました。何故か。

購入前に色々な感想を見たんですが、こんなことで離婚考えるの?とかこれ妻(主人公)も悪いじゃん、みたいな感想が多くて、主人公にイライラすることになるのかなーと思って読み進めたんですが、

いやいやこの旦那最悪だろう。

ネタバレになるんで詳しくは書かないでおきますが、私はこの旦那と暮らすのは絶対に無理だと思いました。
勿論主人公である妻の方にも悪いところはあるんだろうし、旦那目線で描くとまた違った話になるんだろうなぁとは理解したうえで、やっぱりこの旦那嫌い。
私は人前で、怒りを表現するために、はたまた人を威嚇するために物に当たる人間は最悪だと思っており、(ゆえにネネちゃんのママはセーフ。)物に当たる人間はそのうち何かのはずみで人に当たるようになると思っております。
この旦那危ない、DV一歩手前ですよ。はよ別れた方がいいよ(フィクションだけどな)

あと産後の主人公に対する言葉が有り得なかった。
母乳でないなんて母親失格、なんてうっかりでもなんでも例え一回でも口にする男と育児をやっていける気がしません。例えそのとき自分がじゃあじゃあ出てたとしても。
んなもんじゃあじゃあびりびりじゃ。(何のこっちゃ)
あの本子どもの食いつきがめっちゃいいんだけど何でだろう。(脱線)

そんな感じでよその旦那(フィクション)にプリプリしながら読んでたら、うちの旦那が凄く良い人に思えてきました。
あの子は基本的には善人なんや。ちょっと人、特に育児中の女の気持ちが分からないお仕事ロボットなところがあるだけやさかい…(何故関西弁)

あと夫婦間の話し合いって大事ね~と思いました。
主人公も自分が何を言われたら哀しくて、どんな態度が傷つくかってこともっと話した方が良いと思う。
靴下丸めるな、とかそういうことも大事だけどもさ。もっと根本的なことを、恐れず面倒くさがらず、大火事になる前、ボヤの段階で話さないといけないんだなぁって思いました。
まさに人のふり見てわがふり直せ、ですわ。夫婦間の火種はこまめに消すに限りますな。

というわけで、うちの旦那善人じゃね?って思いたくなった時に読むことをお勧めします(笑)

いやいやうちの旦那はこれより酷いよ?!って方については頑張ってくれ、それしか言えない…!

そんなわけでシルバーウィーク中に読んだ本の話でした。

他にもあるのでまたおいおい記していきたいどぇす。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-09-24 14:06 | | Comments(0)

育児とSNSその2

同じ題で前にも書いた育児とSNSについての続編でございます。

20代の最後に子どもを妊娠したときから、周りがそこそこ妊娠出産ラッシュだったということもあって、某SNSで友達と育児のあれこれをつぶやきあっていました。

ママ友もいないし、というか地元に帰って来たのに友達もいないし(これは個人的資質の問題)、旦那は忙しいし、離れた友達とリアルタイムでやりとりできるSNSは孤独や不安を紛らわすのにちょうどいい存在でした。

しかし最近、どうにもこうにも楽しくない。楽しくないぞ、SNS。

やっぱり状況が違いすぎるんです。
同じ第2子妊娠中の友達でも、旦那が6時やそこらに帰ってきて、洗濯や後片づけをやってくれて、子どもをお風呂に入れてくれて、土日休みで、次の休みは旦那に子どもを預けてママ友とランチ~♪みたいなの、
元気なときはイイネ!!(心からの叫び)って言えるけど、元気ないときは、ねぇ…ふふふ…(怖いわ)
そんでオラ主に元気ないしな!!
最近体力ないわ~みたいなとりとめのない話題でも、「土日どっちかは家族で家にこもって旦那と交代で昼寝することにしてるよ!」みたいなこと返されたら

うち休み1日しかないんだよね!!旦那は半日寝てるし週休半日制なんだよねどんなブラックだよHAHA!!

って内心思いながら歯を食いしばってそれいいね!!って言葉をつむぐわけですわ。全然よくねぇ。

もうこんなの完全にNETAMI(TSUNAMIみたいに言うよ)だし、妬みなんて疲れるだけなんでやめることにします。

よそはよそ、うちはうち、って常に思うようにしてるけど、その精神をもっとも揺るがすのがSNSではないか?
と思う今日この頃。知らん人なら別にいいんですけどね、リアルの友達はきつい。何でだ何でだろう。
っていうかこの文明の利器を使いこなすのは私には無理だ。
完全に器不足ですわ。ペットボトルのキャップくらいしかないもん私の人間的キャパ。

せめて湯呑くらいのキャパになったら、また楽しませてもらいたいなと思います。
スマホからアプリ削除したら何かすっきりした。空いた時間で子どもと遊ぶぞ本読むぞジャニーズ見るぞ。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-09-08 20:44 | 育児 | Comments(4)
娘が手足口病になりまして、篭城生活も一週間になります。
人様にうつさないために篭ってるわけで、娘はもう元気いっぱいなわけで、エネルギー有り余ってるわけで、狭いアパートに一歳児と朝から晩まで二人きり…あとはもうお察しください…。

さて、子供を産んでめっきり鏡を見なくなったのですが、たまに鏡を見ると大体そこに又吉がいます。

とれかけた緩いパーマ、目の下のクマ、虚ろな瞳…

どうも、芥川賞作家です。

あと昨日ふと思ったのは、

これ、何パーだ?

です。

又吉成分の割合じゃないですよ。
自分のポテンシャルのMAXが100だとすると、今の私のこのルックスは一体何%くらいなのか、という疑問が湧いたのです。

もうロクにメイクしてないから、肌の調子は意外と悪くない。
でも赤味とかそばかすとかシワシミは丸出し。
うっすら口髭なんかも生えており、唇は乾いている…あと顔太い。又吉なのに。いや又吉じゃないけど。

なんだかねー、いまさら綺麗な人になれるとは思いませんし、持って生まれた骨格とかは変えようがないし、三十すぎたんだから刻一刻と老化していくのは致し方ないんですけど。

せめて一回くらい、せめて自分の持って生まれたポテンシャル100パー出し切ったぜ!って思って死にたいな、なんてことを考えたりしました。

というわけで自分比30パーくらいで、美容のことも考えたりしつつ生きていこうと思います。

といっても今できるのは、なるべく太らないように食生活を気をつけて、ちゃんとスキンケアするくらいかなー。
エステとか行ってみたいけどなんか怖いですし…。
今気になってるのはお寺でやってるヨガがあるんですが、それどやさ?ってとこです。
ヨガは割に好きだし、最近仏教にも興味あるし、ついでに墓参りできるし…(うちの墓があるお寺なんですね)

週一小一時間くらいなら娘預けんのもなんとかなるかなーとか思うんですが、いかんせん腰が重く、うだうだしてる間にヨガどころでない腹になりそうな予感もします。

まぁとにもかくにも太らないことですよね。
贅肉は諸悪の根源である。

この間友達と某アイドル見てて、自分のことは棚に上げて「太ったなー!」とか話してたんですけどね。いやその友達はスリム綺麗なママさんなんですけど。
アイドルみたいな綺麗な顔の人でも太ったら微妙なルックスになってしまうのですから、況や我をや、ですよ。

あと痩せてる人って本当必要な分しか食べませんね。
その友達のおうちに一泊したんですが、栄養バランスのいい食事を腹八分目(私的には。彼女的には違うのかもしれませんが)と別の友達が持ってきてくれたスイーツを食べたら、あとはもう食べない。
夜中まで喋ってても小腹がすいたなーとか言ってお菓子つままない。そもそも小腹すいたなんて言わない。主に私が言ってた。早く寝ろや。

自分の生活を顧みざるを得ない出来事でした。
もう挨拶代わりにお菓子つまむのやめよう…(どんな生活だ)
あと妊婦だからノーカン、とか言ってコストコのクソでかいチョコ缶一人で開けるのもやめよう…(妊婦だからこそ気をつけろよ)

みたいなことをつらつら考えている今日この頃です。せめて!小綺麗に!


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-09-03 08:56 | わたくしごと | Comments(6)

踊らにゃsong!song!精神でやっていきたい30歳♀。田舎暮らしに育児を添えて。@kotosuke316でついったもやってます。


by koto316