<   2015年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

前々からネット等でも感じることがあったのですが、リアルの世界でモロにこんな感じのことを言われてびっくりしたので記念に残しておきます。
腹が立った話なので口が悪いよ!

最近娘も乳をあまり必要とせず、母なしでも元気に過ごせるようになってきたため、私の実母に託してちょくちょく結婚式などの催しに出かけています。
また実家が近いため、&うちの旦那が深夜にしか帰ってこない仕事大好きマンのため、特に冬の間は結構な頻度で実母が風呂を手伝いに来てくれていました。
元々私と実母の仲は微妙で、特に妊娠期は『母と娘はなぜこじれるのか』といった本を買ったり、「親 絶縁」とかでググるくらいのまったなし状態だったため、娘(孫)を介した昨今の交流はむしろ我々にとっての平和的解決であると前向きに捉えておりました。

そんな折、おそらくそういった孫との交流を母からてんこもり聞かされた親戚のおばさんに言われたのが以下の言葉です。

「もっと一人でちゃんと子ども見た方が良いよ」

その方が育児を楽しむための力がついて云々…みたいな言葉が続いたのですが、WHAT!?(驚きのあまり国際化)と思いあまり耳に入りませんでした。
平静を装い意見を聞くと、どうやらおばさんは一人で育児を頑張った、という自負があるらしく、
おばさんの娘も近くに親がいないなか苦労しながらも工夫して育児を頑張っているらしく、
端的に言うとお前も私たちのようになりなさい、ということでした。

知らんがな。

もうねー、多分子ども産んで以来最大級の知らんがなが出た。

娘が苦労してるって思うなら助けたれよ、と。
っていうか自分のした苦労を後進はしないように、幸あれ、と願うのが先達の愛では?
なぜ同じ苦労を強いる?!WHYなぜに?

頭の中は永ちゃんでいっぱいだったのですが、時間が経って冷静に考えてみると
おそらくおばさんや、こういうことをドヤ顔で言ってくる人たちってどっか自己承認欲求が満たされてないのかな、と。
本気で自分は育児をやりきった!がんばった!!と思って満足してたら、他人に強いることなんてないと思うし。いやたまにこれ凄い良かったからやってみて!みたいな人もいるかもしれないけどそういうポジティブなオーラが出てないんだよな、満たされないババアどもは。

そう考えると「そうなんすかー」「すごいっすね」「さすがっす」って欲求を満たしてあげるのが大人の対応だったかもな。おもいっきり「はぁ?!」って顔して無言で聞いてしまいましたが。

さらに一晩経ち、

この「母親を孤独にしてはいけない」みたいな風潮全盛の時代に、なかなかアナーキーなこというババアだな、と冷静に思えるようになってきました。
あとうちの母親がかなり事実を盛って話していた(今日も頼まれて娘のとこ行かなあかんねん、大変やわー、みたいな。一応、頼んだのは風邪でダウンした時だけ)という説もあるので、面倒くさいのでこれからはなるべく実母を頼らない方向で行こうかな、と。関西に行く用事がちょくちょくあるのですが、娘も連れて行くか…。
あと頼るべきは本当は旦那だったなぁって今更ながら気づきました。
どっかで、仕事の邪魔しないいい女、みたいなのを意識してた部分もあるかもしれないな。
そんなもんクソおくらいあそばせですわ。
あとは一時保育とか児童館とか、外部の資源を最大限利用したいと思います。

別に誰かに頼らない育児が凄いとか一人でやるのが偉いとか、私は微塵も思ってませんけどね。
母子ともに機嫌よく過ごせているのが一番素晴らしいと思います。どんな形であれ。
しかし実母をなるべく頼らないと決めたこと、なんやかんやでおばはんの思い通りになっとるやないか。ババアは強いな、という話でした。(え)

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-03-30 12:32 | 育児 | Comments(2)

1歳を迎えて

娘が1歳になりました。めでたい。

0歳のときは、赤ちゃんが終わるの寂しいなぁと思ったり、いつまでもこのままでいてほしい、なんてセンチメンタルになったこともありましたが、蓋を開けてみたらワンワンとうーたん型ごはんは作るは飾り付けはするはで踊らにゃそんそん精神をいかんなく発揮した初誕生日だったのです。
(大したクオリティではないのであえて写真は載せませんふふふふふふ)

いやー一年間娘も私もよく頑張った。誰も言ってくれない(催促するまで旦那も言ってくれなかったこのうんこやろうめ)ので自分で言いますがお疲れさま!私!!ということで悦に入ってたのですが当然ながら1歳を過ぎても育児は続くよどこまでも。育児must go on…。

というわけで、なんか後追いが始まりました。

えっ今更って感じです。
うちの子は後追いしないタイプの自立型赤子だと思っていたのに…。
風呂も私が入っている間一人でリビングで遊ばせといて、ダッシュで迎えに行く、という寸法をとっていたのですがもう叶いません。便所に行くだけでこの世の終わりとは、聞いていたけどなかなかになかなか…。

あと気性が荒くなってます。

えっ先輩何かキャラ替えしました?って感じです。
気に入らないことがあると両手をぶんぶん、首を振って怒りを示します。
寝起きの機嫌も最悪。抱っこをも拒否してキィエエエエエエエエとゴン泣きしながら転げまわる姿に思わず爆笑してしまいました。だってキィエエエってあんた…ねぇ…。

乳はなれは依然進んでおらず、昼間なるべく減らそうとしているのですが勝手に服を捲りあげ、貴族のように遊び飲みしながら、乳をしまうと怒り狂って私を叩いてくる始末。

今まではひょうきんマイペースな娘だったのに、アップダウンの激しい肉食系女子に変わりつつある娘を戸惑いながら見つめているここ数日です。一歳ってすげえな。マジビビる。これからどうなるんだろう。

とりあえず極力イライラしないように、面白いところとか笑けるところを見つけつつごまかしごまかしやっていきたいと思います。最近笑われてるのが分かるみたいで笑うと怒るんですけどね。どないしろと。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-03-19 20:29 | 育児 | Comments(2)
f0353868_2128495.jpg


春めいた陽気に誘われて、娘とフラフラ歩いているうちに、いちごが食べたくなりまして。
とにかく無性に、いちごが食べたくなりまして。

フラリとカフェに入りました。
徳島ではよく雑誌で目にする、ガッティーノさん。

最近ぐずるにせよはしゃぐにせよ、とにかく声がデカイ娘。
オサレカフェ、行けるかなー迷惑かなーって入口でかなり逡巡したのですが、えいやと飛び込んでみました。
とにかく無性にいちごの気分だったのです。(分かったよ)

平日なので人も少なく、他の席とちょっと離れた独立したスペースに通されたので、ほとんど2人きりのような空気でくつろぐことができました。
娘にお菓子を与え、食べてる隙に、背中でパフェを隠して、がっつく、がっつく。

牛丼のような勢いでいちごパフェをかっこみました。子どもを産むと女はたくましくなりますね。

娘は店内の照明を指差したり外の風景をいっちょまえに眺めたりして、終始ご機嫌でした。案外なんとかなるもんだな。
何事もやる前にいろいろ考えて面倒臭くなるタチだったのですが、ええいとやむてみることも大事だなとおもいました。
たがだかカフェですが。
されどカフェなのです。

娘よこれからは母とどんどん出かけようぞ。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-03-13 21:14 | 食べ物 | Comments(0)
日曜日は大学時代のお友達の結婚式にて、関西行ってました。
披露宴は午後からだったのですが、ここぞとばかりに友人とのカラオケを入れ込み、まさかの早朝6時30分出発。

まだまだアイラブ乳な娘を置いて、12時間以上の不在。無謀かな〜と思ってたんですが旦那も特に気にしてる風でもなかったのでえいやと行って参りました。

結果。

全然イケる。
我が子、もう乳なしでもイケるクチです。

もちろん数度のギャン泣きや、さみしがる(私のパジャマを吸いながら泣く。天使かよ)様子はあったようなんですが、昼寝を3回もして、離乳食もよく食べ、普段ほとんど家にいない父相手にいないいないばぁなども披露し、とてもいい子で留守番ができたようです。

むしろ私の方が乳カッチカチでしぬかと思ったわ。
帰宅しても私の顔を見て超はしゃぐもののそこまで乳!乳!という感じでもない娘、このまま断乳いっちゃう?!いっちゃう?!?と思いましたが、乳が痛すぎてちょいと吸うておくれやす、と私から乳を出してしまいました。

たっぷり吸った娘は途端私への興味が薄れたようで、素知らぬ顔で部屋を動き回っておりました。

いやーこれはイケるな、これからはちょくちょく遊びに行こうと思います。
そして春には断乳だ!

今回一人で難波をぶらつきながら、しみじみ「そういえば私は元来一人の人間であった」と思い出しました。
あまりに娘とセットなのが当たり前で、そんなことすら忘れてましたよ。数年前は当たり前の日常だったのになぁ。
一人でゆっくり飲む駅のなんてこたぁない珈琲は戸惑うほど美味しくて、でもなんかとても手持ち無沙汰だった。
友達と合流する前は心もとなくてさみしくて不安で、案外依存してるのは私の方かもなぁと思いました。
もっと個人活動しなくては。
本を読むとか、就寝後一人の時間を作るとか、そういうちっちゃいことでいいんでね。

多分そういう時間を経て母の笑顔は作られるんだよな、と久々の再会にてはしゃぐ娘を抱き上げながら思ったのでした。(半分くらい「乳痛い乳痛い乳痛いしぬ」って思ってたけど)

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-03-09 10:39 | 育児 | Comments(2)
よく「夜間断乳」という言葉で検索して当ブログにお越し下さってる方がいるようなので、その後について記しておいた方がよかろうかと思い、今日はプチ夜間断乳その後の話をします。

結論から言うと、うちの子は今でも3〜4回は夜間起き、授乳する羽目になっていますので、断乳という意味では失敗しています。
元々添い乳に頼り過ぎて、一晩で10回くらい起きていたので、私的には当初は満足しておりました。
何と言っても最初の寝かしつけがトントンで済むのもデカイ。

しかし人間とは欲深い生き物で、今は一回も起こされたくないからそろそろ本気の断乳しようかな…という気持ちに変わってきています。

何せ夜中の泣き方が段々激しくなってきて精神的に消耗されるのと、一々身体を起こして授乳する×3回と添い乳×10回では身体のつらさ的にあまり差がないのでは?と思ってきたのが理由です。

できれば5月(一歳二ヶ月)くらいまでにやめたいけどどうかなー。
(友達の結婚式があるので飲酒したい)

この先思いのままにならないことが沢山あるのだから、乳くらいは満足いくまで与えてあげたい、という気持ちと、
下手に断乳したら早めのイヤイヤが来るのでは?という恐怖があいまって、なかなか決断できておりません。

夜、夜寝てくれたらそれだけでいいのだが…!!

もう一度ゆるふわじゃなくてガチの夜間断乳をすればいいのかもしれませんが、もうこの時期(一歳手前)になってくるとどうせ辛い想いをするなら昼間も断乳したいよねー。

今のところ日中、夜中合わせて最低6回は授乳してるのですが、離乳食も超順調な中それだけあげてるのだから、満足して自分から離れてくれないかな〜と淡い期待を抱きながら乳出すエブリデイです。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-03-05 10:48 | 育児 | Comments(0)

楽しいことしかやらnight

イエーーーーーイ!!
前回記事と一転、上がり下がりの激しいブログですみません。今日はアッパーな私をお届け。

今日書きたいのはタイトルの一言に尽きる。
私はもうこれからの人生楽しいことしかやりま千まさお!!(うざいテンション)

最近本当イライラしてて、もう私がワンピースのキャラクターだったら間違いなく名前はMrs.イライラだったな、ってくらいイライラしてまして。食べたのはイライラの実な。トゲトゲの爆弾投げます。
もう触る者皆傷つける全盛期の千原ジュニアばりのジャックナイフ具合だったんですけど、
ふと、娘がもうすぐ一歳になるにあたって、どんな親になりたいか、なんてことを考えた時にですね。

おっ?なんか大人になるのも楽しそうじゃね?って思ってもらえるような大人になりたいな、と思いましてですね。

そしたらこんなイライラの実食べてる場合じゃないし、触る者皆傷つけてる場合じゃないし、イライラさんララバイララバイおやすみよ、なわけです。

今までは何でも「楽しもう」とか「楽しまなけレバー」とか思ってまぁ割と挫折してきたんですけども、
楽しまなあかんって思った時点でんなもん楽しめるわけあるかいな、ということで。
無理しないでハナから楽しいことしかしなければいいじゃない?じゃない?アッハーンという方針で生きていくことにしました。

まぁ言うても家事とか育児とか確定申告とか必要最低限のことは例え楽しくなくてもします。
楽しい以前に社会的にアウトな人になるのはちょっちゅね!!

でもその他の付加的なこと、たとえば仕事とか人付き合いとかそういうのは楽しいことだけ選んでやっていきます。

で、何度もここで書いてきたように、私のイライラの原因の99.9%は旦那が忙しすぎることが原因だったのですが、もうこれは考え方を変えるしかない。

もう私は楽しいことしかしない。仕事も選ぶ→すると多分あんまり金稼げない→旦那に稼いでもらおう→忙しいのも受け入れようじゃないか諭吉カモン!!!

このたび、ようやくと言いますか何と言いますか、ワーカーホリックな旦那を完全支援する側に回ることで収入をカバーしてもらおうじゃないか、という考えに至りました。
これを白鵬の嫁メソッドと名付けたい。

白鵬も優勝したんは奥さんのおかげや言うてたし。
奥さん1ミリも相撲なんかとってないけど最強の横綱作りに貢献してるわけやし。
目指せ白鵬の嫁。
そしてお前のものは俺のもの、俺のものは俺のものジャイアニズムで旦那の稼いだお金でオレ、ムスメトオイシイモノイッパイタベル。エステモイク。マッサージモ。
私ニコニコ、娘もニコニコ、旦那もニコニコ(多分)。幸せ家族計画!!!! 我が家の家訓は適材適所です!!!(今作った)

もう楽しいことしかしないで生きていくと思いついた日、興奮してしまってなかなか寝付けませんでした。
なんたる人生観の抜本的改革。根暗歴30年の私よさようなら。
旦那と同じだけ仕事ができなくて、コンプレックスから疑心暗鬼になっていた私よさようなら。
女の人だって男の人と同じだけ稼がないと将来不安だよ?って言葉に縛られていた私よさようなら。

私は自分の楽しいと思うことで身の丈に合ったお金を稼ぎます。
そして人生を楽しんでいる姿を娘に見せる。
何者にもなれなかったことがずっとコンプレックスだったけれども、何者にもなれなくても人生楽しく生きられるんだよってところを娘に見せることが何かにつけて中途半端な私の使命ではあるまいか、と。

っていうか楽しんでやったらそのうち諭吉もフラフラ引き寄せられてくるんじゃないかな、と思うんだけどどうかな?

とか言いながら何せテンションお天気野郎なんで、明日にはまたイライライライラしてるかもしれない。
触る者皆傷つけて世界を呪っているかもしれない。
でも今日のところは、楽しいことするぞ、という気概に満ちている。
こういう気分をちょっとずつつないでいって、愉快なおばさんになりたいなぁ。まとまりないけど、おわる!

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-03-04 21:54 | わたくしごと | Comments(0)
第一子ももうすぐ一歳、最近考えるのはベタですがやっぱ標記の2つです。

1、きょうだいは欲しい。できればあと2人
2、極力働きたくないけど仕事はしていたい。自分の食い扶持を自分で稼がない居心地の悪さが嫌

私も今年で31。1についてはさっさと作りなはれ、で終わる問題かと思うんですが、
2が邪魔する…。

これから2人産んでるとだいぶ時間が空きますし、経済状況の良くない田舎町なんで条件は悪くなる一方な気がする。
理想は3人だけど、現実的なことを考えてここはひとまず2人産んで求職かな…と思うんですが、
いっそのこと1人にとどめて仕事を探し、30代後半で2人目目指すのもアリか?とか考えたり。
でもその場合もしできなかった時に後悔しないかな~とかThis is デモデモダッテという塩梅で考えても詮無いことを考え眠れない(嘘ツムツムやってる)今日この頃なのです。

旦那は別にどっちでもいい、機嫌が悪くない方でよろしくって人で、会社経営は未知数ですけど上手くいけば小金持ちくらいにはなれるかも、ならニコニコ専業主婦3人子持ち母さん目指すのも…

無理だな。深夜帰宅週一休み盆正月出勤デフォな旦那with3人の子持ちとか絶対ニコニコしてないわ。

先日バリバリ働くキャリアウーマンの友人に、「宝くじが当たったら働かなくても気持ちに余裕持って生きてけるのかな~」とまぁだいぶベタな妄想を話したところ、

「無理じゃね?あんた口座に10億あってもバイトとかしてそう」

と言われた私。バイトってとこがポイントだよなw 決して仕事大好きバリバリキャリアウーマンタイプではない私の属性を見事に言い表していると思いますw
貧乏性かつ心配性なんです。お金にあんまり執着はない方(元々貧乏育ち故使い方を知らない)とは思うんですが。

私母親のみの片親育ちなんですが、とにかく母が倹約家で。
ぶっちゃけ祖母の遺した遺産等、隠し持ってたお金はあったらしいんですが常に「我が家に金はない」オーラを出されて育ちまして。
髪の毛振り乱して働く母を前に、高校生になっても美容院行きたい、服欲しいなんてものすごく言いづらくて、まあ本当にやりたいならバイトしろやって話なんですが、そこまでのモチベーションもなかったんでしょうね。異常に引っ込み思案だったしw
諦めた方が早い、お金使わなければ良い、っていうか人(母)の稼いだ金なるべく使いたくない、早く自分で稼ぎたい、ってずーーーーと思ってまして。

そのときの感情がまだ残ってるのかな。
旦那が稼いだ金で暮らすのも何か不安なんですよね。
うち未だに一部別会計なんですけど、(家賃光熱費旦那、食費自分の携帯等私)何となくその方が居心地が悪くないからで、お金の収支把握できないからよくないな~とは思ってるんですけども…。

うだうだと書いてしまいましたが、旦那とか子どもへの遠慮とかでなく、自分が本当に気楽にやれる生き方はどれか、ってことをちょっとずつでも考えていきたいと思います。
人間が出来てない故、誰かを思いやって道を選択すると絶対「~のためにこうしたのに!」って思いそうな自分がいるので。

自分本位に!俺は生きる!!!

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2015-03-01 23:44 | 育児 | Comments(0)

踊らにゃsong!song!精神でやっていきたい30歳♀。田舎暮らしに育児を添えて。@kotosuke316でついったもやってます。


by koto316