<   2014年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

読んだ本のはなし2

娘を抱き上げた瞬間、何故か大学生の時に好きだった先輩のにおいがした。
原因は多分、昨日知り合いに貰った服だ。
その柔軟剤だか洗剤だかのにおいが、記憶の中の先輩のにおいと同じだった。

私はあの頃できなかった、そのにおいの元を思い切り抱き締めるということを、めいいっぱい堪能した。

はい!!!

どうもこんにちは。
最近平凡な日常を特別なものに変えるのは、自分の感性ひとつだよな~と思います。
というわけで最近読んだ本のはなしをします。

ねにもつタイプ 岸本佐知子

とにかく散歩いたしましょう 小川洋子

どちらも平凡な(著者は著名な翻訳家と小説家ということで平凡な、という表現はとても似つかわしくない方ですが)日常を特別な感性で切り取った素敵エッセイ。

とくに育児の何かが書いてあるわけではないですが、日常で散り積もった閉塞感に良い感じの穴を空けてくれた名著でございます。

ねにもつタイプは独特の視点が笑えます。気持ちが軽くなること羽毛布団の如し。
とにかく~はじんわり来ることが多かったかな。
子育てにまつわる親の心配性の話がちょっとだけ載っていて、泣いてしまった。
最近子どものまつわる話題には涙腺やわ子さんです。

小川洋子さんの小説は元々大好きで、博士の愛した数式が有名ですが、一番好きなのは猫を抱いて象と泳ぐ。チェスの話です。チェスのルールさっぱりでも無問題です。
どうでもいいけどタイトルうろおぼえで最初「象を抱いて海を泳ぐ」って書いてた。無理。

そんなわけで娘っちの超細切れ昼寝の合間に読んだ本の話でした。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2014-09-25 17:21 | | Comments(0)

十年の孤独

百年の、ならぬ十年の孤独。それは育児により生じる。

何故十年か。いや大体手が離れるまでそんなもんかなって。あと語呂。(適当か)

最近娘っちは21時頃就寝し、その後1~2時間で大体2回泣いて目を覚まします。
本格的な覚醒ではなく、大体ワーンと泣いて5分くらい抱っこしてたらまた再入眠する浅い覚醒。

大体別室で用事している私は盛大にビクッとしますけど、最近あまりに頻繁なのでちょっと慣れてきました。
これが夜泣き?にしては何とも聞き分けの良い夜泣き。怖い夢でもみるのかしら?

で、今日二回目のワーンをやられて、在宅でちょこちょこやってる仕事の手を止めて寝室に行き、娘を抱いていて思ったんです。

私、孤独…!!

ああでも心配しないでくださいね。(え、別にという声が聞こえる)
落ち込んでいるわけではないんです。
ただ客観的事実として、そう思っただけで。

明日は祝日だけど、旦那の仕事に祝日と土曜休みという概念はない。
(何なら週一日曜の休みも「結構無理してとってる」的なこと言われた。キリストに怒られるで)

明日も当たり前に娘っちと二人きり。

こちらに帰ってきて一年半、気軽に連絡のとれる友達は片手で足りるくらい。
同じように子どもがいて、祝日に遊ぼうようって言って遊んでくれる人となると途端に指を折ってドラえもんの手にするしかない。(いないってことだね)

別に子どもいない友達でも遊んでくれるなら大歓迎だけど、たまの休みを動きが限定される〇歳児持ちのために拘束するのもなんだかねって思ってやっぱり我々は明日も二人ぼっち。

思い出すのは関西にいるお友達。地元よりはたくさんの、同じような境遇、似た価値観を持ったお友達。

あー帰ってきたの失敗だったかなぁってこれまたカジュアルに思って、まぁでも失敗もまた人生のスパイスさ、と思いながら揺れていたら娘は再び夢の中なのでした。

おやすみなさい良い夢を。

明日もいっぱい遊ぼうね。


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村

大阪の友達と話した。
子育てにカタがついたらいっぱい旅行したり遊びまくろう。
そのために健康で小金持ちな還暦目指そう。友達も大事にしよう。
何なら女ばっかで別荘立てて暮らしてみたり、同じ墓に入ってもいい。

海の向こう(って言ったら外国みたいだけどただの本州w)で頑張る戦友と言って差し支えない人たちを思って、私も眠る。
[PR]
by koto316 | 2014-09-22 23:55 | 育児 | Comments(0)

2です。

何がって今日の私のHP(ヒットポイント)が。

残り2ですよ。今週のサザエさんは!じゃなかった娘さん凄い。魔の6か月凄い。

寝返ってギャーン。
おもちゃ落としてギャーン。
母が席を立ってギャーン。
抱かれてギャーン。
乳くわえてギャーン。
目覚めてギャーン。

おおう…

精神的に追い詰められて今日気付いたらギャン泣きする娘の前でリーリーやってた。

f0353868_2259276.jpg
リーリー参考画像

リーリー。リーリーって言うかギリギリ。精神的に。

で、そのままてぃーてぃー(1分35秒頃からご覧ください)踊った。正式にはてぃーてぃーてぃーてれって てれてぃてぃてぃ 〜 だれのケツ〜ね。

すると何かを察したんでしょうね。一瞬泣き止んでくれた。空気読める子。

いやいやいやいや日ごろ、よく飲みよく笑いそれなりに寝る「一人目だけど何となく分かるこの子育てやすいっぽい」の称号をほしいままにしている我が娘ゆえに、そして母である私の豆腐(絹ごし)メンタルゆえに、この変化は堪える!

これまで魔の~っぽいのは何度かあったものの、昨今の成長(体重、声のでかさ、爪でひっかく等の攻撃のシャープさ)の影響か今までとはダメージが段違いですわ。

最近添い乳もあんまりよくないのかな~なんて思いつつあるところだったんですが、背に腹は変えられん、ていうか背に腹が変わるわけないじゃん別もんじゃん、ってことでガンガン添い乳して無理くり寝かす感じです。
もうほんと乳やってるときの私、慈しみとか皆無。「オラ、寝ろよ」ってチンピラみたいな顔してると思う。

まだ本意気の夜泣きがないのが救いかな…。
とりあえずこうしている間にも一分一秒でも早く寝た方が良いって分かってるんですがリーリーのくだりはどうしても伝えたかった。本当に自分おかしくなったかと思いましたもん。おかしくなるベクトルもおかしいわけだが。

ずっと不機嫌な娘さん、まんまるだったお目目(親BAKA)も心なしか上瞼が真っ直ぐになって、眼光鋭くなったような…

ああああ明日が来るのがコワイヨーしかも明日は予防接種ダヨー誰か変わってクレヨンーてぃーてぃー踊りながら家で待ってるからサー。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2014-09-17 23:20 | 育児 | Comments(3)

今やめたいすぐやめたい

砂漠の真ん中で!!!!

稲葉さんのシャウトでお届け、本日の日記なんですが…。

いまやめたいもの、それはフェイスブックです。

じゃあ今すぐやめたら?

はい終了。

今日の日記終了しちゃいます。

ちょっとうだうだ言うから聞いて帰って欲しい。

最近めでたいことにお友達が出産ラッシュ。
連日赤子の写真や成長報告でにぎわう我がタイムラインです。

位置情報を消したり撮影場所などについては明記しない、他人の子の顔が写った写真はアップしない、など基本事項は守りつつ、ご多分に漏れず私も「誰が楽しいねん」と子なし時代は思っていた子どもの写真アップという行為をたまに行っています。

そう、行っているのです。

やっちゃってる。悲惨な時代だって言っちゃってる。(それはARASHI)

だから大きな声では言えないので、ここから小声で話しますね…


可愛いの応酬もう飽きた――――――!!!



あ、叫んでもうた。



いや分かるんですよ。

子どもと二人っきりでいたらたまに「うおおおおお誰かと交流してぇええええ」ってなって、その交流感を出すのにあのSNSの野郎はなかなか手軽で丁度いい存在だし。

ぶっちゃけ自分の子どもなんて可愛いの自分だけだよねって8割頭でわかってても残りの2割くらい「いやでもこの子他人から見ても割にイケるのでは」なんて欲目もあるし。

そもそも外に出る頻度と他者と交流する頻度が極端に少なくなった〇歳児育児なうだからこそ、発信する情報なんて子どもの情報しかないぜjkってのもある。

分かるんです。
分かるからこそちょっと恥らいつつ、乙女のように頬染めつつ、私も軽いテンションで「赤子なら顔もそんな区別つかんだろうしいいか。幼児になったらやめよ」とか思って写真ガンガン上げてた。

「目ぇクリクリ!」とか「色白いね~」とか言われて鼻の下伸ばしてた。多分淡路島くらいまで伸びてた。


でも今日、とある友人のアップした写真を「可愛いのぉ」と思いながら見て(ここは普通に思ってる)

近況に対するコメント書いて、おっと赤子の可愛さに対するコメントもマストでね、とか思いながらしこしこスマホでコメント書いてて何か…急に…訪れたんだ…KYO-MU(虚無)が…。

そうしている間にも共通の子どもいる友達(アイコンはほぼ子どもとの写真か子どもの写真)が続々と

「目ぇクリクリ!」とか「色白いね~」的なコメントし始めてて、急に我に返った。


何やっとったんじゃワシは。(何故爺)


我が子の可愛さは私が分かっていればいい。
誰かに形だけ(じゃない時もあるって信じてるけども)の共感を貰わなくても、ひとりでじっくり我が子の可愛さを噛み締めたらええじゃないかええじゃないかヨイヨイヨイヨイ…。

何だろう、この近年の自分の気持ちを発信して誰かに共感されたい欲の高まりは。
なんてブログで書いてりゃ世話はないんですけど(ほんとにな)、何かちょっと疲れてきたな。

最近スマホ見てて子どもの表情を見落としてるなって感じてる瞬間も多くて、
そもそもスマホやめようかなってちょっと思ったりもするんだけどもネットサクサクな感じとか便利すぎてまだそこまでの勇気は出ない…。

とりあえず軽い潔癖症の私は「スマホは便座より雑菌が多い」っていう情報を聞いて以来、ちょっとスマホを触る時間が減ってきてるんでもっとスマホ汚い情報を集めていったらいいのかなって思ったりします。

フェイスブックっていうかスマホやめたいの話になってしまった。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2014-09-10 22:47 | 育児 | Comments(0)
土日は旦那の実家に帰ってました。
車でノンストップなら二時間半、赤子連れてノンストップはほぼあり得ないので三時間〜四時間の道程。

生後二ヶ月の時にも一回帰ってるので、まあまあ落ち着いて帰れました。
一回目の時はオムツを忘れたことに淡路PAで気づくという初歩的にして致命的なミスを犯し明石海峡大橋から飛び降りたくなりましたが…。

今回は忘れ物もなく、娘もギャン泣きすることもなく、実家の家族も皆温かく迎えてくれ、普段とは違う大勢の大人プラス子供の賑やかな晩餐は娘の刺激&私の息抜きとしてもとても良かったのではないかと思います。

しかし
やはり
疲れる

体が重い&何だか喉も痛く、頭がぼんやり(これは割といつも)して、今日は最低限の育児家事とエヴァQの録画を見て解説サイトで知識を畳み込む、という行為しかしておりません…。

お陰でちょっと知恵熱気味…ロンギヌスの槍、アダム、リリス、アダムスの器…
エヴァ用語が飛び交う脳内…。

昨日の晩クタクタで帰ってきて、お疲れ様とか労いの言葉を一切かけてもらえず挙げ句の果てに夜遅くの帰宅で覚醒ハイテンション状態の娘と屍のような私を置いて先に寝落ちした旦那への恨みつらみとあいまって頭が痛いのですが、半分以上は自業自得(エヴァのくだり)今日寝たら忘れる。
労いの言葉って要求してかけてもらってもちっとも嬉しくないしな…。

というわけでいつにもましてまとまりのない文章ですが、松任谷由実さんの言葉でお別れしましょう。(何故)

良い女の定義は、機嫌が良いこと。

ユーミン良い女難しいよぅウワァアアアン!!!

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2014-09-08 17:37 | Comments(0)

読んだ本のはなし

「あんた典型的な“母親”になったな」

呆れたように眉をちょっとだけ上げて女友達は言った。
ファンデーションを塗った白い肌とクリーム色した正方形のピアスの色の対比をぼんやり見ながら
私は「そうかな」と、多分疲れたように笑った。

ハイ!!!!!
というわけで今日も頑張っていきますんで名前だけでも覚えて帰ってくださいね~。
koto316です。
上記は昨日の出来事。独身のお友達との印象的だったやりとりです。
何で小説風って特に意味はない。

あんまり深く考えて物を言うタイプの友達じゃないんで言われたこと自体はそんな気にしてないんですけど、今日チャイルドシートでぐずる娘に適当に声掛けながら運転してて「典型的な母親」ってのはどんなもんだろうなぁなんて思って。

「典型的な母親」って言われると何となくぼんやりイメージできなくもないんだけども、
「典型的な父親」って言わないですよね。「典型的な祖父母」もいまひとつ。
やっぱり母親だけに「典型」が存在するのか。それは誰にとってどんなプラスをもたらすのか…。

なんて考えてたのは数週間前に読んだこれを思い出したからかもかも。

アニバーサリー窪 美澄

出て来るのは世代の違う二人の「母親」。
マタニティスイミングの先生として若い母親たちに栄養指導なども行う70代の晶子と、料理家で有名な母を持ち、何不自由なく育ちながらも母親の愛情不足から家に反発し、望まぬ子を宿したカメラマンの真菜。
震災の夜をきっかけに、心を開かない孤独な妊婦・真菜に晶子がガンガンおせっかいをしていくのですが…。

いわゆる昔ながらの人情派お母さん晶子と今風無感動戸惑い神経質育児を行う新米母真菜。
晶子がおせっかいなのには哀しい過去が理由としてあって、
決してきれいで温かなだけの話ではないのですが、真菜の危うさが気になって最後まで一気に読みました。

読後思ったのは私はどんな母親になるのかなぁということです。

おいしくて栄養バランスのとれた見た目の綺麗な料理を作り、
イベントごとはしっかり自分も楽しみながら可愛く記録を残し
スタイやお洋服を手作りしたりする今風おしゃれママにはなれそうにないし

かといって

バリバリ仕事して自分で世界を切り拓いていく背中を子どもに見せられる
強くて格好いい母親にもなれそうにない。

仕事大好き人間じゃないしできれば働かずに生きていきたいけど、主婦業に生きがいを見出せるほど家庭的でもない自分…。

きっと中途半端なヘラヘラ母ちゃんになること間違いなしで、そんな母親が子どもに何を与えてやれるのか…とかちょっぴり尻込みして本を閉じました。

そしていただいいた「あんた典型的な“母親”になったな」という評価。

典型的な母親とは何ぞや?という違和感、そうか私典型的な母親になれてるのか、という小さな喜び、複雑な感情がうにゅうにゅ湧いて出て、何となく未処理のまま家事をやり、乳を与え、おむつを変えて買い物に行く今日の良き日です。

でもきっとほとんどの人が何かよく分からんままに与えられた母親像に違和感を覚えたり喜んだり凹んだりしながら、今日も子を育ててるんでしょうね。

頑張る皆さんに飴ちゃんの一つでも配れればと思うんですけど、PCの画面に当たって跳ね返ってくると思うんでやめときますね。(賢明)

今日もお疲れ様です!押忍ッ!!(オチが思いつかなかったので気合で勝負)

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2014-09-05 14:26 | 育児 | Comments(0)

産後クライシスは続く

私は寝不足でした。

ここのところ娘自体の寝るペースはまぁまぁ順調。
20時~21時くらいに寝て、2~3時に1回起きる。1時間くらいヒャッハー状態で覚醒して、添い乳で寝落ちさせた後は次起きるのは大体2、3時間後。

しかし睡眠は、戦いだでも書かせてもらいましたが最初の5時間めっきり寝れない日が続きまして。

元々寝つきが悪く眠りが浅い睡眠下手の私。(ただし寝起きは超良い。バイブ音で起きます)
ド○ウェルってどうなん…ってうつろな瞳で検索する今日この頃でした。

さて昨日は日曜日。普段丑三つ時にしか帰宅しない旦那の週一回のお休みの日。
旦那は基本いつでもどこでも5秒で寝られるのび太みたいな人です。

娘の早朝覚醒に付き合ってリビングにいた私。
旦那は10時頃一回起きてきましたが、寝不足オーラ全開(旦那は寝起きが超悪い)。
私はそんな旦那に気を遣うのも面倒くさく、「もうちょっと寝てきたら」と仏心を見せました。
旦那再びベッドへ。

次起きてきたのは昼の2時ごろだったんですが、この頃、朝からいっこうに寝なかった娘がうとうとし始めました。チャンス!!とばかりに添い乳を敢行。寝るか…?寝る…寝る…寝…

「寝すぎたー」ガチャッ(ドアの音)by旦那

娘目ぇバチッ!!!!

おい何してくれとんねんという気持ちを抑えて「お父さんが起きてきたからテンション上がって起きてもたやん☆」という私。
内心は奥歯ガタガタ言わせたろかの新喜劇のチンピラ的巻き舌で全力で恫喝したい気持ちを必死で抑えておりました。

その後娘を旦那に託したりもしましたが娘が泣いてしまい私の昼寝チャンスは5分ほどしかなく、寝不足を引きずったまま夜に。
娘を寝かしつけ、大人だけで晩餐をし、ハァーやっと寝れると思った矢先、何故か24時に覚醒する娘。
Heyちょっと待っておくれよサンデイシンデレラ…(私壊れ始める)

横になりたいのでベビーベッドから大人のベッドに移し、絶望する私、ヒャッハーする娘、のび太になる旦那…(もう寝そう)

抱っこで揺らす、子守唄を歌う、添い乳する、諸々試しましたが、眠くなるまでガンとして寝ない娘。
旦那はもう夢の中です。ハイハイオヤスミー(棒)。で、私はいつ寝られるんですかね?!!

娘が再びウトウトし始めたのは1時間後くらい、数回目の添い乳の時でした。
よし、最近添い乳でしか寝てくれなくなったのは気になるところではあるが、これで何とか寝てくれる…寝れる…寝ろ…寝ろ…寝…

ゴホッゴホッ(咳払いの音)by旦那


娘目ぇバチッ!!!!

旦那再び夢の中…

私…明るくキレる。


「めっちゃムカつくんやけど☆今日2回目やんか♪ それで自分はまた寝るんかい♫」


語尾が無駄にPOPなのは、寝不足で頭がボーっとしていたからだと思います。
まぁどっちも悪気はないし正直そこまで怒りはなかったんですけど、「これは今言っとかな後々クる」という謎の焦燥感もあって、明るく本音を吐露させていただきました。

のび太の旦那はしばらく目を開けておりましたが、私の態度にムカついた模様。
ベッドの隅に移動し、がっつり背中を向け寝る体制。
その態度を見た時にナチュラルに「しねばいいのに☆」って思ってしまって何ていうか寝不足って怖いですねぇ…。

その間もヒャッハーが続く娘さんにやけくそで自作の歌「すぐ寝れる人は良いね無神経で良いね」を歌っていたら、いよいよ腹が立ったのか、布団を持ってリビングに家出したのび太なのでした。


結果旦那がいなくなった寝室で、寝息や歯ぎしり、鼾を気にすることなく久々に熟睡できた私。


こうやって夫婦仲って醒めていくんだなぁ(「おにぎりが美味しいんだなぁ」のはだかの大将のテンションで)
と、どこか他人事のように思っております。


旦那は穏やかですけど割に頑固でプライドの高い人なんで、それなりに本音を抑えて旦那を立てるように付き合ってきたのですが、何かもう旦那に気遣う余力がないっすわ。許してちょんまげ。(鼻ほじ)

仕事してくれるのは大変ありがたいんですが、どうせそのうち私も働きますしね…。
稼いでくるだけじゃいくらでも代替可能だよ☆って笑顔で言ってやりたい。泣くかな。泣けばいいのに。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2014-09-01 12:06 | 育児 | Comments(0)

踊らにゃsong!song!精神でやっていきたい30歳♀。田舎暮らしに育児を添えて。@kotosuke316でついったもやってます。


by koto316