カテゴリ:わたくしごと( 87 )

人に会うのが苦手すぎる

え、あなた30過ぎの社会人ですよね?って感じですが人に会うのが苦手すぎます。
求む、誰にも会わずにできる仕事。

友達とかはまだ大丈夫なんですが、そんなに親しくない人に会うとすんげー疲れる。
仕事ってほとんどそんなに親しくない人に会うこと、といっても過言じゃないじゃないですか。

表向き何でもないように話しているつもりですが、一人になると体がバキバキなことに気づく。
後から「あんなこと言って良かったのかな」「あれはこういう意味だったんじゃないか」とか考えて布団の端から端まで転がりたくなる。山田くん敷布団持ってきて〜〜〜〜!

内気!あまりに内向的!と思うがそうは見えないらしいです。体育会系ですよね?とかカラッとした感じに見られる。いえただの骨太です。声が低くて口がデカイだけです。ただのコミュ障なんです、ほんとに。ただそれを悟られるとなんか申し訳ない気がして頑張ってしまうだけなの…だからもう誰も私に会わないで。

そういうわけにもいかないから、体をバキバキにしながら明日も人に会いますよ。つらい、寝る。

[PR]
by koto316 | 2018-11-14 23:14 | わたくしごと | Comments(1)

部屋が散らかっている

今現在、部屋が汚いなぁ、と思いながらこれを書いています。

受け入れることの練習。(片付けないことへの言い訳ではない。たぶん)
最近この記事を読んで感銘を受けたので。

人でも現実でも、たぶん何でも嫌だな、と否定した瞬間にそれはどんどん自分を疲弊させ消耗させるものになるのではないかな、と思います。
まぁ嫌な人からはなるべく離れたほうがいいけどな。

よく見たらまぁ、躍動感のある散らかり方ではないか。

静的にして動的。感じるよね、“”を。

思いっきり遊んでるなぁ子どもたち。
一応洗濯物畳むだけはしてくれたんだなぁ旦那。
今日もよく働いたなぁ自分。

散らかった静かな部屋で1日を労う。

[PR]
by koto316 | 2018-11-13 23:04 | わたくしごと | Comments(0)

独り言

高校生くらいの時からだったと思うが、何をしていてもすぐ疲れる。
その頃首にプツプツいぼができて、皮膚科に行ったら老人性いぼと言われた。人一倍加齢が早かったのかもしれない。

それから働いて疲れて、育児と専業主婦やって疲れて、また復職して疲れて。

なんでこんなに疲れやすいのかよ…と遠い目をしても誰も癒してくれない。
私にできるのはダラダラスマホを見ず酒も飲まず黙って早めに寝るくらいである。

めんどくさがり、というのもよくない気がする。
どうも人生を生き抜くためのエネルギーが少ない。
ホリエモンの50000分の1くらいだと思う。(なぜここでホリエモン)
少ないエネルギーでいろんなものに気を遣いながらフル稼働、そら疲れるわ。

仕事も家庭もめんどくさいが、めんどくさいなァ…と思いながらなんとかこなして、たまに酒を飲んでクダを巻いて、歌を歌ってご機嫌な夜があったりして、朝にはまためんどくさいなァ…と思いながら諸々して、そういう繰り返しで死んでいくのかなぁと思ったりする。

早く65歳くらいになりたい!

[PR]
by koto316 | 2018-11-08 20:55 | わたくしごと | Comments(6)

そして反省

言うてる端からブチキレてしまった。
朝から100回くらい洗濯中のまだ濡れてるワンピースを着たいとゴネられて爆発。
うちの子どもたちは二人揃って服への執着が強く、気に入った服は毎日着続けるし気に入らない服は絶対に着ない。
靴下一つとっても好きなやつしか履かないのでものすごく気を揉むのだが、同じことの繰り返しでブチ切れてしまい見事爆発、そして今空気を読んで二人で遊び始めた子どもたちを見て反省している。

先日友達一家と旅行に行ったのだがナチュラル&無地のオサレなお揃いの服を着ている姉妹を見て目を剥いた。こんなオサレ(秋色無地)なカーディガン、うちの子たちは絶対に着ない。
フリルかリボンか猫かウサギがついてないと。
さらにピンク、しつこいくらいのピンクがないと。

別段気にしてなかったけどどうしてお前たちはそうなのだ〜ちゃんはお母さんに言われた服大人しく着てたでしょ、と詰めてしまった。

子どもたちはキョトンとしていた。
当然だ、あの子たちのこととこの子たちの服への執着が強いことはまるで関係ない。
喚き散らす母親は子どもたちの目にどう映っただろうか、反省や後悔なんてしない、全世界に発信した直後に私はもう後悔している。

子どものそう言う想いの強さを、私は眩しい、羨ましいとすら思うのに。

[PR]
by koto316 | 2018-11-04 12:20 | わたくしごと | Comments(0)

所感

人生、ただでさえしんどいのであるから自分で勝手に責任感じたり後悔したり反省したりしてよりしんどくする必要はないのでは?とふと思ってから気楽になりました。
まぁそうはいってもしてしまうのが人間、といえばその通りでありそう言う風に開き直れる瞬間があったかと思えば翌朝にはまた重く沈んだりするのが人生、という感じでもあるのですが。

できることは精一杯やりますができないことはできないですからね、と誰にともなく頭の中で思っていると育児も仕事も家庭も気楽。緩く行こうぜ、が最近のテーマであります。
緩く生きるその姿に釣られて誰かが気楽になってくれるかもしれないし、まぁ腹たつ人もいるかもしれませんけど。


[PR]
by koto316 | 2018-11-04 11:36 | わたくしごと | Comments(0)

幸せってなんだ

旦那が子ども2人を公園に連れ出して束の間のひとり時間、これ以上にない至福。
昼ごはんの焼きそばを作る。なんてこたぁない袋麺、ゆっくり野菜を切る、子どもたちが食べやすいサイズの野菜。こぼれないように炒める。静かな部屋。焼きそばの炒まる音と、バイク音と、時折近所の小さい子どもの声。至福。

あまりに至福で、なんで私は家庭を作ったんだっけと考える。
なんとなく、みんなが結婚し始めた時期に結婚して、子どもが欲しくなって、作った。
結婚も出産も平均年齢で済ませて、いま猛烈にひとりになりたい渇望を抱いてる。
これも平均的なのかもしれない。

子どもたちが天才的に散らかしたおもちゃを拾い集めて、ひとつひとつしかるべきところに戻しながら、幸せについて考える。

[PR]
by koto316 | 2018-09-23 11:27 | わたくしごと | Comments(0)

ストレスについて

数日前から舌の奥にでかい口内炎ができ、翻弄されている。
何せ痛い。体の面積に対してほんのほんの一部、1センチにも満たない箇所が激痛ってだけで生活が仄暗い闇に支配される。いやマジで。

もともと口内炎はよくできる方なのだが、こんな大物は初めてで、水を飲むのも悶絶、喋るのも苦痛、分け入っても分け入っても激痛なのである。

同時に子どもの風邪がうつったようで喉に痛み、舌は黄色くなって口の中がひっちゃかめっちゃか。トラブルののっけ盛りみたいになってる、口の中が常に酸っぱ痛く、どうやら胃をやられていると理解。

口内炎も舌が黄色いのも胃の不調もグーグル先生に聞くとストレスや、それストレスや、と訴えてくる。
ストレスなんか生まれた時から常にある(たぶん)人生だったけど、ここ最近の仕事と育児の両立に加え、数年前の2歳差ワンオペ旦那激務から鬱へ〜〜渡る世間は鬼ばかり田舎暮らしver〜〜における蓄積がやばいのかもしれない。

引っ越しと旦那が転職したことにより諸々改善したけど、基本的にはストレスを与える環境なんてそうガラッと変えられるもんじゃないし、自分の受容体を変えるのも大事なんだろうな。

ということで体調が回復したらヨガでも始めようと思う。なにかとヨガに走りがち。

[PR]
by koto316 | 2018-09-20 07:52 | わたくしごと | Comments(0)

労働そして労働

朝から晩まで労働、おはようからおやすみまで労働、労働労働の毎日である。※無賃労働含む

先日の改心なんてとうにどこか吹き飛んで、日記を読み返しては誰これ?乗っ取り?かっこ笑い状態。
今は世のほとんどすべて、は言い過ぎにしても八割くらいに中指を立てています週の真ん中水曜日。

仕事をしていればプレッシャーと他人への気遣いに心すり減り、
家にいれば子どもたちのお母さんお母さんたる一斉攻撃に心がすさんでいく。

早く早くと終始何かに追い立てられるがごとく焦りながら日々を回して、
あっという間に年をとるんだろうな…

心のよりどころは筋トレと少しずつ減ってきた体重です。
産後二年半、今度こそ心を入れ替えてきっちりカロリー計算して食べ過ぎないように気を付けたら痩せてきた。
食べ過ぎないようにして動いたら痩せる、世界の真理です。

最近服が似合わなくて、本当に。
似合う服がないのじゃなくて、服という概念が似合わない。
裸族になるわけにもいかんので一応服を着るのだが、年々鏡の前でテンションが下がっていっているような気がするのです。

この間電車の中でティシャツに短パンの50代くらいの西洋人女性を見て、適度に筋肉がついており、ものすごく手足が長いというわけではないけれども短パンがとても似合っていて、私もこんな風になりたいなと思うのでした。
目指せ短パンリュックの似合うからだ。
道のりは遠い。けど何かなりたいものがあるだけで、生きていける気がするよね。
スピッツが愛しているという響きだけで生きていける気がするようにね。
私は筋肉とともに生きます。

[PR]
by koto316 | 2018-09-12 22:52 | わたくしごと | Comments(1)

改心は突然に

何だか急に、自分はもらってばっかだなぁと思う日曜の夜。

ずーーーっと誰かを幸せにしたい、満たしたい、という気持ちより、全然自分が幸せになりたい、満たされたい気持ちよくなりたい愛するよりも愛されたいMajiで、というテンションで生きてきた。

でももうそろそろ、与えられることばかりを望むより、保身のためにがんばるより、誰かに与えたり、笑ってもらうために頑張ることもしてみてもいいのではないか34さい、そんな気持ちになったのです急に。

まずは身近なところから、家族に、恨んでばかりだった旦那や母に、もちろん愛してやまない子どもに、昔からたくさん笑わせてくれる友達たちに、何かを与えてあげられる人になりたいと急に思ったりしたのだけどこれは一体。死ぬ前みたいじゃないかこの改心(笑)

[PR]
by koto316 | 2018-09-09 22:22 | わたくしごと | Comments(3)

されど生活は続く

仕事仕事の日々である。

会社の先輩が休職することになって、それまでアルプスの少女ハイジのように牧歌的だった私のオフィスライフが俄かに変化を遂げた。

アルプスが谷町筋くらいになり、牛や羊達が働くおじさんおばさんになり、クララが駅のホームでノートパソコンを開き、記録的な猛暑でタクシーも捕まらない。何なのこの気候。何なのこの文章。

とにかく仕事仕事の日々である。
業務は増えても定時は伸びない、保育園は待っちゃくれないしタクシーも捕まらない、何なのこの猛暑(もうええて)。
いや実際はタクシーなんか使わない、仕事終わったら死んだ目でチャリを漕ぎコンビニで一本満足バーなどを入手して齧りながら無理やりテンションを保育園仕様にして迎えに行く。

仕事仕事の日々。

と言いながら本当に私は仕事をしているのか?出来ているのか?と考える。
私の仕事はざっくり言うと企画と編集的な仕事で、何かしらを考えたり書いたりしている時間が多い。

医者なら仕事をすれば誰かが元気になり、(または亡くなり)コックならご飯ができ誰かの腹が膨れる。しかし私が考えたり書いたりして仕事してるつもりになってるこの所業は、特に直接的に誰かを生かしたり(又は死なせたり)腹を膨らませるものではない。

仕事仕事の日々だ。

と思ってるけど、本当に私は仕事をしているのかな。

そんなことを考えて打ち合わせ帰りの電車の中、暇を潰した。

[PR]
by koto316 | 2018-08-02 16:12 | わたくしごと | Comments(2)

踊らにゃsong!song!精神でやっていきたい30歳♀。田舎暮らしに育児を添えて。@kotosuke316でついったもやってます。


by koto316