人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 40 )

日記

ドロドロのクタクタになってかえってきたらば、無人の家で麦茶が放置されていた。
私はそれを多分無表情で捨てて、セブンイレブンで買ったサッポロの蓋を開け、イカのマヨネーズと七味を最後の力を振り絞ってトレイに出し、これを書いている。
子どもと旦那は義実家におり、多分もう直ぐかえってくる。もう直ぐ家がうるさくなるので、私はそれまでにこの疲れ切った無表情フェイスに喝を入れねばならない。
イカを摘み、酒を飲み、表情筋を緩める。

あ、かえってきた

by koto316 | 2018-08-07 20:22 | Comments(2)

日記

子どもは、私の落としたものやなくしたものを両手いっぱいに持って、私のところに来てくれたのだ。

今日も今日とて寝かしつけをしていて、下はのび太かな?ってくらい寝つきがいい(ただし眠りは浅い)んだけど
上の子は私に似たのか寝つきが悪く、今日も初冬の候11月だというのに「暑い」とか言って保冷剤を握りしめて
時々その保冷剤が私の顔に当たってヒィってなるくだりをやりつつ21時過ぎ、やはりなかなか寝なくてさっき目が閉じたの
何だったのフェイクなの、ってくらい二重の大きな目をぱっちり開けて「おかあさん」話しかけられたから私は低くなる声も
しわが寄る眉間も制御できずに「イライラしてます」全開の33歳、ほんまにはよ寝んかいな、と思いつつ「何」ぶっきらぼうに
答えたのだけど

「〇〇ちゃんな、このまえユーチューブでな」

おう

「〇〇ちゃんのすきなアイスクリームとけてしまったんがかなしかったん」

お、おう…

確かに数日前、ユーチューブの何らかの幼児向け動画で、アイスクリームが溶けるくだりで彼女は号泣していた。
私は全く共感できずに、「アイス溶けちゃったねぇ」しか言えなかったんだけども。なぜそれを今。

眉毛を寄せ、涙目で、今もって全力の悲しみをたたえて大きな目の幼女は私を見つめる。
なんだか少し、イライラが解けた。

「じゃあ今度、買いに行こう。あのアイスクリーム」

私の脳内にはサーティワンが浮かんでいる。イオンのフードコートの。

「あんなやつ?」

大きな目を細くして、幼女が問う。

「あんな感じのやつ。買いに行こうな」

だから今日はもうおやすみ。いい夢を見てね。

額にちゅうをすると、笑った顔のまま娘は目を閉じて、安心したように眠った。


その瞬間に思った。
私が大人になる過程で落としたりなくしたり自発的に手放したり手放さざるを得なかったものを、
彼女が両手いっぱいに持って会いに来てくれた。
こんなのもこんなのもこんなのもあったよ、と、自分が子どもだったことをすっかり忘れたみたいに
疲れた大人になってしまった私に見せてくれる。

例えば画面上で架空のアイスクリームが溶けて声が枯れるまで泣き続ける感受性を。
例えばそれを数日経ってから突然母親に訴える、それを躊躇もしない心のままに生きる姿を。

しなびた大人になってしまった、私に見せてくれる。

そのことが、とても幸福に思えた。




前に働いてた会社で、上司の人が言ってのが、子どもを持つともう一回子どもになれる、みたいなことで。
今ふと思い出しました。
季節の移り変わりがよくわかる、とも言ってたな。
確かに子どもがいないと七夕とか特に意識しませんよね。ハロウィンとかは大人も楽しむ行事になったけども。
子ども、日に日に我儘度が増しており、たまに産んだ私が引くくらいなんですけど、
こここここれも個性だよね…って震えながら旦那と励ましあってます。


by koto316 | 2017-11-07 22:52 | Comments(12)

断乳をしています。

今日1日目。

子どもが寝て一人リビングに戻って、ふと私は子育てのプレッシャーを一身に背負っているなと感じた。
まぁ無理はない。基本旦那はいない。いても人間性の問題か、私の先入観か、なんとなく当事者間を感じられない。

大丈夫、そんなに気を張らなくても何とかなるよ。子どもは勝手に育つもんやしな。
と私の中で誰かがつぶやく。
一瞬勝手に救われたような気になって、忘れないように、日記に書く。わざと脱力した字で書く。

しかしやはり子どもが泣くのはこわいです。
三年親をやっていてもこわい。
対子どもにいつも小さくある罪悪感が、こういうイベントになるとむくむくと湧き出る。
たぶんこれから先保育園に入れる時とかもヤバそう。早く私の前で泣かないくらい大人になってくれたらいいのにな。そしたら自分勝手にさみしく、懐かしく思うんだろうけど。泣かない子どもを前に私は心底ホッとするだろう。

子どもの泣いているところはなるべく見たくない。
子どもは泣いて大きくなるのに、何を言っとるかと思うけども。

とりあえず夜中の戦いに備えて休息を…
ワンオペ二人育児断乳、夜の部の始まりやで〜〜

by koto316 | 2017-02-16 22:23 | Comments(4)

ほとんど自分メモに近い

日曜日に久々に家族四人揃ってスシローに行った。
日曜の昼ということで激混みだったのだが順番待ちをしてる娘夫婦と孫ときてるっぽいおばちゃんがいて、番号を呼ばれた瞬間「ヤッター!!!」(よっしゃー!!だったかも)とガッツポーズしていた。おばちゃんはガチャガチャをやると泣き叫ぶ、イヤイヤ期っぽい孫を引きずりながら、「怒ってるわ〜」と我々に笑いかけて席へと消えて行った。
旦那と、おばちゃんが去った後に「いい感じやなぁ」「ヤッター!って(笑)」と言い合った。私もああいう楽しそうに生活する人になりたい。回転寿司で番号呼ばれてヤッター!!って言いたい。育児地獄で眉間にシワが寄って久しいが、なれるかな。

仕事しすぎて&寝なさすぎて鬱一歩手前では?疑惑がある旦那に寝る前、「いつでも帰ってきてね」と言った。
以前育児手伝えないなら帰ってくるな的なことを言ったことがあるので、そのフォローもかねて優しく言った。

旦那は静かに言った。

「鍵がない」

海外出張中に鍵をなくしてやがりました。
合鍵作っといてと言うので今日はクソ忙しい中コーナンに走りました。10分足らず、400円税別でできました。コーナンすごい。

色々問題はありまくるけど、やはり旦那と見る子どもたちが一番かわいい。
長い付き合いで、子どもを産む前は空気みたいに一緒にいてアホほど楽だった旦那。

旦那が病みかけ半分(言い方)になったことで、変な話だけれど我々は少し以前のように戻った気もします。まだ分かりまけんけどね。
by koto316 | 2017-01-30 22:00 | Comments(4)

限界オブ家庭保育

平匡さんがー!!
可愛すぎる件についてーーー!!!


ハッごめんなさい火曜10時TBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』にあまりにも夢中すぎて…
タイトルからの落差よ…ここからは真面目に愚痴りますね(真面目に愚痴るて)

えーっとですね、2歳8ヶ月、ぼちぼち家庭保育が現界っぽいです!!!

一応午前はなるべくどこかしらに出かけるようにしていて、お昼に帰ってきてご飯、からの昼寝、大体13時から14時くらいの間に寝はじめ2時間くらい、我が家の2歳児はお眠り遊ばされます。

その後!!!
問題はその後。
15時くらいから、どこに出かけるでもなく、(行って食材の買い出しか頑張って散歩くらい)延々アマゾンビデオか録画かしまじろうDVDを見せている。
また合間ちょくちょく、というか頻繁に姉妹が喧嘩するんですよ。9ヶ月の下の子はとにかくお姉ちゃんが遊ぶもの遊ぶもの全部に手を出す。
上の子は「ダメーッ!!!」「〇〇ちゃんのー!!!」と絶叫です。たまに手も出ます。

まぁこういうのあるあるなんでしょうけど、地味にストレスが溜まるのよねー。うるさいのなんの。
そして上の子のストレスも凄いんだろうな、と思うんです。この間何にもされてないのにいきなり「下の子捨ててきて」って号泣してたもんなぁ…。

というかね、母さん五月病です。家ではまったく一緒に遊ぶ気にならない。第三者の目がないとダメだ。ごっこ遊びとか「お母さんしまじろうになって、〇〇はみみりんね、」みたいな無茶振り、風呂の中でも意気揚々と「何して遊ぶ?!」と聞いてくるその生き生きとした目…

正直しんどい。
僕の心はひび割れたビー玉さ…

いやぁボチボチなんだろうなーと思います。
2年半に亘って続いてきた家庭保育の限界。
子どもも親も、ストレスがMAXなり。ライドオンタイムライドンナウライドンタイム!(やけくそで踊る)

そんな中前にちょこっと一時保育でお世話になっていた保育園の解放園に行っておりましたらば、
担当の先生からお母さんお待たせしました、のお言葉。
キョトンとしていたら、近々もう一度一時保育に入れていただけるとのこと。
おお、おお…

実は恥を忍んでもっかいお願いします、って数ヶ月前に頼んでたのですが、今年度はもう無理だろうなぁって勝手に諦めてたんですね。

最初に思ったのは「説得、めんどくさそう…」でした。素直に喜べなくて、先生本当にごめんなさい。
あまりの情緒不安定ぶりに一時保育から一時退散して早5ヶ月ほどが経ちましたけれども、相変わらずのアディクティドトゥ母さん野郎です…。

でも来年度から保育園に入れるとしたら良い慣らしになると思うし、保育園落ちた日本しね状態になっても今年度行っときゃ来年度の一時保育に優先的に入れますし、上述した通りお互い限界を迎えつつあったので一時保育に入れるのは大変ありがたいことです。

っていうかほんと離れるって大事!
会えない時間が愛育てるのさとはよく言ったもんで、愛してるからこそ離れるという選択肢も時には必要だよね!!と先日ひとり時間をもうけて切に思った母は俄然離れることに前向きになっておる次第です。

懸念すべきは娘の反応と、その話をいただいたのが先週末なんですが以降サッパリ正式な連絡が来ないことくらいですかねハッハッハ。

…な、なしになってないよね?入れるよね?ねぇったらね〜え?!?
今日はどこに行こうかな〜〜(めっちゃ低音で)

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村




by koto316 | 2016-11-23 06:22 | Comments(6)

村上春樹的育児法

昨日久々にブログを書いたら、しょうもない内容のわりに思いのほかすっきりしたので日々なるべく書いていこうと思います。

今日は娘が二人とも風邪をひいているので、午後に小児科に行った以外ずっと引きこもっていました。
なんかぬるっとした一日で、上の子もあまりぐずらなかったので適当に相手しつつ、ひたすら村上春樹を読んでました。
というか最近ずっと合間合間で村上春樹を読んでいます。
1Q84。全巻買ったのに人に貸したままだから図書館で借りてまで読んでいる。
なんだか突如無性に読みたくなりましてね。

そうするといつの間にか脳内が村上ワールド一色になり、子どもらの世話をしながらも、

「赤ちゃんは乳首を吸い、効率的に母乳を己の体内に迎え入れていく。自らの腕に絶対的な自負を持った職人のように。」だとか
「これは留保なき夜泣きである。まずピアニッシモながら不穏な空気を纏った前奏部分があり、それは突然弾ける。開会を宣言するファンファーレのごとく。」だとか
いや文才ないから全然春樹っぽくなくて申し訳ないんですけど
モノローグを似非春樹化することで日常の重苦しい責任感と退屈が多少緩和し、まぁそれなりに楽な一日だったよ、という話です。

あと最近体を多少ながらも鍛えているんですが、この話に出てくる青豆さんというジムのトレーナーの女性がそりゃもうボディメイクにストイックで。
それに影響されているのか何なのか、先日ふと寝る前に「私も自分の体をちゃんと使い切って死にたい」という思いが浮かびまして。

この「体をちゃんと使い切る」という考えは今後の私の人生のテーマになっていきそうな、いやすぐ忘れそうな気もするけども、
忘れないようにここに書いておきたい。

体を使い切る、というのは
体を動かして働く とかもそうだし
ぶよぶよ銭湯おばちゃんボディを何とかする ってのもそうだし
出産とかそういう機能があるうちにもっかいやってみっか、とか

体を使ってできうることを、できるうちにちゃんとやっておきたいな、という意味でございます。
なんかね~もっとフィジカルに生きたいね。
これは子どもを産む前からたまーに言ってるんですけども。考えるより動くというか。体の声を聴くとか、そういうの大事にしていきたいね!!
苦手分野だから余計にそう思うのかもしれませんけども。

だから今体をちゃんと使える人に結構興味があって、先日加圧トレーニングのトレーナーのお兄さんに「仕事以外でも体動かしますか」って聞いたら
「そうですね~サッカーとフットサルとラグビーやってます」って言われて

宇宙!!!!
って思いました。いや異次元過ぎて。簿記の参考書を初めて見た時も思ったけども。宇宙。この世には宇宙がいっぱい転がっている。(何の話)

村上春樹からなんか訳の分からないところまで転がっていきましたが、
本日の私の脳内はこんな感じです。それでは。






以下余談(仮にも育児ブログにめちゃくちゃ不適切な表現が出てくるんで、下ネタダメな人は読まないでください)








1Q84、「留保のない」っていう表現が割と出てくるんですけど、どっかに「留保のない勃起」っていう表現があってめっちゃ笑った。

by koto316 | 2016-11-14 21:13 | Comments(4)

突然の風に吹かれて

今日子どもを寝かしつけてる時に、突然

うおーもっと適当に生きようー

と思いました。
ほんまに突然。FIELD OF VIEWもびっくりやわ。
(懐かしいわ)(スペル合ってる自信ないわ)
で、すぐさま高田純次でググったらヤバイ。
純次ブログ始めて数回で速攻飽きてるし。
こんなことってある?仮にも芸能人が(笑)
またアメーバさんってアクセス数稼いだら結構お金入るらしいじゃないですか。純次めっちゃ稼げそうやのにな。まぁ純次のことは置いとくにしても。

なんかもう、あかん。無駄にシリアスになっていいことなんか何もない。無駄シリやめよ。

正解と不正解とか失敗と成功とか、そんなパッキリパッキリ何でも分かれてるもんでなし。
そういうことばかり考えてるとどんどん視野が狭くなってって、失敗成功いう前に自分むっちゃ不幸そうやけど大丈夫?!って言われたりするんです(笑)
あと我慢とか頑張りとかも美徳とされとるけども、人間が小さい私は絶対に自分が頑張った分他者にも同じだけの頑張りを求めてしまうし。
他人にも自分にも厳しい嫌なやつになるくらいなら、ゆるゆるでダルダルのしょうもない人間でいる方がマシやな、と思いました。尻でも掻きながら、のんびり行きましょう。先は長い。

あとやっぱり健全な肉体に健全な精神は宿るよね〜。やーどーらーせー(IKKOさんの声で)ということで、最近子どもが寝たら体を鍛えてます。
言うてもかるーく腕立てしたり、腹筋したり、スクワットしたりするくらいなんですけど。
この間加圧トレーニングの体験に行ったらあまりの体の動かなさに衝撃を受けましてね…

ちょっとみんな…やってみるといいよ…腕立て…マジできなくなってるから…笑っちゃうから……
今50メートル走とかしたら23秒くらいかかりそうって思ったわ。場所柄津波の心配が常にあるんで、子ども抱えて逃げるためにもこのままじゃあかんとです、と思いましてね。

トレーニングしてるときあまりのしんどさにしんどい死ぬ以外のことを何も考えられなくて、なんか楽しいな?!って思ったんで家でもやってます。一人でやってるとそこまでしんどくなるまでできないんですけどね。まぁなんとなく、身体動かしてる自分が好きだ!

まぁどうせまたすぐウジウジ考えてしまうんでしょうけど、考えて考えて落ちきったらこんな感じで急にふわっと純次化したりするのが私の常なんで、(あと悩み切ったら最後に脳内に村上信吾が出てきて「知らんがな!」って言って幕を下ろしたりします)アケナイヨルハナイヨー(何故かカタコト)ってことでヘラヘラ生きていきたいと思います。尻でも掻きながら。心に純次と信五を抱いて。

by koto316 | 2016-10-28 22:46 | Comments(10)
10月に入ってから、39度近い熱を二回出したりして体調がグズグズで、また来年度どうする問題もウダウダ悩んでいて、ベッドの中でいろんなことを考えました。
考えて、考えて、なんか過去の思い出したくないこととか懐かしいこととか色々混じり合ってぐちゃぐちゃになった記憶とかがでてきて、
生きてるだけで素晴らしい、みたいな謎のポジティブが出てきたかと思えば次の瞬間には
なぜ僕はここにいるんだろう(ラルク)みたいな救いようのない気持ちになったりして、心身ともにしんどかったです。

それで分かったことがある。
私の子育てがなんでこんなにしんどいのか。
独りよがりな上に面白くもない暗い話を綴ります。

私は子育てしてて何かにずっとビビってるというか恐れている感じがしていて、それは小さなことでいうと子どもがいつ面倒なことを言い出すかとか自分が切れてしまうかとか赤子が泣き出すかとかそういうことなんですけど、もっと通奏低音のように流れている恐れがあるということに熱にうなされて気づきました。

それは子育ての失敗です。
私は子育ての失敗を恐れている。
プラス親子関係の構築の失敗。

分かりやすく言うと、私が実母のような母になること、娘が私のような人間になること。
つまりは母と私親子の関係、実母の子育てを失敗例として常に意識していたんだなと。

実母が来ると必要以上に娘に怒ってしまうことがあるんですが、これは無言で、「あんたが子育て失敗して私がこうなったから、私の子育ても失敗するぞ」と無意識に脅すような気持ちがあったんじゃ?と思ったりするんです。

暗いですね。
何せ病人が考えることなんで、許してつかされ。

うちの実母は、ここでも何回か書いてるんですが私が子どもだった頃はとにかく不機嫌で、常に疲れていて、例えば家の電気がつけっぱなしになってた、というような小さなことでキィーッとなる人で、兄は早々に見切りをつけて外の世界を楽しんでたんですが、私はそんな母を怒らすまい、疲れさすまいと必死で付き合ってきました。

母とは高校生までほぼ毎日風呂も一緒だった。
これは誘われて断りにくい、というのと、電気代とかが節約になるのでは、という思いがあったから。
髪を切りに行きたい、というのが言いづらかった。
服が欲しい、も言えなかった。
たまに母が買ってくれる服は私からするととても着れたもんじゃないセンスで、買い物帰りはいつも重い気持ちになった。

私はいつの間にか生理的に母を汚い、と思うようになってしまって、風呂で髪を洗ったりしてるところを見るのが苦痛だった。

それは大学に入学して親元を離れることである程度解消されるんですが、何を思ったか私はまた母の元に戻って、一瞬一緒に仕事もして、母の元で娘を二人産みました。

今子どもといて、子どもが悪気なく犯した失敗とか多分年齢特有のワガママなんかにキィーっとなった時、自分の中にあの頃の母を見つけて本当に嫌な気持ちになります。

私には本当マジか?ってくらい仕事に従事して帰ってこない旦那がいますが、旦那は実母と正反対の人間性を持った人。
滅多なことで怒らず、ネガティブなことも言わず、感情の起伏が穏やかで、合理性を好み、嘘をつかない。
反面サービス精神がないから場を盛り上げたり、おべっかを言ったり、人の気持ちを汲もうとすることがない。

何にも考えずに付き合って、特に何にも考えずに結婚した相手ですが、私は無意識に「反実母なるもの」を探していたのかもしれないとすら思います。
そういう意味では彼は本当に理想的な、笑ってしまうほどの「反実母なるもの」だった。同じところがひとつもない。共通点は人類で、日本人であることくらい。

上の娘を産んで3年弱、私はずっと反実母なる旦那の助けを求めていたのかもしれないと思います。

助けて。
私は実母みたいになる、なりたくない。
私が育てた子どもは私みたいになる、したくない。
私は娘と、母と私のような親子になりたくない。
助けて。

でも旦那はそんなこと知らないから、自分が育児に参加できないその穴を実母に埋めて貰えば安心、と思っているんだと思います。
まぁそれは無理はない。私も自分がそんなことを恐れていたなんて思いつかなかったもの。

平たく言ってしまうと、私は自己肯定感が低いのかなと思います。
子どもの頃親を怒らせないように、とずーっとビビってたから、今も人を怒らせるのが怖い。
仕事もプライベートも、怒らせるのを恐れて全然踏み込めない。まぁただの臆病な性格の人、という可能性も否めないが(笑)

アドラーとか有名な性格カウンセラーの人の本とか、いろんな本を読めましたが、まず私がすべきことは多分、自分を認めることな気がします。
もっと言うと私が実母みたいになっても、子どもが私みたいになっても大丈夫、と思うこと。

だって血が繋がってますからね。そら似ますわ。分かってるけどこれを認めようとすると死にそうになる(笑)めっちゃ嫌なの(笑)

お腹の子が娘だとわかった瞬間、漠然と湧いた不安の正体はきっとこんな根の深い、ドロドロした思いだったんだろうな、3年経ってようやく気付きました。

今日もなかなか寝ない子どもにイライラして、そのイライラを隠そうともしないでいたら、娘がお母さん大好き、と何回も言いました。
そんなに気を遣って、まるで母と暮らしてた頃の私みたいだと少し泣きそうになったけど、
それが娘が不憫だという涙なのか、恐れからくるものなのか、自分への不甲斐なさなのか、よくわからなかった。とりあえず今日が終わりました。皆さん今日もお疲れ様です。

by koto316 | 2016-10-25 20:53 | Comments(19)
誰に。私に。

もう本当アホらしいってわかってるんですけど、このどっちにも当てはまらないから専業主婦向いてない、みたいなぬぐいきれない劣等感がある。
パンはまだしも裁縫なんてマジぼたんつけるのが精いっぱいじゃないかな。
家庭科の授業でミシン習うじゃないですか。あれ糸かけ?もできなくて同じ班の男子にやってもらってたもんな。
あのなんだっけ、ロビン?ボビン?ボビンか。あれなんてもう20年くらい触ってないですよ。まだあるんかね?ボビン。

f0353868_21203884.jpg

これはロビン。

「愛してたあいつのこと 心から好きだった」のはペピン

まあそんなんで、たいして向いていない専業主婦を今日も「こんなんでいいんかのう…」と思いながら粛々とやっておるわけですが、ぼちぼち本当に来年度以降の動きを考えないといけないなぁと思っています。

パティーン1、現状継続
これが一番しねる。変化がなくて楽といえば楽だけど、3歳1歳と24時間一緒かァ…と思うと正直おなかがいっぱいでもう食べれないよおー(デブの声で再生してください)感もあり

パティーン2、上だけ預ける
①一時保育に預ける(max:週3) 現実的
②3年保育の幼稚園に預ける これも現実的
③私立の保育園に預ける 諭吉さん不足によりほぼなし

パティーン3、上も下も預ける
=私は働き、認可保育園に預ける
=旦那の協力はほぼなし
=物理的にしにそう

可能性としてあげられるのはこんなもんかと思うのですが、うーーーーん、2の①かなぁ…。
今後の諭吉さんとのお付き合いのことを考えたら、3がいいかなぁとも思うのですが、勇気が出ねぇ。

みたいなことをウジウジウジウジうじきつよしの如(うじきさんすみません言葉の綾です)く考えている毎日です。

っていうかさーーーー、(いきなり親しげ)

一日中子どもといるのに全然大した遊びなんかさせてあげられてなくて
テレビで動画ばっかり見せて自分は妖怪スマホいじりみたいになってるときも多々あるし
習い事させる余力もなくて食事歯磨きおむつ替え風呂で一日回すのに精いっぱいでさー、

最近子どもがよく「おかーしゃん大好き」とことあるごとに言うのだが、
かわいい反面ぶっちゃけどう考えてもそれ機嫌取りじゃね?ってときもあるし、
そもそも子どもの世界に他者は95パーセントお母さんしかいないわけであるから、(当社比率)
そのお母さん嫌いになったら生きていけないしさぁー、
「大好き」で当たり前、というか、「大好き」にならざるを得ない部分があって。

この、大げさな話「生きるも死ぬもお母さんの機嫌次第」みたいな状態から少しでも世界を広げてあげたくて、ていうかぼちぼちその思いが重いよって時もあり(韻踏んじゃったし親としてどうかと思うしいろんな意味で恥ずかしいから小声)
保育園なり幼稚園なりでほかの「大好き」を見つけてきてほしいなぁと思うのだが、

みんなどう思うーーーーー??(知らん)

まぁ相変わらず子どもは

「○○ちゃんまだ小さいから。もう少し大きくなったらほいくえん行くね」と及び腰なのだが。

いや君は保育園に初めて行く年齢としてはもう結構大きいほうだと思うょ…。

そんな最中、今日児童館でうちの近所にある幼稚園(2年保育。パティーン1など何もしなければここに行く予定)の園庭がうちの県随一のでかさ、ということを小耳に挟んでしまい、また揺れている。

なんかわからんけど園庭広いってめっちゃよさげやん…?
園庭広いという情報から連想するNO-BI-NO-BIという響きに惹かれすぎるやん…?

でもそこは親の出番も結構多い園らしく、そうなるとたぶん私は才能がない専業主婦を今後もgo onしていくことになるため、パンも焼かないし裁縫もできないしアイロンもかけず断捨離もできない、作り置きも食料買いだめもできず、子どもの早期教育にもさほど興味が持てず、観葉植物も育てない私が死んだ目で現状を続けていくことが、果たして子どもや私の人生においてどのような影響を及ぼすのかと思うと今夜も眠れないよね、ウソ寝るけど。

っていうお話。

※念のため言い訳
専業主婦についてあれやこれやと書いていますが、すべて私個人の勝手な思い込みによるものであり、
これに当てはまらない人がどうとか当てはまる人がどうとか(いや全部当てはまる人はマジ凄いマジと思いますが)そういう話ではございません。
また専業主婦を貶めるような意図もさらさらありません。
ただの劣等感の羅列です!!うん、いつも通り!!

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
by koto316 | 2016-09-28 21:58 | Comments(16)
主に溶けてます、kotoです。
暑すぎですね、暑すぎますよ。こんなに暑かった?夏。
外気と子どもの体温以外、少しの熱にも触れたくなくて、更新できませんでした(季節感のある言い訳)

基本的にこのブログは自分のために書いているので、言いたいことができたので溶けながら参上しました。ああ暑い…スマホすら熱い…指が溶けるぜ。

えっと標題の件。
手持ちの中に着たい服が一枚もありません。

ええーそんな話ー!どうでもよー!!(月曜は夜ふかしより)
ええそんな話です。でも切実なの。
今、自分史上最高にファッション偏差値の低さがヤバイ。毎朝なに着ようって考えるだけで憂鬱ですよ。夏の憂鬱。Time to say goodbye。(趣味趣向のバレる発言)

ついでにボディもヤバイ。
相変わらずの湯けむりボディです。(入浴施設でよく見る弛んだおばちゃんボディの意)
ぬるっと産後6ヶ月過ぎたんですけど。
未だプラス4キロくらいをウロウロしたまま。
何なら腰を落ち着けそうな雰囲気すら漂い始めたし。ちょっと待ってそこに腰おろさないで!

服の話に戻りますが、近年の私はずっとゆるめの服を着ておりまして。
変なイラストのTシャツとか、テロテロのシャツとかズボンとか、すごく好きなんだけど気づいてしまってですね、

あれは特権階級(40キロ台くらいの)にだけ許されたお召し物だ

ったことにですね。気づいちゃってねぇ、もう。
やっちまった。例えるなら蒼井優ちゃんとかがいるような小太り立ち入り禁止領域に丸腰でヘラヘラ立ち入ってた。何年も。

なんかこう、そういうスタイルって生き方にも現れてて、いかに頑張ってない風に見せるか、というか実際頑張ってないんでもう全然見た目頑張ってないからそのままでいいっつうかむしろもうちょい頑張ったほうがいいのに頑張ってる人を内心ちょっと馬鹿にしたり、そういうところがあったね!って思いまして。外見って人間でるね!人は見た目が9割ってあれほんとだわ!

30過ぎてそれは痛い、痛すぎるだろう、と最近夜な夜な考えててですね。
タンスのゆるい服たち、断捨離の極意、ときめかないものは捨てましょう、でいくとほんともう全滅なんで。
焼け野が原になっちゃって、全裸で暮らしていくしかなくなるんで、それはもう痛い以前の問題なんで、法律違反なんで。
まぁ全部捨てるっていう大胆なことはせずチョコチョコと整理しつつ、体絞って本当に似合うちょっと良い服を少しずつ買っていこうかね、と思っています。
もはや産後ではない、を合言葉に。

というわけで踏み台昇降を買った。

届いたら夜な夜なフミフミ、体を絞る、絞るんや…。
あと旦那がお休みの日曜日、週一のお稽古として、ヨガか加圧トレーニングを検討しています。

おんな32歳、褌を締め直して、というかまず褌を履くくらいのところから頑張ります。

あ、育児は相変わらず脱力系を目指していきたい。育児界の奥田民生と呼ばれるのが目標です。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村





by koto316 | 2016-08-10 21:47 | Comments(6)

踊らにゃsong!song!精神でやっていきたい30歳♀。田舎暮らしに育児を添えて。@kotosuke316でついったもやってます。


by koto316