夫婦について考える

最近我々は、二人の子どもたちを育てるために結集されたチームなのではないかと思う。
感受性豊かで賑やかで、止まると死ぬマグロかのごとく動き続ける、癇癪持ちで気が強くて繊細な、まあまあ育てづらいかもしれない二人の娘を育てるためのチーム。
子育てにおいて大切なのは多様な価値観を持つ大人がなるべくたくさん関わることなのではないかと思っていて、その点我々のバラツキはすごい。
理系で冷静でおおらかで他人への関心が薄い旦那と、文系で感情的で気が短くて情にもろい私。
見事に正反対の大人が二人、一人で育てるにはまあまあしんどい二人の子どもを今育てている。
互いに現在無職。お金はないが時間はある。
子どもを引き連れて、様々なところへ出かける。
数ヶ月前はこんな生活夢物語だった。
私は週六日をほとんど大人一人で子どもたちと過ごしていた。
地獄だったなぁ。子どもの前で発狂したこともあったし、いっときはよく手が出てた。
取り返しのつかないことになる前でよかった。
私の心も旦那の心も子どもたちの心も、一応、今見える範囲では、無事でよかった。

いろんなことがありすぎて、いろんなことがありすぎる前の無条件の旦那への信頼や異性としての尊敬、輝かしいものを見るときの畏敬の念のようなものはほとんどなくなってしまった。
旦那は一人の強く弱く儚く愚かな人間で、いつまでも恋い焦がれるような相手ではない。

人は相手と共有するものがないと感じたとき、その人と離れようと思うのだと思う。
私達はどん底にタッチして、あまりのお先真っ暗差に途方にくれたこともあったけど、そこにはまだ子どもが可愛いという確固たる共有すべき感情があった。
子どもがいなかったら離婚してただろうなぁ。
子どもがいなかったらこんなに大層なことにはなってなかったと思うけど。

今、二人で子どもを見ている私の心は穏やかだ。
旦那はチームメイト。動き方や考え方の差でイラッとすることは多々あるが、チームメイトがいないと試合にならないこと、その有り難さもも多少の地獄を見た私は分かっている、つもり。

私達は出会ってから14年かけて家族になった。

寂しさはある。もう私が好きだった男はいない。かわりに、めちゃくちゃめんどくさくてうっとおしいけど死ぬほど可愛い、子どもが二人。

これを人は幸せと呼ぶのだろうか。

分からないけど、どんな名がつこうとも、私はこの息苦しくも温かな日々をできる限り守りたいと思う。


[PR]
Commented by yuki at 2018-01-12 19:11 x
旦那さんに対して恋い焦がれる気持ちがなくなったとしても
そこはお互いにどん底を見て共有したことで
固い絆が結ばれたんじゃないでしょうか?
旦那さんの状態や、これからのこと再就職など気に病むことは
沢山あるでしょうがきっとなんとかなると
前を向いていることが大事ですよね。
色んなチャンスを見落とさないように前を向く。
まだまだ大変な状態でしょうが
ご家族の皆様の未来が明るいものでありますように。
Commented by きなこ。 at 2018-01-28 17:54 x
おつかれサマンサ!
わたしもことすけさんにも、これから先も多分地獄はあるんだろうけど、なんだかんだ乗り越えてやっていくことができたらいいですね。

わたしも旦那のことはチームメイトっていうか家族の一員と思ってるんだけど、旦那にとってはいまだ女性のようで。その考え方の違いで、死ぬほど疲れることがあります。

今までワンオペしんどかったからさ、もうどっかで他人のように思ってた時期もあったから、許せないというかドロドロとした汚いものが腹の中にたまってて。
ワンオペ解消しました=すべてを水に流してラブラブ夫婦…なんて無理で少々悩んでおります。

自分語りすみません。
ことすけさんの新生活が平穏無事でありますように!だいすき!!
Commented by mile at 2018-02-01 05:55 x
ずっと読んでます。コメントするのが久々すぎて、自分のハンネを忘れました。
ブログ、会社のpcでこっそり読んでいたのですが、不覚にも泣いてしまいました。顔も知らない他人(失礼)の文章にこんなにも共感したことは初めてかもしれません。ことさんとの状況や環境は違えど、もはやことさんは私では?と錯覚するほどです。こちらのブログに出会えてよかったと改めて感じたということをお伝えしたく。
いつも楽しみにしています。
Commented by koto316 at 2018-02-01 22:24
> yukiさん

コメントありがとうございます!
固い絆…どうですかね?(笑)こんなんなってもとりあえず一緒にいるんだな、なんかすごいな…みたいな気持ちはあります(笑)
チャンスを見落とさないために前を向く。
素敵な言葉です。肝に命じます。
一応、2人とも仕事が決まっていて、細々とではありますが暮らしていけそうです。それだけでも感謝感謝ですね。
Commented by koto316 at 2018-02-01 22:29
> きなこ。さん

サマンサタバサ!!
ほんとに、30代からの人生はなかなか厳しいな。でもこれからどんどん険しくなるんだろうな…嫌だな(笑)できればもう地獄は見たくないけど、ちょっとだけ度胸はついたかな!
なんやかんや愚痴りながらでも、なるべく面白おかしくいきたいね!

腹のなかに溜まるもの、あるある。ある、
産後って本当大事。逆に言えば産後の数年間さえ押さえていれば、多分なんとかなるよって息子に教えたい。おらんけど。

旦那さんから女として見られるって凄いなぁ、羨ましいな、と思うけど、見られてる方は負担だったりするんだね…。夫婦難しい。結婚って何のためにあるんや…

あかんドツボ!
とりあえずまたゆっくりお話ししたい!それまでは生きる!
Commented by koto316 at 2018-02-01 22:34
> mileさん

まずはお礼を言わせてください。

(重めの)ありがとうございます!!!!!!!!

私では?なんて最上級の共感。
コメントがすごく嬉しくて、最近もうブログはいいかなぁと思うこともあったのですが、これからもちょくちょく書いていこうかなと思えました。ありがとうございます。

ここはほとんど本音ばっかりの掃き溜めみたいなブログなんですが(笑)だからこそ書いていて一番嬉しいのは、この本音ばっかの文章で誰かが感情を動かしてくれることだなぁと気づけました。書くことの喜びを教えてくれて、ありがとうございます。
by koto316 | 2018-01-11 16:01 | わたくしごと | Comments(6)

踊らにゃsong!song!精神でやっていきたい30歳♀。田舎暮らしに育児を添えて。@kotosuke316でついったもやってます。


by koto316