イヤイヤ期と赤ちゃん返り、上の子優先について思うことなど

安心してください、生きてますよ。kotoです。
先日は不穏な更新をすみません。夫婦といえども遠慮は大事!ということを肝に銘じて、何とか平和を保っております。

さて標題の件。
例にも漏れず我が家の長子も返っております。バックトゥザ赤子時代。
とはいえおむつに戻ったとか、(トイレトレしてないし)自分で食べられなくなった(前からあんまり自分で食べないし)とかいう「できることができなくなった」的赤ちゃん返りではなく、
嫉妬というかなんというか、授乳しようとすると○○ちゃんも!と言う(実際は吸わない)、あんまり下の子を抱っこしてると「赤ちゃん置いて」と言う。
下の子が泣くと「こわい」と言って泣く、たまーーーーに「赤ちゃん邪魔」的なことを言う、みたいな赤ちゃん返りスタイルをとっております。

イヤイヤでいうと歯磨き、おむつ替え、着替えなどは基本的に「ダメ」と言いますね。
そこまで何が何でもやりません、という感じではないですが、オーソドックスにとりあえず否定していきまっしょい、基本が大事!という雰囲気です。
まぁこれはこんなもんかなぁと思ってますが、泣く赤子を抱けない、赤子がどんどん泣く、上の子が怖がって泣く、まずは下の子を泣き止ませようと抱くと上が泣く、のスパイラルがきつい。

赤ちゃん返りについては何を読んでも「上の子優先」「赤子は多少は泣かせとけ」と書いてあるのですが、赤子を泣かせてると上の子も不安定になるし、かといって泣き止ませようとしても不安定だし、新生児の声って結構でかいし、こっちも産後の本能的なもので赤子を泣き止ませたくなるし、

どないしろと

という感じです。

だって下の子だって上と同じだけ大事な子っすよ。
上の時は散々「とにかく抱っこしましょう」みたいなことを言われながら、下になると「多少なら泣かせとけ」となる不思議。まあ物理的に不可能なんで仕方ないんでしょうけどね。何となく納得いきません。

そんな状況と寝てる時以外はずーーーーーーっと喋ってる幼児との引きこもり生活にどうしてもイライラしてしまって、今までだったら怒らなかったことで大きい声で怒ってしまったり、そのことを夜子どもが寝た後に反省したり、もう典型的な「育児疲れっすね!!」という状況。

昨晩は見かねて実母が娘を預かってくれたのですが、新生児一人だと「育児どんだけ楽だよ」って感じです。
一人目の時は新生児と二人きりにされたら不安で仕方なかったですけどね。
牛歩ながら私も進歩しているということか。

本当はこんなときだからこそ上の子とべったりした方が正解なのかもしれませんが、上がどんどんばあば好きになり、ばあばに会いたい、ばあばの家行くと泣くもんですから…ふふ…(SETSUNAI)

それでもこの間、下の子をみてもらって小一時間外に連れ出したらば、とても楽しそうにしていました。
「おさんぽ楽しいねぇ」「かあしゃん好き~」「また行こうね」など言われて泣きそうになりましたわ。

ちょっと気を抜くと「ごめんね我慢させて」とか自分を責める方向に思考がいきそうなので、そしてそれは精神的にも特にいいことなさそうなので、今はこれしかできないけど、見てろよそのうちいっぱい良い思いさせてやっからよ、みたいな売れないバンドマンみたいなことを思いつつ頑張ります。

まぁ二人育児もまだ二週間。焦らない焦らない。一休み一休み、ということで上の子が帰ってくるまでしばし休憩。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2016-02-20 13:59 | Comments(0)

踊らにゃsong!song!精神でやっていきたい30歳♀。田舎暮らしに育児を添えて。@kotosuke316でついったもやってます。


by koto316