寝返る。

f0353868_22543022.jpg


かねてより練習していた寝返りを成功させた後の娘氏の達成感溢れる背中。

私が初めて寝返りをした日は、急に反転した世界にとても驚いた顔をし、その後ワッと泣き出して印象的だったという母の証言から、私は娘の初寝返りの瞬間は何としても拝みたいと思っておりました。

が、

うちの娘、うぬぬ、うぬぬぬぬぬぐぅ、みたいな発声と共にどちらかというと泥臭い感じの寝返りを決め、特に泣くでも驚くでもなく、何かまだ眼光は鋭く本来の目的(ゴール)はこれではないと言わんばかりの表情で首を伸ばし、浮かれる母を尻目にじっと前を見つめておりまして、微笑ましいアニバーサリー感が今ひとつ感じられない今日の良き日なのでした。本当は何がしたかったんかな。

その後も寝返り打ちまくって大変、というわけでもなく、二度ほどやり方を確認するように泥臭く寝返った後はしまじろうが送ってきたジムで遊ぶ通常仕様の5ヶ月児なのでした。

なんか想像してたのとは違う…けどやはり感動。
別に早く寝返って欲しいなんて微塵も思ってなかったんですが、新しいことが出来るようになる瞬間というのは良いものですね。

思えば私が最後に新しいことが出来るようになったのなんていつのことでしょう。
大人になるにつれ集中力は衰え、自分に甘くなり、まぁこんなもんかと諦めることも増え…。

いや〜5ヶ月しか生きてない赤子から学ぶものは大きいです。自分まだまだっす。

がんばったね、すごいねと娘をがっしり抱きしめたらば、暑苦しかったのか迷惑そうな声を出して体をひねられました。

抱きしめているというか、抱きしめられている。
育てているというか、育てられている。

そんな感覚に陥ることがままある、今日この頃です。バブー。(赤ちゃん返ってみた)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by koto316 | 2014-08-21 21:19 | Comments(0)

踊らにゃsong!song!精神でやっていきたい30歳♀。田舎暮らしに育児を添えて。@kotosuke316でついったもやってます。


by koto316