つれづれに思うこと

昨日、娘を寝かしつけてその寝顔を見ながらぼんやり思ったのです。

私、真面目になったなぁ…。

高校卒業後、大学進学のために大阪に出たのですがご多分に漏れずずいぶんちゃらんぽらんな四年間を送りました。当時は大して好きでもなかったお酒を挨拶代わりに何か常に酔っぱらっていた気がします。
尊敬する人は高田純次およびルー大柴で、座右の銘は所さんと同じ「適当」でした。
ちょけてちょけてちょけ倒して笑いすぎて過呼吸になって死にたいと思ってました。
年をとってもお姉ちゃんの尻を追い駆けまわし、昼間から酒飲んで笑ってるようなふざけたジジイに憧れ、将来は爺さんになりたい、等と言って周りを苦笑いさせてました。

そんなふざけた女が社会に出て急に立派になるわけもなく、新卒で入った会社を10か月というもう私が人事だったら毎夜呪うレベルのスピード退社で迷惑をかけ、その後も面白そうかどうか、という中学生の部活動だってお前もうちょっと真面目に選択するぞ、という基準で職を選び、当時TOKYO~狂った街いつからだろう失くしたPASSION~にいて大して知り合いもいなかったので酒を飲むか嵐のDVDを見るかコンサートに行くかして数年を過ごし、大した考えもなくぬるっと大阪に帰り、そのままぬるっと大学時代の先輩だった旦那と結婚したのです。

入籍は忘れないように元旦にしたのですが、私は毎年ジャニーズカウントダウンに参加することを一年の計およびスタートとしておりましたので入籍届は旦那に出しといてもらいました。
旦那の実家もコンサート明けに行ってました。コンサート楽しかった?とお義母さんは笑顔で聞いてくれました。良い人すぎます。てかよく結婚できたな。

で、冒頭に戻ります。

私、真面目になったなぁ。

この一年酒は一滴も口にしていないし
コンサートも出産三か月前に行ったっきりずっと行っていないし(行ったのかよ)
何か資格の勉強とかしてるし
夜は九時就寝だし(ほとんど寝れないけど)
もうここに住みたいってくらい好きだったカラオケにも出産2日前に行ったっきりだし(行ったのかよ)

ちょけてちょけてちょけ倒して笑いすぎで死にたいと思ってたのに、娘を生かすためにそんなアホみたいな理由で死んでる場合ではなくなり、ちょけるどころか大真面目ですよ。毎日何かしらググってますよ。

でも私の中の高田純二やルーは、多分今はちょっと休んでるだけで、きっと私の中のどこかに、今もまだ生きてるんだろうな。生きててくれないと困る。クズみたいなあの日々も、大切な私の一部なんです。
死なないでルー!!!(死んでない)

みたいなことを考えていたら、子どもを産んだすぐの時に読んだこの本を思い出しました。

ママだって、人間

とても有名な本で、私なんかがおすすめするまでもないですが、おすすめしたいので、すすめます。おすすめ。(わかったよ)

前半は結構な下ネタにOH!(手で目を隠す)ってなるかもしれませんが、産後の女性の本音がつづられており、旦那との関係性なんかもとてもリアルで、おすすめです。(わかったから)
私は旦那に読んでもらいました。いまいち響いたのかどうか分かりませんが。

この本でも書かれていた、それまで培ったその人の個性が、世の中が求めるお母さん像にはめられてだんだん薄まっていく感じ。
まぁ私の場合誰に強制されたわけでもないんですけど、自分がいないと死んでしまう赤子との生活の中で自然にそうなっている感はあるなーと思います。

出産・育児の中で何か調子狂うなぁ、って方はご一読してみればいかがでしょうか。

さて、娘が起きたようなので歌でも歌ってきます。

TOKYO!!狂った街!!(選曲)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
Commented by giraffe_frog at 2014-06-26 16:35
前回の記事へのコメ返しありがとうございます。
なんか楽しい人生を歩まれてきたみたいですね。(新卒入社の会社を10ヶ月で…。面白いです。ちなみに私は2年で辞めました。)
あと、元旦が入籍日なんですね!うちは4月1日です。理由は離婚しても「結婚は嘘でした★」と言えるからです。
やっぱり子どもができると人間変わるものでしょうか。私は「ちゃんと育てたい!」と思っている反面「一ヶ月くらい経てば誰かに預けて大阪買い物行きたい。てか旅行行きたい」と思ったりもします。無理かな。
Commented by koto316 at 2014-06-29 22:14
いやぁもう、ほんと駄目な若者の典型でした。おはずかしや!
エイプリルフール婚!いいですね、結婚?嘘だよ騙されたのかいHAHAとかオシャレなアメリカンジョークみたいで是非言ったみたいです。

多少は変わらざるを得んというか状況に変えられるところはあるかと思うんですが、言っても根本は変わらない(私の場合人としてどうかというレベルの面倒臭がり、とか)ので余計にしんどいこともあるかもしれません。どんなときでも状況を楽しめたら勝ちだとは思いますがね!私はまだまだ修行中です…。

追伸
ブログを拝見させていただいて、猫ちゃんのかわいさに頬肉溶けました。
あと少し、身体だいじにしてくださいね!
by koto316 | 2014-06-26 12:37 | 育児 | Comments(2)

踊らにゃsong!song!精神でやっていきたい30歳♀。田舎暮らしに育児を添えて。@kotosuke316でついったもやってます。


by koto316