運動会によせて

長女と次女の運動会でまんまとめちゃくちゃ感動してしまったのでここに記しておきたい。
もう運動会やばい、今年度から働き始めて、保育園に入れてから初めての運動会だったんですけど、運動会やばいですわ。ファンになりそう。

台風が懸念される西日本の三連休。
朝起きたときはおっこれはいけるかもね?みたいな曇天だったのがやはりというかなんというか途中からすごい降ってきて。

でも多分ちょっとやそっとじゃ中止できないんですよ。だってその頃にはもう、グランド中にずらっと並ぶ保護者たち。来賓。みんな仕事持ち(多分)。予備日は平日。おそらく想像を絶する面倒な準備をしてくださったであろう先生と保護者会の方々。雨脚がどうなるか、少し待ちましょう、ということになり。

小降りになってきたら誰からともなくぞうきんを取り出し、グランドの水を吸い始めて。
率先して動き出したのが来賓のおじいさま方。いうてまだ降ってるし、いやいやそんな布ではちょっと…って思いながら見てたんですけどあれよあれよと出てくる布、動く人、吸い込まれていく泥水。
それまで「来賓って何のための制度なんだろうね~」とか旦那と言ってた自分を恥じました。
あとああいうとき、率先してサッと動けるひとってすごいですね。私なんか様子を見ちゃう。いやまだ降ってるし、無駄打ちはしたくないし、って今までどんだけの球を見送ってきたんだろう。

とにかくいろんなひとが動いて、何なら弟妹とかを見に来てた小学生までが「俺らもやろうぜ」みたいに水をかきだしてくれて、何とかグランドは動ける感じになり、でもまた雨が降り、そしたら小降りになるのを見計らって水を吸い。砂場の砂を巻き、ラインを引きなおし。

みたいなことを三回くらい繰り返して、プログラムの一部変更などを行いつつ、運動会は行われたのでした。

運動会、正直行くまでは仕事のつまり具合とか予備日が平日なこととか上の子の体調がいまいちっぽいのとかで気が気ではなく、勝手もわからないしとても「楽しむ」という感じのテンションでは挑めてなかったんですが。

始まってしまえばなんてこたぁない。一生懸命踊る子どもたちに涙し、走る子どもたちに涙し、泥水を吸うじいさんたちに涙し(そこもかい)

なんかずーっと涙ぐんでた気がする。自分の子が出てないときも、いつも挨拶してくれる子が走ってるとか、頑張ってるってだけでもうダメ。
でもさすがに関係ないところで泣くのは気持ち悪すぎるだろ、と思ってずっと耐えてたんですけどね。

最後のリレー、リレーがやばかった。聞いてくれますか、聴いてください。

平成最後のリレーがやばかった。

雨で中断&押しまくった運動会の最後の演目は年少~年長を赤白2組分けたリレー。
うちは長女が年中として参加。
うちの子、極度の負けず嫌いで予行演習でも勝ち負けに結構固執してて、本番負けたら面倒くさいことになりそうだなぁと思ってたんですが。

長女の赤チーム、結構序盤の年少の子が転んでしまって、半周くらい離されてしまって。
赤の子どもたち一生懸命走るんですけど、もちろん勝ってる白も一生懸命走ってるから全然差が縮まらないまま娘の番がきて。

半周離されてるから、序盤からすでに勝負としては特に面白みがないんですけど、お、結構うちの子足早いなとか。頑張ってるな~でもかわいそうに、この差は縮まらんな、とか思ってみてたんですよ。

正直この頃には負けたことで恐らく悔し泣きするであろう子どもをあやすのがめんどいとしか思ってなかった。

それで年中から年長さんにバトンが渡って、やっぱり年長さんは足が速いね~なんて言いながらのんびり見てて。
それでも埋まらない半周の差。あからさまに勝負着いちゃっててかわいそうだな、もう一回やり直させてあげたらいいのに、とかモンペなことを考えつつ見てたら、アンカーの二人くらい前かな、走者が変わるときのゴタゴタで、白のバトンが、転がって。
小さい子のバトンって輪投げみたいなやつじゃないですか。コロコロコロコロ転がって、どんどん赤の子が詰めてきて、あれ?これ、勝負わからないんじゃない?

もう大声援ですよ。全然知らん子と知らん子が走ってるわけだけど。いけーーーーって。

そしてバトンはアンカーに。赤が白を私の目の前で抜いて、ものすごい大声出してしまった。
勝てる、これ勝てる!

でもアンカーって足速いんですよ、当然ながら。
白が赤をまた抜いて、残り直線数十メートル。二人が、めちゃくちゃ早く、走ってくる。
子どもたちは総立ち。

置物みたいだった来賓のじいさんたち(ごめん)も腰を浮かして、二人が、ゴールテープに、ほとんど同時に走りこんできて。

今日イチの歓声。
司会の先生の「引き分けです!」の声に、迷いは全然なくて。

本当に文句ひとつないくらい、きれいに同時にテープを切ったんですよ。
最高にドラマチックだった。めちゃくちゃ興奮した。

子ども達をみると、赤も白もみんな万歳してて。
ワーーって。みんなとてもうれしそうで。私はこっそり泣きました。

これね、アンカーの子も、バトンを落としてしまったハプニングもすごいんだけど。

一番すごかったのは、あんな序盤に引き離されて、全然萎えずにひたむきに走っていた、途中十数人の赤の子たちだと思う。
子どもってすごい。大人の私は勝手に勝負あったな、みたいなテンションで見てたのに。
全然手を抜かずに、走るのが得意な子も苦手な子も、一生懸命走って、みんなそれを全力で応援して。
バトンミスもこけたことも見る限り誰も責めてなくて。

みんなえらいよ、すごいよ、かっこういいよ。って。
あんまり考えると本当においおい泣いちゃいそうだったから、後で仕事の帰りにこっそり泣きましたw(昼から仕事だった)

いや~~~いいもん見せてもらった。
改めていろんなものに感謝しました。スポーツはいい。子どもはめちゃくちゃかっこいい。うちの保育園はあったかくて熱くてなんかいい。

そして私もほんの少しは、子どもらを見習って、あともうちょっと、ほんの少しくらいは。

全力で走ってみようかと思ったりしたのでした。

敗戦ムード漂う人生でも、ひたむきに。




[PR]
# by koto316 | 2018-10-06 22:27 | 育児 | Comments(1)

じっと手を見る

給料明細を見てたんですけどね。

いや少ないな手取り。

って思いましてね。

考えた。
これはどうやら子どもたちに満足な教育を与えられそうにないぞ?
大した財産も残せないぞ?
年に一回は家族で海外とか、どこどこのブランドの可愛い服とか、なんかそういうの(想像力が貧困)できそうにないぞ?

だったらせめて、毎日比較的ご機嫌な、割と楽しい感じの、家庭を作ってあげたいなと。

金がないならせめて笑顔をと、いや金がもたらす余裕から生まれる楽しさとか絶対あるって、むしろそれが全てだって、思ったりもするんだけれども。

金は無くともなんか楽しい家だったねって思ってもらえるような場所にしないとなぁってしみじみ思ったのです。


手取りが少なすぎてな。(繰り返す哀しみ)

がんばろ…

[PR]
# by koto316 | 2018-09-25 23:09 | ただの日記 | Comments(1)

幸せってなんだ

旦那が子ども2人を公園に連れ出して束の間のひとり時間、これ以上にない至福。
昼ごはんの焼きそばを作る。なんてこたぁない袋麺、ゆっくり野菜を切る、子どもたちが食べやすいサイズの野菜。こぼれないように炒める。静かな部屋。焼きそばの炒まる音と、バイク音と、時折近所の小さい子どもの声。至福。

あまりに至福で、なんで私は家庭を作ったんだっけと考える。
なんとなく、みんなが結婚し始めた時期に結婚して、子どもが欲しくなって、作った。
結婚も出産も平均年齢で済ませて、いま猛烈にひとりになりたい渇望を抱いてる。
これも平均的なのかもしれない。

子どもたちが天才的に散らかしたおもちゃを拾い集めて、ひとつひとつしかるべきところに戻しながら、幸せについて考える。

[PR]
# by koto316 | 2018-09-23 11:27 | わたくしごと | Comments(0)

ストレスについて

数日前から舌の奥にでかい口内炎ができ、翻弄されている。
何せ痛い。体の面積に対してほんのほんの一部、1センチにも満たない箇所が激痛ってだけで生活が仄暗い闇に支配される。いやマジで。

もともと口内炎はよくできる方なのだが、こんな大物は初めてで、水を飲むのも悶絶、喋るのも苦痛、分け入っても分け入っても激痛なのである。

同時に子どもの風邪がうつったようで喉に痛み、舌は黄色くなって口の中がひっちゃかめっちゃか。トラブルののっけ盛りみたいになってる、口の中が常に酸っぱ痛く、どうやら胃をやられていると理解。

口内炎も舌が黄色いのも胃の不調もグーグル先生に聞くとストレスや、それストレスや、と訴えてくる。
ストレスなんか生まれた時から常にある(たぶん)人生だったけど、ここ最近の仕事と育児の両立に加え、数年前の2歳差ワンオペ旦那激務から鬱へ〜〜渡る世間は鬼ばかり田舎暮らしver〜〜における蓄積がやばいのかもしれない。

引っ越しと旦那が転職したことにより諸々改善したけど、基本的にはストレスを与える環境なんてそうガラッと変えられるもんじゃないし、自分の受容体を変えるのも大事なんだろうな。

ということで体調が回復したらヨガでも始めようと思う。なにかとヨガに走りがち。

[PR]
# by koto316 | 2018-09-20 07:52 | わたくしごと | Comments(0)

労働そして労働

朝から晩まで労働、おはようからおやすみまで労働、労働労働の毎日である。※無賃労働含む

先日の改心なんてとうにどこか吹き飛んで、日記を読み返しては誰これ?乗っ取り?かっこ笑い状態。
今は世のほとんどすべて、は言い過ぎにしても八割くらいに中指を立てています週の真ん中水曜日。

仕事をしていればプレッシャーと他人への気遣いに心すり減り、
家にいれば子どもたちのお母さんお母さんたる一斉攻撃に心がすさんでいく。

早く早くと終始何かに追い立てられるがごとく焦りながら日々を回して、
あっという間に年をとるんだろうな…

心のよりどころは筋トレと少しずつ減ってきた体重です。
産後二年半、今度こそ心を入れ替えてきっちりカロリー計算して食べ過ぎないように気を付けたら痩せてきた。
食べ過ぎないようにして動いたら痩せる、世界の真理です。

最近服が似合わなくて、本当に。
似合う服がないのじゃなくて、服という概念が似合わない。
裸族になるわけにもいかんので一応服を着るのだが、年々鏡の前でテンションが下がっていっているような気がするのです。

この間電車の中でティシャツに短パンの50代くらいの西洋人女性を見て、適度に筋肉がついており、ものすごく手足が長いというわけではないけれども短パンがとても似合っていて、私もこんな風になりたいなと思うのでした。
目指せ短パンリュックの似合うからだ。
道のりは遠い。けど何かなりたいものがあるだけで、生きていける気がするよね。
スピッツが愛しているという響きだけで生きていける気がするようにね。
私は筋肉とともに生きます。

[PR]
# by koto316 | 2018-09-12 22:52 | わたくしごと | Comments(1)

踊らにゃsong!song!精神でやっていきたい30歳♀。田舎暮らしに育児を添えて。@kotosuke316でついったもやってます。


by koto316