それにしても思い通りにいかなさすぎじゃないか、たった3年、1000日ちょいでこんなにうんざりするとは思わなかった。

子どもは昼寝から目覚めて3時からずっとテレビに釘付け、YouTubeを見ている。
何が面白いのか、さっぱりわからないおもちゃの紹介やままごとの動画を毎日毎日、何度となく見ている。
スマホに育児をさせないとかテレビの見せすぎはよくないとか、幾度となく見た注意が頭に沈みっぱなしだけど、テレビを消そうとするとヒステリックに泣く娘を説き伏せてテレビを消して、そこから何をしたいかというと別に何もしたくないのだ。
3歳半と1歳半の二人育児。
外は暑くてカーテンを開けるだけでげんなりする。
かといって週3回、一時保育のない日の密室育児はぼちぼち本当に、限界を迎えていると感じる。

朝は必ず児童館に連れて行く。
昼寝も2時間ほどさせて、それでも夜眠るまで5時間ほどの時間が余る。
子どもはすぐに強請る。アンパンマンのゆーちゅーぶみせて、舌ったらずなその強請り声を、近頃は外で喧しく鳴く蝉の声以上に鬱陶しく思う。

勝手な話だ。
親がもっと相手をしてやればいいのだ。
子どもが勝手にテレビをつけるわけではない。
インターネットを繋ぐわけではない。
見せなければいいのだ。
時間を決めて、約束して、あとは毅然として、テレビを消して別の遊びを提案すればいい。

わかってる。
でもそのどれもやりたくない、本当にやりたくなくて、苦しい。

それでも見たいだけ見ればいいと開き直ることがなかなかできなくて、
動画を見せ始める前、1日に何度も同じ絵本を読んで欲しいと持ってきた娘の姿が恋しくなる。
あのときはあのときで、そのおねだりを鬱陶しく思ったはずなのに。

「目が悪くなるよ」
「頭が悪くなるよ」

だいじょうぶ、おかあさんもいっしょにみよ。

「何が面白いのかお母さんにはさっぱりわからんよ」
「毎日毎日YouTubeばっかでほんと嫌だよ」
「YouTubeばっか見てる〇〇ちゃんは嫌いだよ」

言いながら自分でもうんざりする。

なんて酷くて一方的で響かなくて魅力のない言葉たちだ。子どもがきかなくて当然だ。
こんな言葉聞かなくていい。

〇〇ちゃんはおかあさんだいすきやもん。

こんな親を慕わなくてもいい。

時々思う。
私は育児に向いてない。
離婚して親権放棄して子どもたちから手を引いた方がいいのではないか、と。
でも当たり前に存在する子どもたちのいない、そんな生活が上手く想像できなくて、考えは言葉になったすぐに頭の中に沈む。

昨日も聞いたユーチューバーのわざとらしい声がリビングに響く。その音から逃げるようにキッチンに向かい、片手に握られた、もはや体の一部みたいになったスマホで「幼児 テレビ」と検索してみる。
案の定危機感を煽る文言が並ぶ中で、今度は検索窓に「影響しない」という言葉を足してみる。
自分の小ささにうんざりしながら。

でんわばっかりみてるおかあさんはきらいだよ

子どもにそう言われた気がしてどきりとして振り向いたけど、子どもの目はまっすぐにテレビに向けられていた。



日常を拙いお話し風に。
ほぼ、というか完全にノンフィクションです。
秋になったらもうちょい外に連れ出そう…。
[PR]
ゼロがいいゼロになろうもう真っ白!チャンチャンチャン!!

90年代風を吹かせながらkotoです。

今日はお金の話を!しますよ!!なんぼのもんじゃーいなんぼのもんじゃーい(もんじゃいビートより)

我が家、多分今年に入ったあたりから収入がゼーローです。
しばらくは旦那が家賃光熱費を払ってくれてましたが、最近では督促状が来まくる始末。

それでも発狂せずに済んだのは、ぶっちゃけ私にそこそこ貯金があったからだと思います。

親がかけてくれてた個人年金の満期のお金、退職金、親の会社で勤めてた頃のボーナスなどなど。
散々毒親だなんだとdisりながら、バッチリ親のおかげで生き延びた自分。
お金のありがたみが本当にわかったのはつい最近のことです。
もちろん、無収入なのでガンガン貯金は減ってます。でも今日明日どうなる額じゃない。
多分節約しながら暮らせば、あと一年二年はなんとかなるかならないか?デットオアアライブ?な感じで、それでもガンガン減っていく貯金に焦り、旦那に対する恨みつらみが募り、貯金の代わりに将来への不安がガンガン増えていった。

でももうそういう先を案じる、みたいなことはやめようと思う。
子どもと一対二で過ごすのが辛くて、ストレスがたまって、子どもにあたりながら私がこんな子育てしかできないのは旦那のせいだと思っていた。

でももうやめる。そういう誰も幸せにしない思考は、たとえ事実だとしても私の人生にはいらんのです。

ずっと、お金がなくなって将来子どもがやりたいことができた時にお金のせいで諦めさせるようなことになったらどうしよう、と不安だった。

でもその将来を案じるせいで、子どもの今を傷つけてしまったり居心地の悪いものにしてしまうならそれこそが有害だ。

子どもといるのが辛いなら、離れるために、もしくは子どもと外に出るために、自分を癒すために、私はガンガンお金を使おうと思います。
貯金がゼロになったら、いやできればなる前に、にしたいけど、頑張って働いて増やそう。
それで貧乏になっても、やってもうたなと笑えるくらいの心の余裕を今お金で買って育てようと思います。

不安の先取りなんてもったいないことはやめて、まず今どうやったら自分と子どもが楽しめるかということを考えたいと思います。

旦那については正直、子どものことほど真剣に考えてあげられないというか、今は愛情みたいなもんもかなり薄れていて、勝手に潰れるなら潰れろ、というかなり薄情な気持ちになっている。
でもそれも心に余裕ができたら変わってくるかもしれないし、もしかしたら変わらないかもしれないし、変わらなかったら別れという選択肢もありなのかなぁと思います。

とにもかくにも、今持ってるものはゼロになる覚悟で、真剣に、私は子どもと私の人生を愉快なものにする努力をしたいと思う。

まぁこんなん言いながら数日後にはやっぱ怖い!ってなって節約法とか必死でググってるかもしれませんけどもね。

明日のことはわからない。
わからないことは考えない。

それくらいの改革が必要なんだと思います。私には、という決意表明でした。


[PR]
最近思うことは、私はちゃんと命を使い切って死ねるかなあということです。いやなんか精神状態やばい人みたいやけど(笑)なんか学業も仕事も家庭生活も育児もずーーーーっとなあなあでやってきたんで、このまま年老いて死んでいくのは嫌だなぁとふと思ってしまった。ちゃんと命を使って、やりたいことやらなあかんことをやって、「あーーーーもうやることないわーーー」(大の字)って言って死ねたらいいなぁ。なかなか難しいんでしょうけども。今日は公的な場でちょっと人前で話さなあかんかったんですけど、取り繕ってもうまくいきませんね。たぶん素のままでもあかんのやけど。スーツもヒールもファンデーションもすべてが自分の体から浮いているように感じました。あれは落ちたな。最近育児以外で考えなあかんことが多くて、言いたいことは全部ついったっで吐き出していたんですが、日記的に使えたらいいかなと思っています。育児ブログも見なくなったな…正直教育とかしつけどころじゃない、自分のことでグラグラです(笑)
[PR]
ヘイみんなどうしてる??

おひさしブリーフ!!kotoです!!
いや~すみません!何も言わずに消えちゃって!
夏の夜の幻みたいにはかなく消えちゃって!見つめあうと素直におしゃべりできない人みたいに消えちゃって!
GOMENね!!生きてるよ!!とりあえず!かろうじて!生きてる!!

最後の更新が誕生日あたりだった気がするから三か月ですか。
何してたかっていうとね、主に死んでいた。(またかよ)
いやいやほんと、人生のビッグウェーブ来ちゃってた。

平たく言うと、

自営のお仕事ロボットだった旦那にうつ病疑惑がわきまして(今までできていた簡単な事務処理ができなくなった発言より)
そんな中でもやっぱり鋼の週一帰宅を貫く旦那にこれからどうする気だと問い詰めたところ
仕事が忙しいだけじゃなくて、なんか帰りたくても体がいうことをきかない(旦那の証言)、帰宅恐怖症なる病気を患っていたことが発覚(自分調べ)し、
なんか家賃とか光熱費の督促状バンバン届くし(華麗に己の預貯金で支払い)、
旦那の会社のことで実母夫妻と大喧嘩をし(実母野旦那(not俺の父)は旦那会社の発起人&株主)
ガチでガチの24時間×6日チキチキワンオペ育児の幕が上がるララサンシャイン←いまここ

という状況でして。

まぁこれだけなら結構ネタとして面白いし、途中病みすぎて一時間五千円とかの占いに行った話とかまさか浮気?と疑って眠るだんなの指をスマホにかざすチキンレース開催してたこととか(大丈夫面白い?)ブログ更新できたんですが、
並行して地方公務員の試験勉強をしており、それが原因で更新できませんでした。
やっぱ大事だなぁと思って。自立。自分で立つと書くこれ。本当、大事だなって。女33歳しみじみと、思ったわけで。(富良野の景色を背景に)

それで勉強&発狂そして家事育児、勉強&発狂そして家事育児、みたいな日々を過ごしていたのでした。

とりあえず試験は6月末にて終了、一次試験の合否は明日の予定です。

落ちてたらどうしよっかな~とりあえず、パートを探すか9月の市役所の試験に向けて勉強するか、ブログ書いてるかカラオケ行きまくってると思います。

とりあえず突っ込みどころを多々残しつつ、ぼちぼち再開していくよ、というご挨拶でございました。



[PR]
ご無沙汰してます。ことデース!!(気分はうの)

新年度どうするどうするいいながら、あっという間に4月もガンガン日が過ぎてゆき、わたくし僭越ながら33さいになりました。

この歳になると大体誕生日ってぬるっと過ぎていくんですが、今年は何だか思うところがあり、妙にこれからの人生いかに生きるか、みたいなことを意識した1日でした。

ねー33歳。まだまだピヨピヨですけど、体は確実に死に向かい、老いてってます。
私二十代の時から3本くらい白髪があるんですけど、この間ふとどうしてるかなー?って久々に見てみたら奴ら、10倍くらいに増えてた。
びひゃ!みたいな声が出ました。驚愕。切っても切っても出てくるの。分け入っても分け入っても白い髪。

そんな感じで気持ちは中二くらいからほとんど何も変わらず、久々のMステCoccoに歓喜に震えるくらいのマインド持って生きてるつもりなんですけど、やっぱり当たり前に人生の残り時間は確実に減ってってるわけでね。

くさくさしている暇はない。
こっからはずっと幸せでいよう。

と思ったわけです。

何が幸せか、とか、そりゃいくらなんでも無理だろうとかそういうの全部取っ払って、私は幸せでいると決めたのだ。アフター33は、私はずっと幸せでいます。白髪と種田山頭火もCoccoに誓って。(いや誓われても)

まぁ幸せというとなんかアレですけど、自分にとって心地よい状態でいるということに近いですかね。子育てしながらどこまでいけるか、しかも私のような性格で。

これは人生を賭けた、というか人生を使ったちょっとした実験でもあるなヘイヘイオーライ、そんなことを思ったわけでした。


追伸
前回の記事にコメントありがとうございました!
結局特にアクションを起こすことなく、娘の担任が変わる、という生ぬるい結果に終わりました。
多分相性が悪かったんだろうなぁと思うんです。
先生がいなくなると聞いて少し嬉しそうだった娘は、相変わらずギャン泣きしながら週三の一時保育に通っています。この間は教室?から走って逃亡しました。

今回コメントいただいて、一つの出来事に対しても色々な考え方があるなぁと大変勉強になりました。遅くなって申し訳ないですがまた個別にお返事させてください!
[PR]